賃貸物件の仮押さえはできるの?


こんにちは。


賃貸物件を探されている方にとって、やはり自分が思っている条件に合った部屋に住みたいもの。しかし、入居のタイミングが合わない場合は、意外に多いんですよね!

賃貸物件の仮押さえはできるの?

こんな時、お部屋の仮押さえができたらいいのに…と思われる方もいると思いますが、では実際にお部屋の仮押さえ的なことはできるのかどうかというと

業界的には仮押さえ=入居申し込みとなりますので、皆さんが思っている仮押さえ=とりあえずキープ的な意味合いとは違ってきます。


現在のお部屋探しは、「不動産賃貸物件検索ポータルサイト」を活用される方が殆ど。

賃貸業界では、早い者勝ちとなっていますので、お部屋をキープしてほしいと仲介会社の担当者に伝えても、あとから問い合わせた方が「契約したい」と申し込みがあれば、後者の方にご契約をしていただく事になりますので、注意が必要です。

 

賃貸業界では、内見予約/お部屋申込をしていたとしても、他の方が「契約手続きを完了」させてしまえば、その方がお部屋に入居することができます。これを先行契約と言います。

 

それと、これはぜひ注意をしてもらいたいのが、入居申し込みをした後、急遽キャンセルをしたいと申し出る事。お客様の都合によって、キャンセルを申し出ることは致し方がない事ですが、しっかりとした説明をして頂けないと、オーナーさん的には、非常に困ることになりますので、キャンセルをどうしてもしなければならない場合には、最低限でもいいので、しっかりとした説明はして頂きたいものです。


賃貸物件においては、賃貸借契約が完了するまでは、いつでもお部屋をキャンセルすることは可能ではありますが、ただし入居申込時において、例えば「エアコンを新規設置してくれたら入居する」と提案し、オーナーさんがOKを出して設置完了済みとして、いざ契約を待っていたところ、いきなりお客様の方から「都合によって契約できない」と申し出てしまうと、場合によっては「諾成契約」をしたのではと、オーナーさんが考えてしまい、エアコン設置費用に関して、費用請求をしてしまう可能性が出てきます。




#入居申し込み #仮押さえ #契約

閲覧数:22回0件のコメント