おしゃれなキッチンカウンターがある賃貸で暮らしたい。


賃貸物件でおしゃれなキッチンカウンターがあると、カウンターを有効活用して「机」として利用出来たり、食材などの下ごしらえなど、様々な使い方ができるので、毎日の料理がとても楽しくなります。


ただ、現実の賃貸キッチンというと・・・

近年施工された新築賃貸物件では、対面キッチンが施工されている場合が多いものの、対面キッチンのカウンターの幅は、申し訳ない程度の広さとなっているので、そこで何かをすることは正直難しいのが現実であり、また壁付けキッチンがある賃貸物件では、そもそもキッチンカウンターがないので、もしキッチンカウンターを置くならば、ご自身でDIYして作るか、もしくは大手家具メーカーで販売されているキッチンカウンターを購入する方法しかありません。


キッチンカウンターとしての能力は、対面キッチンよりも壁付けキッチンに備えづけるものの方が優れていますが、ただキッチンカウンターを導入することになると、費用がかさんでしまうので、DIYをして導入する方もいますが、ただDIYで作ったキッチンカウンターは「味」はあるものの、キッチンとの相性があまりよくない場合があるので、室内空間的にも微妙な感じとなってしまいます。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、2018年より空き室を順次リノベーションを行っていますが、キッチンにはおしゃれすぎるキッチンカウンターが標準増備となっています。


おしゃれなナチュラルキッチンに合わせたいと思い、キッチンカウンターも無垢材をふんだんに使用しています。当物件のキッチンカウンターのいいところは、天板部分が「ステンレス」になってるところ。

ここで食材などの下ごしらえなどができる「調理スペース」として使うことができるので、通常の賃貸キッチンの調理スペースよりかも使い勝手は、抜群に良くなっています。


さらに、通常のキッチンカウンターは「固定式」のものが多いのですが、当物件のキッチンカウンターは「可動式」となっているので、カウンターを自由自在に移動させることができ、対面にする場合でも「料理をする人にとって、一番いいポジション」に置くことができることから、キッチン全体の使い勝手がとてもよくなります。



無垢材を加工するところからすべてが始まります
無垢材を加工するところからすべてが始まります

当物件のキッチンカウンター製作の様子
当物件のキッチンカウンター製作の様子

当物件のキッチンカウンターは、キッチン扉同様「完全手作り」であり、市販化されていない一点もの。

無垢材を加工~組み立て~現地の部屋で取付を行う関係上、キッチンが完成するまでに約3週間はかかってしまいます。


ここだけの話、メーカーの既製品(キッチン本体・キッチンカウンター)を購入したほうがはるかにコストは抑えられるのですが、ただそれを行うと「他社と同じような部屋」となってしまうと思ったので、あえて当物件では「手作りさ」を前面に出したキッチン/キッチンカウンターを設置しています。


ホンモノの無垢材を使用しているので、時間の経過と共に、徐々にあめ色に変色していきますが、ナチュラル家具が大好きな方にとっては、変色の過程そのものが「癒される」ので、毎日の料理の時間が楽しくなること、間違いなさそうですね。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



閲覧数:2回0件のコメント