山梨に住むなら、最低限覚えてほしい。山梨だけしか通用しない常識。

最終更新: 1月14日


転勤や移住などで山梨で生活する場合、色々と驚くことが沢山あると思います。

山梨県民にとっては「当たり前」なことが、他県民では「初耳」「これって常識なの?」と思うことはいっぱいあると思います。


特に食文化に関しては、山梨独自なものがありますので、驚きがいっぱい!


そこで今日のブログは「特別編」としまして、山梨県に住むなら最低限覚えてほしい常識について、お伝えしていきます。



1.山梨県民は、富士山は「山梨のもの」と本気で思っている


世界遺産にも認定された、日本を代表する山、富士山。

富士山は「山梨」「静岡」両県にまたがっていますが、山梨県民は「富士山は山梨のもの」と本気で思っています(笑)


ただ富士山(正確にいうと8合目~山頂)は『富士山本宮浅間神社』の所有物。

これは裁判で判決が出ているので、富士山は山梨県のものではないことが証明されてはいるものの、山梨県民は「富士山は山梨のもの」と本気で思っている人が多いです。



2.甲州弁は基本的に「ずら」「じゃん」を語尾につける

山梨県にも方言=甲州弁があります。

生粋の山梨県民は、よく方言が出ます。よく出てくる甲州弁としては「~でしょう?」のことを「~ずら?」「~に行こう」は「~行くじゃん」と言いますので、この2語は覚えておいた方がいいカモ。

それと甲州弁で「えらい」は地位や名誉が「偉い」ということではなく「疲れた」という意味なので、くれぐれもお間違えの無いように!



3.「ほうとう」は実はお店ではあまり食べない


山梨を代表する郷土食であり、山梨を代表する食べ物といえば「ほうとう」があります。

ただ実は山梨県民は、ほうとうはお店ではあまり食べない場合が多く、その代わり家庭ではよく食べます。県外からお客さんが来た場合は、どういうわけか「お店でほうとうを食べる」場合が殆どです。



4.親指ゲームのことを「せっさん」と呼ぶ


山梨県と静岡の一部地域のみではありますが、親指上げゲームのことを「せっさん」と呼びます。山梨県で生まれ育った方なら、この気持ちは全員わかると思いますが、ただ全国的には「いっせーのっせ」「指スマ」等と呼ばれています。


5.場所説明をする時「東西南北」を使う場合が多い

山梨県は、四方を山に囲まれていて、北に八ヶ岳・南に富士山があることから、場所説明をする時に「東西南北」を使う人が多いです。(例えば○○高校を北に行ってなど)

八ヶ岳や富士山は、おそらくだれもがわかるので、方向的には理解はできるものの、ただ県外から来た人にとっては、東西南北で場所説明をされても、いまいちピンとこない場合が多いのでは?



6.格安の自動販売機「ハッピードリング」がある


山梨県で車を走らせていると、ハッピードリングという格安の自動販売機が県内あちこちにあります。通常の自動販売機よりも安めに設定されているため、お得感がありますが、ただハッピードリングは山梨県以外では甲信越の一部しかありません。



まとめ


山梨の方言=甲州弁に関してですが、県外の人から見ると「口調が荒い」と思われがち。ただそれはイントネーションがたまたまそうなっただけのことで、実際は怒っていないケースが殆どですので、くれぐれも誤解の無いようにしてくださいね。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#甲州弁 #山梨在住

物件住所

〒400-0053

​山梨県甲府市大里町2570

お気軽にお問い合わせ下さい

055-241-2218

お問合せの際、お客様情報を当物件を管理している管理会社にお伝えすることがあります。
​Amazonギフト券が必ずもらえる見学会ご参加の方は、専用フォームよりお申込み下さい。
  • Instagram
  • Twitte

© 2018 GRACE ROYAL ELEGANT ROOM  yamanashi