賃貸トイレの温水洗浄便座を交換したい。勝手に交換してもいいの?


今では当たり前にある賃貸の温水洗浄便座。

温水洗浄便座があることにより、トイレ環境としては快適になりますが、ただその一方で温水洗浄便座は、最初から標準装備になっていることから、お客様の中には「使いまわしているものはイヤ」という理由で、温水洗浄便座を新しくしたいと思う方は意外に多いと思います。



賃貸物件の設備を交換する場合には、理由がなければ交換することができません。


経年劣化が理由と思われる設備不良の場合、オーナーサイドが費用負担をして新しい設備を導入することになっていますが、ただたとえ設備が古くても「使用することができる」場合は、たとえご入居者様からの要望があったとしても、基本的に交換に応じてはくれません。


今回の事例の場合も、まだ使用できることから原則としては、オーナーサイドが新しいものにすることはありません。

ただしお客様から「自費で取り付けるから交換をしたい」場合は、お客様の責任により取り付けOKを出してくれる場合が出てきますが、退去時には「原状回復義務」が発生することから、元の状態(もともとあった温水洗浄便座)に戻さなくてはなりません。(この費用もお客様負担となります)


なお、お部屋募集時には「温水洗浄便座」はきれいに掃除を行いますので、ご安心ください。


#温水洗浄便座 #設備交換


2回の閲覧0件のコメント