これが賃貸のキッチンなの?クオリティーが高すぎるグレイスロイヤルのキッチンとは?


こんにちは。


賃貸のキッチンは、限られた空間の中に導入しなければならないことから、どうしてもキッチンは小さめのものとなってしまいます。


このようなことから、特に食材などを切るときに使用する「調理スペース」は、まな板一枚置いたら、他のものはあまり置くことができないのが現実。


DIYが好きな方は、調理スペースや配膳の際にあると便利になる「キッチンカウンター」を自前で作る方がいますよね。


キッチンカウンターの良い所は、キッチンとカウンターの間隔を自分が通りやすい幅にできる点。

最近の賃貸物件では、対面キッチンが標準装備されていますが、ただ大人二人がキッチン内を移動した場合、ぶつかってしまう可能性が出てきます。

また、対面キッチンは、約4帖のスペースを確保しなければならないので、リビング・ダイニング空間に影響が出てしまい、特にLDK10帖以下の部屋で、対面キッチンが設置されていると、実質的に使用できるダイニング・リビング空間はわずか6帖。


ここに家具などを置いてしまったら、部屋全体が圧迫感を感じやすくなってしまいます。




そこで…

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、賃貸のキッチンの使いにくさを解消すべく、2018年より空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、クオリティーが高いキッチンカウンターが標準装備されたおしゃれなカフェ風キッチンとなっています。


当物件のキッチンは、壁付けキッチンではありますが、リノベーションの際にキッチン本体を残し、扉やキッチンパネルはそれぞれ新しいものに交換をしているので、古さは全く感じられないどころか、逆に無垢材を使用してるので、おしゃれ&居心地がいいキッチンとなってます。


キッチン扉は、熟練の職人さんが丁寧に作っています

古くなったキッチンパネルは、新しいものを貼り付けますので、清潔感があります

調理台や収納を兼ね備えた「可動式のキッチンカウンター」は、移動させることにより、L字型や対面型にアレンジ可能となりますので、料理がとてもしやすくなります。


またキッチンカウンターを収納する際には、キッチン横に持っていくことにより、LDKを有効活用することができるので、広々と使うことが可能に!



お部屋選びの際、参考にして頂けると嬉しいです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#キッチン #キッチンカウンター #カフェ風キッチン