山梨で料理好き向け賃貸と言えば、グレイスロイヤル。


コロナ禍が以前と続いていることから、おうちで過ごす時間がとても長くなりましたよね?

特に外食をする機会は、コロナ前と比べると「減少」していることもあることから、自炊をされる方は多くなったと思います。


ただ賃貸に設置されているキッチンは、調理スペースや収納スペースに「限り」があるため、料理好きな方に言わせてみると「使いやすいとは言えない」はず。


これからお部屋探しをされる方にとっては、今後もしばらくは「外食する機会は多くならない」ことが予想されるので、使いやすいキッチンがある部屋に入居したいと考えるはずです。


山梨県甲府市でお部屋探しをされている方の中で、自炊される機会が多い方は、ぜひグレイスロイヤルに入居してみませんか?


山梨で料理好き向け賃貸と言えば、グレイスロイヤル。

当物件は2LDKタイプとなっていますので、単身の方はもちろん、これから同棲生活を始められる方、新婚・子育て世代の方にとって、住みやすいアパートと言えますが、特に当物件ではキッチンがとても充実しているので、料理好きな方にとっては「理想的」なキッチンとなっています。さらに実際にご入居されたお客様からも、高い評価を頂いておりますので、おススメしたいキッチンであると、自信を持って紹介することができます。


 

目 次

1.おしゃれなカフェを彷彿させるようなキッチン

2.今までの賃貸キッチン悩みを解消

3.お客様の声とは?

4.IKEAキッチンカウンターが大好評!

5.まとめ

 

1.おしゃれなカフェを彷彿させるようなキッチン

おしゃれなカフェを彷彿させるようなキッチン

賃貸のキッチンがどうして使いにくいのかというと、それは室内の広さに原因があります。


使いやすさを求めるならば、戸建て住宅みたいな「広いシステムキッチン」を導入すればそれですべてが解決しますが、ただ1LDK以上の賃貸アパートの場合、LDKの大きさはだいたい12~13帖となっているため、戸建て住宅に設置しているようなキッチンを置いてしまうと、室内が完全に狭くなってしまい、さらに導線的にもマイナスとなってしまいますので、どうしても賃貸専用のキッチンを置かざるを得なくなってしまいます。


そのため、調理スペースや収納スペースが、戸建て用キッチンと比べると「狭め」となってしまうことから、利便性の部分においては「及第点に達しない」可能性が出てきて、実際問題として、調理スペースを確保するためには「シンクの上に乗せることができる、大き目のまな板」等を用意しなければ、十分すぎるほどの調理スペースを確保することができません。


当物件は、1993年築の2LDKであるため、2018年以降「空き部屋を順次リノベーション」を行っていますが、リノベーションを機にキッチンを「おしゃれなカフェのお店」にあるような「ナチュラルキッチン」にリメイクしているので、特に女性のお客様からは「高い評価」を頂いております。


さらに上級グレードのお部屋には、ペンダントライトとダウンライト設置していますので、生活感を一切感じさせないことから、いつでも気軽におうちカフェを楽しめるので、カフェに行く回数を減らせるかもしれませんね。



2.今までの賃貸キッチン悩みを解消

リノベーション前の当物件キッチンは、お世辞にも「使いやすいキッチン」とは言えず、特に調理スペースに関しては「まな板一枚」置いてしまうと、スペース的にはいっぱいとなってしまうので、利便性が良いキッチンではありませんでした。


そこで、リノベーションを機に、ナチュラルキッチンにリメイクし、さらに使いやすいキッチンにするため「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を新設しました。


☑チェックポイント1:憧れの対面キッチンに!

当物件のキッチンは「壁付けタイプ」となっているので、料理中は「リビング内の様子」を窺うことが難しく、様子を見たい時には振り向く必要がありましたが、カウンターを対面に設置することで、憧れの対面キッチンとして使うことができるようになりました。


☑チェックポイント2:調理スペースが従来の2倍!

