リノベーションでおしゃれな壁に。温かみを感じる自然素材の漆喰壁。


おしゃれなカフェやレストランに行くと、壁が漆喰を使用している所がありますよね。

漆喰が塗ってあると、壁全体から「温かみ」や「温もり」を感じられるので、慌ただしい生活から「解放」されるような、そんな一面を持っているような感じがしてきます。


ただ賃貸物件においては、コストの関係上「漆喰を用いている」ことは、まずありませんので、どこか画一的な部屋となってしまい、お部屋見学に行くと「よくある賃貸の部屋」といった感じになってしまいますが…


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいては、築年数が経過していることもあるので、2018年以降「空き部屋を順次リノベーション」を行っていますが、上級グレードのお部屋のみとはなってしまいますが、自然素材の漆喰をLDK・和室・洋室に施工しています。


漆喰を施工することによって、室内空間がとても明るく「清潔感」あふれる部屋に生まれ変わり、この魅力は「新築物件」では決して味わうことができません。

ただそれ以上に、漆喰を施工することによって、実はご入居されるお客様にとっても、メリットが多くなるのでとってもオトクになります。


 

目 次

1.漆喰施工によって、ここまで変わる

2.漆喰のメリット

  ①調湿効果

  ②消臭効果・吸音効果

  ③保冷保温効果

  ④シックハウス対策

  ⑤帯電効果

3.まとめ

 

1.漆喰施工によって、ここまで変わる

2つの部屋は「同一の部屋(LDK)」で、向かって左側は「リノベーション前」、右側は「リノベーション後」となっていますが、同じ部屋であるのに、室内印象は180度変わっていることが、よくお分かりになるかと思います。


床材を白系のものに交換していることも、室内印象が良くなったと言えますが、それ以上に漆喰を壁に施工することによって、自然光などを反射させる性質(明光性)があることから、日中の時間帯であれば、電気をつけなくても、十分室内が空かるので、電気代を抑える効果が期待できます。


完全手作業だからこそ、味わいあるムラが発生します

漆喰は、完全手作業(手塗り)となってしまうため、どうしても所々に「ムラ」が発生してしまいますが、このムラは「手塗りだからこそ発生してしまう味わい」であるため、ナチュラルテイストに興味がある方であれば、このムラまでも魅力に感じてしまうはずです。



2.漆喰のメリット

調湿効果によって、夏の多湿/冬の乾燥対策をしてくれます

①調湿効果

1年間の内、最も暮らしにくい季節があるとすれば、夏と冬ですよね?


夏場は、梅雨明け後~9月末ぐらいまでは、連日猛暑日が続くエリアも多く、また冬に関しては、暖房器具を使用する機会が多くなるため、室内が乾燥状態になりがちになり、風邪やインフルエンザ発症原因にもなってしまいます。


夏においては、快適に過ごすために「昼夜問わずエアコン使用」をしないと、生活すること自体が難しくなってしまいますが、どうして夏場エアコンを使いたくなるのかというと、実は「室内の気温」以上に「室内の湿度がものすごく高くなっている」ことから、体感温度が高くなってしまっているため、エアコンを使いたくなってしまいます。


ただ、漆喰が施工してあることによって、調湿効果(漆喰が湿度を吸湿してくれる)が期待できることから、エアコンを使用していない状態であっても「蒸し暑い」といった感じにはなりにくくなることから、エアコン設定温度を「低く」しなくても、快適に過ごすことができます。つまり、夏場のエアコン電気代を抑えられる効果があるので、家計を助けてくれることになります。


一方、冬の場合は、暖房器具使用のため「室内が乾燥状態」になりやすくなりますが、漆喰が適度に室内に放湿してくれることから、乾燥予防対策をしてくれます。(ただし乾燥状態を完全に防ぐことはできませんので、加湿器などをうまく利用されることをおススメします)


②消臭効果・吸音効果

漆喰を顕微鏡で見てみると、小さな穴が無数に空いています。

このことを「多孔質構造」といいますが、多孔質構造になっている漆喰には、消臭効果や吸音効果が期待できます。


【消臭効果】

多孔質構造がある漆喰には、消臭効果が期待できると言われています。

漆喰の消臭効果の実験については、他社住宅メーカーによって証明されています。

漆喰が施工されている「モデルルーム」において、換気をあえてしない状態で「焼き肉」を行い、そのままの状態で「ニオイ測定」をした所、時間の経過と共に「ニオイそのものが減少」し、翌朝には「ニオイそのものが感じなくなった」とのこと。


どのような家庭においても、その家独特の「生活臭」は、どうしても発生してしまうものではありますが、消臭効果が期待できる漆喰が施工されてあることによって、タイムリーに消臭をし続けてくれる点は、急な来客が来たとしても、安心してお招きすることができます。


【吸音効果】

賃貸物件は、ひとつの建物の中に「複数の部屋」が上下階/左右に隣接しているので、どうしても「日常生活から生まれる生活音」は、室外に漏れてしまいます。ただこれは賃貸物件に限った話ではなく、戸建て住宅においても、意外にお隣からの生活音は「聞こえてしまう」もの。


ただ、音による人の認識は「千差万別」であるため、人によっては「このぐらいまではOK」であったとしても、NG判定を下してしまう方もいます。


賃貸物件における生活音問題は、多くは「上下階で発生」(特に足音)してしまうものですが、お隣と隣接している場合においては、当然ながら許容範囲を超えてしまうと、当然クレーム問題になってしまいますが、漆喰が持つ「多孔質構造」は、吸音効果が期待でき、窓を閉め切って話をすると、室内に声がこもるような感じがしてきます。これは室内の声が「漆喰によって反射」されたものと推測できることから、通常の賃貸と比べると、吸音性は期待できると思います。


③保冷保温効果

保冷保温効果

漆喰は「小さな結晶の塊」でできています。

この原理は、豪雪地帯でよく作られる「雪のかまくら」と同じ。

かまくらの中に入ると、意外なほど温かいのですが、これは「雪も結晶の塊」であることから、中で起こした熱を反射してくれるので、遠赤外線効果が期待できるとのこと。


漆喰を施工することによって、冷暖房が漆喰に当たり反射することによって、遠赤外線効果により、保温保冷効果が期待できることから、少ない冷暖房でも、快適に過ごすことができます。


④シックハウス対策

漆喰はシックハウス対策もしてくれますので、子育て中のママさんにとっても、安心できます

今でこそ規制されているものの、家具や食器棚などには、シックハウス症候群を引き起こすと言われている「ホルムアルデヒド」が使用されている(ただし使用量は昔と比べるとお皿れている)可能性があります。


シックハウス症候群は「特に20代や女性」「アレルギー既往歴がある」「神経質で敏感な方」等が経験しやすいと言われていますが、賃貸物件において「シックハウス症候群」に対応しているような物件は、まずありえない話なので、特に小さなお子さんがいるご家庭にとっては、心配になってしまいますよね?


ご安心ください。


漆喰には、ホルムアルデヒドを吸着・再放出させない性質をもっていることから、シックハウス症候群を経験してしまいそうな方には、特におススメのお部屋と言っても過言ではなく、さらに小さなお子さんがいるご家庭にとっては、シックハウス症候群を漆喰が予防してくれるので、安心して子育てができます。



目や鼻、のどを刺激する粘膜症状や、頭痛や吐き気につながる中枢神経系への症状が多く短い時間で症状が出るのが特徴です。レルギー既往歴がある人や、神経性が敏感な人


⑤帯電効果

漆喰には帯電効果もあるので、ホコリがつきにくくなります

毎日掃除をしても、翌朝にはまた「ホコリ」が溜まっている…。


これって実は「静電気」が原因。


実はホコリは「壁などで発生してしまう静電気」の影響によって、くっついてしまう性質があり、最初は黙視することができないほどの大きさなのですが、それが次第に成長してくると、壁からぽろっと床に落ちてしまい、そのホコリを掃除をすることを「エンドレス」で行っていることから、ホコリの発生源となってしまう「静電気除去」をしなければ、いつまでたってもホコリが出てしまいがちな部屋となってしまいます。


実は、漆喰には「静電気を予防してくれる帯電効果」が期待できますので、ホコリが漆喰壁にはつきにくくなることから、毎日の掃除がとっても楽になります。さらに「春先なると花粉が大量に飛散」してくるので、花粉症がある方にとっては、とっても嫌な季節。


ただ、漆喰が施工されてあると、花粉が漆喰壁に付着しにくいことから、通常の掃除をするだけで、室内における花粉飛散を予防してくれる効果が期待できるので、とても助かりますよね!



3.まとめ

いかがだったでしょうか?


当物件の上級グレードのお部屋においては、リノベーションを機に「漆喰が施工」してありますが、漆喰は室内の印象を明るく、そしておしゃれ空間にしてくれるだけではなく、調湿性や消臭性、シックハウス症候群対策などをしてくれるので、健康的な暮らしをしたい方にとっては、とっても魅力的な部屋と言っても過言ではありません。


さらに夏場におけるエアコン電気代においても、漆喰パワーによって、省エネモードでも十分快適に過ごせることから、夏場の電気料金を抑える効果が期待できるので、家計が楽になるかもしれませんね!


 

おススメ記事

・おしゃれな畳がある和室部屋で、ゴロゴロ生活をしてみませんか?▶今すぐ記事を読む  

・やっぱり憧れてしまう!おしゃれなナチュラルキッチン▶今すぐ記事を読む  

・賃貸で優良物件を探すコツとは?▶今すぐ記事を読む  

 

#ナチュラル生活

#漆喰

#おしゃれな生活

閲覧数:3回0件のコメント