敷金・礼金無料物件は、とってもオトクです。


賃貸物件に入居する際、初期費用と呼ばれる契約金を仲介会社に支払わなければなりません。初期費用に関しては、賃貸物件を探されている方から「できる限り安くしてほしい」と要望が強いことから、近年では『敷金・礼金無料』をうたう物件が増えてきました。


敷金や礼金が無料になると、その分初期費用が安くなるので、お客様にとってはメリットが大きいのですが、その一方で、敷金や礼金が設定されていないことに「不信感」を頂いている方も現実には多いです。


ただ入居期間中「丁寧な暮らし」をして頂ければ、退去時に修繕費用が請求されるようなことはまずありませんので、敷金や礼金を支払うのは逆にもったいないないというより、敷金と礼金は今の時代にはあまりあっていないものと言えます。



ここで敷金と礼金についておさらいをしてみようと思います。


敷金とは…

入居する際に、管理会社に預け入れる費用のことで、わかりやすく言うと「担保金」みたいなもので、基本的に入居期間中、お客様に過失責任がなければ退去時に返金されます。また家賃滞納や夜逃げがわかった場合は、敷金から相殺されます


ここでいうお客様の過失責任とは…

「壁紙に落書きをしてしまった」「結露対策をしてなかったことにより壁紙がカビてしまった」「浴室内がカビだかけ」「壁紙にタバコのニオイがついてしまった」などお客様の過失が原因により「破損」「劣化」してしまった場合、善管注意義務違反となり、敷金を預け入れている場合には、敷金相殺となります。


礼金とは… 

今の時代は賃貸物件供給数は飽和状態となっていますが、一昔前は逆に賃貸物件供給数が少なく、また管理会社などはあまりなかったので、入居ができるかどうかに関しては、物件を所有しているオーナーさん次第でした。そこで入居を許可してもらったオーナーさんへ感謝の気持ちという名目で、礼金という慣習が生まれたとのことです。礼金は敷金とは異なり、オーナーさんへの謝礼金なので、退去時は返金されません。




管理会社からの報告によると、今の時代情報が拡散されていることもあり、お客様も入居期間中「丁寧に使用している」ことから、退去時にお客様責任による修繕費用が高額になることはまずないとの事。もし敷金を預け入れていたとしても、お客様過失がなければ退去時にお返ししなければならないので、それならば最初から預け入れないほうがいいと思います。


また、礼金に関してですが、これは今の時代には全く合わないものであることから、正直に言いますと礼金設定されている物件に入居する事は「もったいない」としか言いようがありません。


新築物件や築年数が浅い物件で「礼金」設定されている物件では、多くの物件が「一括借り上げ」をしているので、礼金はオーナーさんの収入になるのではなく、管理会社の収入となります。



敷金・礼金が無料になっている物件では、家賃などが高くなっているのではといった情報が拡散されていますが、そもそも現在の賃貸物件供給数は「飽和」状態になっていることから、どの物件も「家賃設定」には神経をとがらせているので、家賃が高くなっていることはそうそうないと思います。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#敷金 #礼金 #仲介手数料 #初期費用