グレイスロイヤルのリノベーションって何?他社のリノベーションとどこが違うの?


山梨県内の賃貸業界では、築年数が経過した物件の空き室対策を行うために、室内の内装や設備を一新させる「リノベーション」を行う所が非常に増えてきました。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルも、1993年に建てられた賃貸アパートということもあるので、2018年より空き室を順次リノベーションを行っています。


グレイスロイヤルが行っているリノベーションと、他社が手掛けているリノベーション部屋は、同じリノベーションではあるものの、方向性が全く異なっています。


特にグレイスロイヤルのリノベーションでは「キッチン」に強いこだわりを持っていて、おしゃれであることはもちろんのこと、キッチンにいる時間が「至福の時間」となるように、無垢材を使用した当物件オリジナルのキッチンを開発しています。



通常のリノベーション物件に置けるキッチン交換は、既製品を使う場合が殆ど。


グレイスロイヤルみたいな「一点もの」を導入することになってしまうと、費用が掛かってしまうので、コストが安い既製品を使う場合が多いのですが、グレイスロイヤルのリノベーションキッチンにおいては、キッチン空間に「癒し」「居心地」「温もり」を感じてもらいたいと本気で思っているので、あえて既存のキッチンをあえてリメイクし、無垢材を使用することによって、居心地の良さを表しています。


殆どの工程が「手作り」のため、完成するまでに約3週間前後はかかってしまい、リノベーション全体の工期も約1か月ぐらいはかかってしまいますが、時間とお金と手間をかけた分、賃貸では決して味わえない「居心地がいい」キッチンが誕生します。





当物件のキッチンは「壁付け」となっていることから、対面キッチンみたいに「リビングの様子」を伺いながら料理をすることができません。


また賃貸のキッチンは「調理スペース」「収納スペース」があまりとられていないため、人によっては「使いづらい」キッチンとなってしまいますが、グレイスロイヤルのリノベーションキッチンでは、調理台と収納スペースを兼ね備えた「可動式のキッチンカウンター」を標準装備することによって、使い勝手が格段に向上しました。


現在募集中のM105号室にも標準装備されていますので、お部屋見学の際には、ぜひ一度使い勝手などをご確認ください。、


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#山梨賃貸おしゃれ #リノベーション #キッチン