物件情報が掲載終了となるタイミングとは?


賃貸物件を探される時、大手賃貸検索サイトを活用される方は多いと思います。

同サイト内を検索していて「この物件いいな」と思っていても、数日後には「掲載されていない」ということは、よくあることです。


数日前には「気に入った物件が掲載されていたのに、今日になったら掲載されていなかったのか」については、賃貸業界特有の理由があるからです。


そこで今日のブログは「物件情報が掲載終了となるタイミング」について、お伝えさせてもらいます。

 

目 次

1.入居申込が入ると、掲載終了

2.掲載終了になっても、申込することはできる?

3.繁忙期は、すぐに部屋が埋まってしまう

4.どうしても仮押さえしたい場合には?

5.まとめ

 

1.入居申込が入ると、掲載終了

不動産賃貸業界には「仮押さえ」という考え方は「一切なく」、口頭で「この部屋を抑えておいてほしい」ということはできません。


物件情報が掲載終了となるタイミングは

お客様が入居申込をされた時です。


入居申込をされた時点において、仲介会社では「物件情報を一旦掲載停止」にして、申込をされた方を「最優先で入居審査」を行います。入居審査で問題がなければ、数日で結果がわかり、その後契約手続きに入ります。


一般的に、入居申込をされた方が「契約前にキャンセル」することは、ごく稀にしかありませんので、基本的に「物件情報が掲載終了」となった場合には、その物件は他の方に取られてしまった可能性が高くなります。


なお、入居申込をしたとしても、物件情報がすぐに掲載終了となるわけではなく、手続きをしても「タイムラグ」が発生してしまうので、問合せをしたのに「紹介することができない」と仲介担当者に言われた場合には、恐らく上記の理由であると考えられます。



2.掲載終了になっても、申込することはできる?

掲載終了になっても、申込することはできる?

仲介会社の担当者から「他の方が入居申込が入った」ことを告げられると、『もうその物件には入居することができないのかな?』と、諦めてしまいそうになりますが、ただ厳密に言うと、入居できる可能性は少ないのですが、完全にできない訳ではありません。


掲載終了となっても、物件を取り扱っている仲介会社に「キャンセル待ちの連絡」をすることによって、もし一番最初に入居申込をされた方が、「入居審査に落ちた」「入居キャンセル」された時には、キャンセル待ちをされた方が、繰り上がります。



3.繁忙期は、すぐに部屋が埋まってしまう

繁忙期は、すぐに部屋が埋まってしまう

不動産賃貸業界の繁忙期は、1月~3月と言われています。

この時期は「進学」「就職」「転勤」等が重なるため、多く方がお部屋探しをされます。


そのため、「人気エリアにある」「築年数が浅い」「リノベーション物件」などは、早い者勝ち状態となってしまうため、場合によっては「タッチの差で入居申込ができない」ことも、珍しくはありません。


お部屋探しをされる時、数件のお部屋を候補にあげて、内見されると思いますが、内見予約をされただけでは、そのお部屋を抑えることはできません。繰り返しになってしまいますが、賃貸業界では「仮押さえ」ができませんので、直感で「この部屋がいい」と思った時には、すぐに入居申込をされることをおススメします。


万が一、入居申込をした部屋において「やっぱり自分が思っていた部屋とは違う」と感じた時には、賃貸借契約が成立する前であれば、キャンセル対応できるので、特に繁忙期にお部屋探しをされる方は、早めに対応されたほうがいいと思われます。



4.どうしても仮押さえしたい場合には?

どうしても仮押さえしたい場合には?

お部屋探しをされる時「大手賃貸検索サイト」上で、物件検索をされて、その中から条件に合った複数の部屋をピックアップして、内見を行った上で、最終的に1つの物件に絞るやり方が、よくあるパターン。


ただこのやり方では、他の方も同じようにしているので、特に繁忙期では「すぐに決まってしまう」可能性が高くなります。


もし大手賃貸検索サイトから物件情報を見ていて

どうしてもこの部屋に住みたいという強い願望があった場合には、仲介会社に「先行申込をしたい」と伝えてもらうと、お部屋を抑えることが可能となってきます。


先行申込とは、内見をされる前に「先に入居申込を終了させる」やり方であり、入居申込をされた時点で、物件情報は一旦掲載停止となるため、先行申込をされると「1番手」となるため、他の方に部屋を取られるという心配がなくなります。


では、事実上のお部屋を抑えることができる「先行申込」は、何件も行ってもいいのかというと、それはNG。賃貸業界的には「先行申込ができるのは1件のみ」となっているので、複数の物件に先行申込をしてしまうと、入居審査(特に最近では家賃保証会社を利用するケースが多くなっているため)において、同一名の方が複数の物件の入居審査を行っていることがわかってしまい、当然ながら「管理会社」「オーナーさん」の心証が悪くなってしまいます。

(下手すれば「信用できない」という理由で、入居ができない可能性もあります)

 

なお、先行申込をしたとしても、100%入居できる保証はどこにもありません。

実は、先行申込をしたとしても、別の方が「先に契約手続きを完了」させてしまえば、そちらの方が1番手となるので、要注意です。このことを「先行契約」と言います。


ただし先行契約してしまうと、キャンセルすることが一切出来なくなってしまい、どうしてもキャンセルしたい場合には、解約手続きを行うことになり、この場合支払った初期費用の大半は返金されませんので、要注意です。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?


大手賃貸検索サイト上などで、物件情報が掲載終了となってしまうタイミングは、入居申込が入った時であるものの、タイムラグが発生してしまうので、実際に物件情報が掲載終了となるのは、1日後となります。


賃貸業界では「早い者勝ち」となってしまっているため、ゆっくりとお部屋探しをしていると、人気物件は「すぐに埋まってしまう」可能性が高くなります。


もし大手賃貸検索サイトで物件検索をしている時、直感で「この部屋に住みたい」という願望が強ければ、1回しかチャンスはありませんが「先行申込」をされることをおススメします。

 

おススメ記事

・賃貸契約する場合、費用はどのくらいかかるもの?▶今すぐ記事を読む  

・借金があると、入居審査に不利?▶今すぐ記事を読む  

・室内クリーニング費用は、入居者負担となるの?▶今すぐ記事を読む  

 

#賃貸検索サイト

#物件情報

#入居申込

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示