賃貸で子供が壁にいたずら書きをしても、漆喰ならば補修対応可能です。



賃貸物件においては、入居期間中「善管注意義務」が発生するので、最低限のルールは守らなくてはなりません。


例えば、ファミリー向け賃貸物件において、お子さんと一緒に生活されている場合、お子さんは好奇心旺盛ということもあり、つい「いたずら」をしてしまうもので、壁に落書きやいたずら書きをしてしまうケースはよくあること。

賃貸でお子さんと一緒に生活されている場合、板面が気をしてしまう可能性が出てきますね

壁にいたずら書きをしてしまった場合、書いた場所を消すことができればいいのですが、油性ペンなどで書かれてしまうと、残念ながら原状回復させることが非常に難しいので、この場合は、退去人いたずら書きをしてしまった壁紙一面分の費用を支払わなければなりません。


子育て中のママさん達にとっては、お子さんが壁紙にいたずら書きをしてしまうことは、家計にとってもマイナスでしかありませんので、頭が痛いところとなってしまいますが、ただ甲府市大里町にあるグレイスロイヤルの上級グレードのお部屋に関しては、もしかすると、いたずら書きの個所を消せるor交換ではなく補修対応可能な場合が出てきます。




山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルの上級グレードの部屋には、自然素材の漆喰を施工しています

当物件の上級グレードの部屋には、自然素材の漆喰が施工されていますが、漆喰を施工することによって、簡単な汚れ程度ならば、ご自宅にある「消しゴム」を使うことで簡単に消すことが可能となります。


また、汚れなどが落ちない場合には、当然退去時に修繕費用が請求されてしまいますが、ただ漆喰の場合は、薄く上塗りをすることによって、汚れた部分を隠すことができるので、補修対応が可能となります。


補修対応が可能になれば、交換とは異なるので、退去費用を抑えることも可能となります。



漆喰には、室内の湿気をコントロールしてくれる調湿効果をはじめ、消臭効果や抗菌・抗ウイルス効果も期待ができるので、健康的な暮らしをしたい方にはピッタリの塗り壁と言えますが、万が一お子さんがいたずら書きを壁にしてしまった場合があっても、補修対応が可能になることから、退去費用の心配をしなくても済むので安心ですね。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#壁紙 #漆喰 #退去費用

0回の閲覧0件のコメント