賃貸入居後のエアコンが臭い!どのように対処したらいいの?


賃貸物件には基本的に「エアコンが1基」設置されています。

エアコンの所有者はオーナーであることから、もし何か不都合があった場合、お客様が故意に壊さない限りは、全てオーナー責任で対応します。


では、もし賃貸入居後エアコンを使用しようと思った時…

エアコンが臭かったり、汚れていた場合

誰の責任になるのでしょうか?



エアコンが臭い/汚れている理由として考えられるのは、2点考えられます。

①入居前にエアコンクリーニングを行っていない

②エアコンそのものが寿命を迎えている


大手管理会社にご入居される場合、ご契約時もしくはご退去時に「室内クリーニング費用」を支払っていただく事になっていますが、この費用の中には「エアコン内部洗浄費用」が含まれていますので、基本的にお部屋を募集しているところでは「エアコン内部洗浄」は完了済みになっているはずです。


ただ見た目的に明らかに「エアコンが汚れている」「エアコンの風がなんか匂う」場合、もしかするとエアコン内部洗浄をしていない恐れがありますので、もし入居した後にエアコンが何か変と感じた場合には、すぐに管理会社に相談したほうがいいです。なお、街の管理会社さんが管理している物件では、室内クリーニング費用に「エアコン洗浄費用」が入っていない恐れがあります。





もしエアコンクリーニングをしっかりと行っていたことが確認できた場合で、エアコンの効きが悪い感じがしたり、異常音が聞こえてきた場合、恐らくエアコン本体が寿命を迎えたひとつのお知らせだと考えられます。


この場合、エアコンそのものを新しいものに交換をしなければなりませんが、もともと備えづけのエアコンの場合には、オーナー負担で行いますので、ご入居者様負担はありません。



備えづけのエアコンについてですが、ネット上において

最新モデルのものに交換してほしい

との意見が多数掲載されていますが、賃貸の設備交換の基準は「経年劣化が原因によりり設備不良が認められた場合」のみとなっているので、まだ使用できるものに関しては、交換をすることはできませんし、ご相談を受けてもほぼ断られます。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


追記

余談ではありますが、グレイスロイヤルでは、室内クリーニング費用の中に「エアコン洗浄」は含まれていますので、ご安心ください。




#エアコン #入居前


閲覧数:33回0件のコメント