キッチンカウンター上部には、ステンレスを設置していますので、新たな調理スペースとして活用することができるようになりました。カウンター上に調理スペースを新設することによって、従来の調理スペースと比べると「2倍の広さ」となっていることから、食材の下ごしらえをする時などは、とても便利になります。


☑チェックポイント3:カウンターの幅が広い

築年数が浅い物件においては、対面キッチンが設置されていますが、ただカウンター部分の幅は、それほど広めではないことから、配膳や後片付けをする際、お皿の大きさなどによっては使いにくいかもしれません。一方、当物件のキッチンカウンターは、広めに設置してありますので、配膳や後片付けの際、とても便利ですし、さらにカウンター自体が「可動式」であるため、カウンターごと移動させることができる部分も、メリットのひとつです。


☑チェックポイント4:収納スペースが充実

収納スペースが充実

カウンター内には、引き出し型/観音扉式の収納スペースを設置しています。


従来の収納スペースと組み合わせることによって、二人暮らしをされる方ならば、食器棚を置く必要性がなくなるかもしれないので、部屋を広く使える可能性が出てきます。





☑チェックポイント5:完全特注品!

完全特注品!

当物件に設置されているキッチンカウンターは、完全特注品で市販化されてはいません。


リノベーションを機に、製作してもらっていますので、完成までに4週間ぐらいはかかります。


職人さん達が手作りで作ったキッチンカウンターは、やはり温もり感が違います。











3.お客様の声とは?

お客様の声とは?

それでは、当物件の「ナチュラルキッチン」を導入したリノベーション部屋にご入居されている方は、キッチンの使い勝手に関して、どのような感想をお持ちなのか、気になりますよね!


当物件では、リノベーション部屋にご入居された方に対して、ご入居後における暮らしなどについて、取材をさせてもらっています。取材に協力して頂いた方に、キッチンの使い勝手について確認したところ、皆さんが「使いやすくて、しかもおしゃれだから、つい自慢したくなる」と言っていたいています。取材内容に関しては、こちらの記事をご覧下さい。



4.IKEAキッチンカウンターが大好評!

IKEAキッチンカウンターが大好評!

以前、たまたまIKEA立川店(物件がある山梨県甲府市から一番近い)に行った際、とてもおしゃれなキッチンカウンターが販売されていたとことから、試験的に1回使ってみようと思い、たまたま2021年7月に「1件退去が発生」したことから、そのお部屋に導入してみたところ、これが大正解となり、募集開始後「数日」でご成約となりました。

(当物件で購入したキッチンカウンターは、こちらです)


ビックリしたのが、IKEAのキッチンカウンターのカウンターの広さは、今までのカウンターと比べて「さらに広く」なっていて、さらにあまりにも広すぎるカウンターであることから、二人暮らしをされるのであれば、「カウンター兼ダイニング」としても使えるので、一石二鳥になります。



5.まとめ

いかがだったでしょうか?

賃貸にあるキッチンの99.9%は、既製品。

既製品も悪くはないのですが、ただ既製品を導入しているということは、他の物件でも同じようなものが設置されていることを意味し、さらにデザイン性や利便性の部分においては、人によって「使いにくい」と感じる方もいるはず。


一方、当物件のナチュラルキッチンは、使い勝手はもちろんのこと、デザイン性の部分においても「高い評価」を頂いており、また無垢材をキッチン扉に使用していることから、時間の経過と共に「飴色」に変色していくので、温もり溢れる居心地がいいキッチンとなることから、キッチンにいる時間がとても楽しくなるはずです。


 

おススメ記事

・当物件で現在募集中のお部屋▶今すぐ確認する

・賃貸で使いやすいキッチンとは?▶今すぐ記事を読む

・当物件のおしゃれなキッチンができるまでの裏側とは?▶今すぐ記事を読む

 

#キッチン

#IKEA

#料理好き

#コロナ禍

閲覧数:8回0件のコメント