実は4月に賃貸部屋探しをするには絶好のチャンス!どうしてなの?


一年の内で賃貸部屋探しをされるが、最も多くなるのは1月~3月。

この時期は就職や転勤などが多くあることから、人の流れがものすごくあるので、入退去が多くなります。


ただ賃貸部屋探しも3月末を過ぎてしまうと、だんだんその数は減少していき、これから夏にかけては「閑散期」に入ります。


実は部屋探しをこれから行う方にとって、4月は絶好のチャンス!


今日のブログは「どうして、4月に部屋探しをすることがお客様にとってチャンスなのか?」についてお話していきたいと思います。


目 次

1.4月に部屋探しをするメリット

2.交渉が通りやすくなる

3.引越費用が安くなる

4.まとめ


1.4月に部屋探しをするメリット
4月以降の部屋探しは、掘り出し物件が見つかる可能性大

「4月に入れば売れ残り物件しかないんじゃないの?」と思っている方も多いと思いますが、それは違います。


賃貸物件は地方都市においては「供給過剰」状態が続いているので、タイミングの問題で本来は成約になってもおかしくはない物件が、残っていることが多いので、むしろ4月に部屋探しをすることは、メリットとも言えます。


また、不動産仲介会社も1月~3月は、一年の中でも最大の書き入れ時ということもあり、お部屋見学は原則として「事前予約」をしない限り見学することができず、一人のお客様にそれほど多く時間をかけることが難しいのですが、4月以降になれば、来客数も少なくなるので「飛び込み」で部屋探しをされても、すぐに見学をすることが可能な場合があります。



2.交渉が通りやすくなる
4月以降の部屋探しは、家賃交渉がしやすい

1月~3月は、入退去がものすごく多くなる時期なので、お客様から「家賃や初期費用」に関して「安くしてほしい」という交渉をしても「書き入れ時」ということもあり、交渉が失敗することが多いのですが、ただ4月以降はだんだん閑散期に入ってくるので、現在空き室を抱えているオーナーさんにとっては、多少の減額ならOKを出してくれることが多いので、もし気に入っている物件があれば「ダメもとでも交渉」されてみてはいかがですか?


ただし「仲介手数料無料」「家賃保証会社の初回保証料の減額」「家賃保証会社を使いたくない」この3点に関しては、仲介会社では認めていないので注意が必要です。またこの3点を無料にしてほしいと「しつこく」交渉してしまうと、入居審査の段階で「適性を欠く」と判断されてしまい、最悪管理会社審査で落とされてしまう可能性があります。



3.引越費用が安くなる
4月以降の部屋探しは、引越料金が通常に戻る

引越し業界においても、1月~3月は賃貸物件の入退去が多くなることから、繁忙期となり、引越料金も通常の時期と比べると割高設定になっている場合が多いのですが、ただ繁忙期を過ぎると、通常の料金になることが多いので、引越し業者に引越しを委託する場合においても、4月以降の部屋探しはメリットが大きいです。



4.まとめ

4月以降に部屋探しは、部屋を探されている方の人数が少なくなるので、交渉がしやすい面はもちろんですが、仲介担当者がぜひおすすめしたい物件も紹介でき、また時間をかけて見学することも可能なので、ゆっくり部屋探しをしたい方にはピッタリの時期。


ただし、ゴールデンウイーク中は仲介会社はお休みをもらうことが多いので、その点だけは注意が必要です。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#仲介会社 #部屋探し #家賃交渉

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべ