賃貸入居時に支払った初回保証料は、退去時返還してくれるの?


近年においては、賃貸契約時に仲介会社が指定した「家賃保証会社」に加入することを必須としている物件が多くなってきました。


家賃保証会社に加入することにより、お部屋を借りられる方は家賃保証会社に「初回保証料」として家賃50~100%(物件によって異なる)そして、年に1回「更新料」として1万円~2万円程度支払うことにより、万が一家賃滞納した場合、家賃保証会社が一時的に家賃を立て替えてくれます。



ただ、家賃保証会社が家賃を立て替えをするケースというのは、正直それ程数は多くはないことから、殆どの方は保証料を支払っても家賃保証会社を利用(家賃立替)することはありませんので、もし家賃滞納が一度もなければ、契約時の初回保証料と今まで支払った更新料のお金は返還してもらいたいですよね。


では、家賃保証会社に「保証料返還」を要求すれば返還してもらうことができるのかというと、残念ではありますが、保証会社に支払った費用は退去時には返還されません。


これはどの家賃保証会社を利用したとしても、退去時に保証料は返還されません。





但し唯一、家賃保証会社の初回保証料が返還される場合があります。

それは、賃貸借契約を結ぶ前に「契約をキャンセル」した場合のみ。


賃貸借契約を結ぶ前に、初期費用の支払いは完了していますが、初期費用の中には家賃保証会社の初回保証料が含まれていますので、もし賃貸借契約を結ぶ前に契約そのものをキャンセルした場合のみ、初回保証料を含む支払った初期費用は全額返金されます。


ただ、賃貸借契約を結んだ後においては「家賃が発生」しているので、仮に入居履歴がないとしても、家賃保証会社に支払った初回保証料は返還されません。



#家賃保証会社 #初回保証料 #賃貸借契約

3回の閲覧0件のコメント