賃貸アパートにおける駐車場トラブル。どのようなケースがあるの?



賃貸アパートには、基本的に「敷地内に駐車場」を完備していますが、ただ駐車場はあくまでもご契約されているお客様専用の駐車場であり、さらに駐車スペースには余裕があまりない場合が多いので、第三者が勝手に車を停めた場所が「実は契約者様専用駐車場だった」ということもあり、しかもその方が「全くの部外者」だったりすると、大ごとになってしまう可能性が高くなります。



賃貸でよくある駐車場トラブルとは、どのようなものが多いのか、またそれを対処するためには誰に相談すればいいのかについて、お伝えしていきたいと思います。


 

目 次

1.無断駐車をされた

2.当て逃げをされてしまった

3.はみ出し駐車をされた

4.まとめ

 

1.無断駐車をされた


賃貸駐車場トラブルの中でも、一番多いのが「契約している区画に、勝手に車を停められる」ケースです。


無断駐車をする方の特徴としては

・入居者様に空き駐車スペースを知らされていたが、間違えて停めてしまった。

・罪悪感一切関係なく、一方的にたまたま空いていた駐車区画に停めた。


万が一、借りている駐車区画に「勝手に車を停められてしまった」場合には、すぐに管理委会社まで連絡して下さい。


対応方法としては、車が「管理会社で登録されている車かどうか」を確認し、該当する車ではない場合には、「無断駐車扱い」として、担当者が現場に急行して「駐車禁止の張り紙」をフロントおよびリアワイパーに貼り付けて、注意喚起を行います。


違反車を「敷地外に移動させる」ことができれば、一番いいのですが、ただ法律上「自力救済をすることが禁止」されているので、仮に私有地であったとしても、勝手にレッカー移動させたり、タイヤロックをしてしまうと、逆に訴えられてしまいます。


「張り紙を貼って注意喚起」することぐらいしか方法はないものの、もし繰り返して違反行為をしていたことが分かった場合には、オーナーさんが所有者に対して「出入り禁止」処分を下しますので、それでも車を停めてきた場合には、不法侵入になる可能性が高くなります。



2.当て逃げをされてしまった

賃貸駐車場で車上荒らしなどにあった場合には、すぐに警察に連絡


賃貸物件の駐車場は、夜になると「外灯が少ない」ことから、思っている以上に「暗くなって」しまうので、場合によっては「当て逃げ」等の被害が発生することもあります。


当て逃げされた場合や、車の中にあった所持品が盗まれてしまった場合には、事件性が疑われますので、警察に相談されたほうがいいと思いますが、ただ物件に防犯カメラやドライブレコーダーがなければ、事実上泣き寝入りをせざるを得ません。


もし物件に「防犯カメラ」が設置されている場合には、オーナーさんにお願いして、録画している映像を見せてもらうことができます。


当て逃げ被害などを防ぐためには「ドライブレコーダーを設置する」「貴重品など(ETCカード含む)は置かない」「万が一のために車両保険に加入する」といった、自衛対応をするしか方法はありません。



3.はみ出し駐車をされた

はみ出し駐車をされた場合でも、感情的になってはいけません

賃貸物件にある駐車場に関しては、基本的に空きスペース区画はなく、また契約されている車種も、様々なものがあるため、場合によっては「はみ出し駐車」をされてしまう恐れが出てきます。


はみ出し駐車をされてしまうと、正直な所「相手の車と接触してしまう恐れがある」ことから、ストレスが溜まってしまい、はみ出し駐車をした方に対して「憤り」を感じてしまいます。


もしこのような駐車をされた場合には、当事者間による話し合いは「絶対に行わず」に、管理会社までご相談ください。当事者における話し合いをしてしまうと、十中八九「感情論」が先行してしまい、解決できる問題が解決できなくなってしまうので、この様な場合には、管理担当者が間に入ると、話がうまくまとまる確率が高くなります。


なお、もしはみ出し駐車が繰り返されている場合で、駐車場に「空きスペース」がある場合には、移動することも可能となるので、もし気になる方は管理会社までご相談ください。



4.まとめ




賃貸駐車場におけるトラブルは、車上荒らしなどの被害が出ない限りは、警察は一切介入しないので、管理会社の担当者が対応に当たることになります。


無断駐車、はみ出し駐車などのトラブルに対しては、原則としては「通知文」等を使っての啓蒙活動が中心となるものの、ただ同じようなことが繰り返されている場合においては、オーナーさんと協議の上「賃貸における賃貸借契約の解除」といった厳しい対応をとることも考えられます。


賃貸の駐車場は、ご入居者全員のものであるので、モラルを守った使い方をして頂ければ、問題に発展することは、まずありません。



閲覧数:29回0件のコメント