賃貸物件の仮押さえはできるの?


こんにちは。


賃貸物件を探されている方にとって、やはり自分が思っている条件に合った部屋に住みたいもの。しかし、入居のタイミングが合わない場合は、意外に多いんですよね!

こんな時、お部屋の仮押さえができたらいいのに…と思われる方もいると思いますが、では実際にお部屋の仮押さえ的なことはできるのかどうかというと、業界的には仮押さえ=入居申し込みとなりますので、皆さんが思っている仮押さえ=とりあえずキープ的な意味合いとは違ってきます。


現在のお部屋探しは、「不動産賃貸物件検索ポータルサイト」を活用される方が殆ど。

賃貸業界では、早い者勝ちとなっていますので、お部屋をキープしてほしいと仲介会社の担当者に伝えても、あとから問い合わせた方が「契約したい」と申し込みがあれば、後者の方にご契約をしていただく事になりますので、注意が必要です。


それと、これはぜひ注意をしてもらいたいのが、入居申し込みをした後、急遽キャンセルをしたいと申し出る事。入居申し込みが入ると、物件情報を非公開にします。非公開にしてしまうと、その期間物件情報が公開されないので、仲介会社やオーナーに迷惑をかけることになります。



入居のタイミングをずらしたいと考えている方は、フリーレント付きの物件に入居してみてはいかがですか?

当物件では、今月末までにご契約して頂くと、初期費用が総額7.5万円を少し切る金額となっていますが、初期費用の中には8月分までの前家賃が含まれているので、実質的な家賃の支払いは9月からとなります。今すぐ入居をしないと損をすることはありません。




お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#入居申し込み #仮押さえ #契約