賃貸入居の際、連帯保証人をつけなくても借りられる物件が多くなってきました。


こんにちは。


これからの時期は、新生活に備えてお部屋探しをされる方が多くなってきます。

入居の際、様々な費用や書類が必要となってきますが、最近では連帯保証人をつけなくてもお部屋を借りることができる物件は、非常に多くなってきました。

最近では連帯保証人なしでもお部屋を借りることができます

入居者様が万が一「家賃滞納」した場合、管理会社では誰に家賃分を支払ってもらえればいいのかわからなくなってしまいますよね。


そこで今までは基本的にご入居者様の親族(ご両親の場合が多いのですが…)に連帯保証人になってもらい、家賃の支払いが遅れた場合には、法的な責任力が強い連帯保証人に、家賃の未払い分を請求していました。



ただ、時代の変化などにより「連帯保証人をつけることができない」「ご両親が高齢のため連帯保証人としての役割を担えない」「管理会社の働き方改革」などにより、現在では連他保証人を付けない代わりとして、入居時に「家賃保証会社」に加入することを必須とする管理会社が非常に増えてきています。




家賃保証会社の利用により、契約自体のスピードも速くなりました

連帯保証人が必要だった最大の理由は、家賃未払いの時回収先を明確にするためでしたが、家賃保証会社に加入することにより、家賃保証会社が連帯保証人の役割を担ってくれるので、今までみたいにご両親や親戚に連帯保証人になってほしいといったお願いをしなくても、お部屋を借りられる点は、メリットといえます。


また、万が一ご入居者様にアクシデント(病気・ケガなど)がおこり、家賃の支払いができなくなった場合でも、家賃保証会社が一時的に立替をしてくれるので、家賃未払いといった現象が起こらない点も、メリットといえそうですね。

(ただし立て替えてもらった家賃は、後日家賃保証会社から請求されます)

家賃保証会社に加入する際、必要な費用は…

1)契約時に支払う「初回保証料」

→物件や管理会社ごとで異なるものの、おおよそ家賃50~100%

2)更新料

→年1回支払う費用で、おおむね1~2万円程度


家賃保証会社を利用する際の注意点


1)入居時に家賃保証会社の審査があります。

家賃保証会社を利用する場合には、入居時に審査があります

連帯保証人の役割を担ってくれる「家賃保証会社」では、お客様が入居時の段階で、家賃を支払えそうな方かどうかを審査します。家賃保証会社の審査が通らない場合、仲介会社では別の家賃保証会社に審査を回すことがありますが、仲介会社が提携している家賃保証会社すべてで審査が通らない場合には、残念ながら入居をすることができません。


ただし家賃支払い能力がボーダーライン上にある方に対しては、家賃保証会社から「連帯保証人」をつけることで審査を通すことがあります。この場合はお客様の方で、連帯保証人になれる方を見つけなければなりません。(ただしこのようなケースはあまりありません)



2)ブラックリストに掲載されると、部屋を借りられない。

家賃滞納歴がある方は、基本的にブラックリストに掲載されます

家賃3か月以上滞納してしまうと、家賃保証会社では「強制退去」に向けて法的手続きを開始します。


遅くとも裁判が始まる前までに、未払い家賃を全額返済すれば、提訴を取り下げますが、裁判に入り「強制退去(明け渡し)判決」が下ってしまうと、期日までには必ず退去しなければなりません。


問題はここからなのですが…

実は強制退去処分になった方や、家賃滞納を繰り返している方に対して、家賃保証会社では所謂ブラックリストに掲載してしまい、もしお客様が違う賃貸アパートに住替えした際、家賃保証会社がたまたま同じところ/情報を共有している別の保証会社(家賃保証協会などの協会に加盟している会社)の場合には、100%の確率で審査が通りません。


また家賃滞納を繰り返している方に関しては、管理会社の方も「家賃を支払う能力がない」と判断してしまい、お客様は更新をしようと思っていても、管理会社の方が更新を断ることもあるので、こちらの方にも注意をしなければなりません。




家賃保証会社は、連帯保証人の役割を担ってくれるので、契約時に親族にお願いをしなくても陽がるに借りられる点については、メリットの方が大きいのですが、その一方で家賃を滞納してしまうと、厳しい態度をとる可能性が高くなりますので、もし家賃の支払いが遅れそうな場合や、家賃の支払いが今後厳しくなりそうな場合には、必ず管理会社までご相談ください。


ご相談をして頂ければ、何かしらのアドバイス、またはオーナーさんに掛け合ってくれて家賃の値下げなどの交渉をしてもらえる場合もあります。

(ただし正当な理由がなければ、受け入れらません)



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#連帯保証人 #家賃保証会社