新婚夫婦は2LDK賃貸がオトクです。


婚約を機に賃貸物件に入居する時、1LDKにするべきなのか、それとも2LDKにしたほうがいいのか、迷ってしまう方は多いはずです。


結論から先に行ってしまうと、2LDK賃貸を選択したほうが、長期的な目で見た時「オトク感」の方が大きくなりますが、どうして1LDKより2LDK賃貸を選択したほうがいいのでしょうか?


 

目 次

1.柔軟な使い方ができる

2.お子さんが生まれた時、手狭になりにくい

3.1LDKでは、住替えてしまう可能性が高い

4.グレイスロイヤルのリノベ部屋

5.まとめ

 

1.柔軟な使い方ができる

テレワークをする際、2LDKの方が使い勝手が良い

新型コロナウイルスが世界的に蔓延してしまった影響により、テレワークに切り替わった方は多くいると思いますが、テレワークが導入された当初は「戸惑い」を感じた方も多かったと思われますが、慣れてくると「意外と定着」してきたこともあるので、今後「テレワーク」という働き方をされる方は、増加することが予想されます。


賃貸物件において、テレワークをされる方も多くいると思いますが、間取りが1LDKの場合、洋室=寝室となってしまうため、もし1LDK賃貸でテレワークをする時には、必然的にLDKが仕事場になってしまいます。


例えば、ご主人が「会社勤務」で、奥さんが「テレワーク」の場合、日中の時間帯であれば、テレワークをしても「業務に支障をきたす」ことはありませんが、ただご主人が「在宅」している時には、気が滅入ってしまうので、仕事に集中することができない恐れがあります。


もし2LDK賃貸で生活するとなると、1つの部屋を「夫婦の寝室」にあて、もう一つの部屋を「仕事場」として活用することができるので、仮にご主人が在宅中であったとしても、仕事場が単独であることによって、業務に支障をきたすようなことにはなりにくくなる点は、2LDK賃貸は、使い勝手が良い部屋と言えます。



2.お子さんが生まれた時、手狭になりにくい

1LDK賃貸では、お子さんが生まれた時、手狭になりにくい

ムーニーHPによると、赤ちゃんの「夜中の授乳をいつまで行ったのか」に関して、1.6歳までは続いていたと回答された方が「半数以上」いたとのことでした。


夜間に「授乳」をしなければならない「奥さん」は、とても大変ですが、ご主人が通常の会社勤めの場合、寝室を別々にするかどうかで悩まれるご夫婦は多いと思います。


1LDK賃貸の場合、必然的に洋室は1つしかありませんので、ご夫婦のベッド+ベビーベッドを設置しなければならないことから、寝不足を懸念してしまうご主人の場合では、必然的にLDKに布団を敷いて寝ることになることから、使い勝手が悪くなってしまいます。


さらにお子さんがある程度大きくなってくると、1LDKでは部屋を確保することができないばかりではなく、収納部分においても「不足」してしまうことから、将来的には「2LDK以上の賃貸アパート」に住替えを余儀なくされてしまいます。



一方、最初から2LDK賃貸を選択した場合、お子さんが生まれるまでは、1つは夫婦の寝室に、あと一つの部屋に関しては「客間」「仕事場」等に使って、お子さんが生まれた後に関しては、子供部屋に充てることができるので、将来的に部屋が手狭になったことによって、引越しを余儀なくされることは、少なくなるはずです。



3.1LDKでは、住替えてしまう可能性が高い

1LDK賃貸では、収納力が弱くなる

1LDKと2LDKでは、部屋数が異なるのはもちろんですが、それ以上に「収納力」の部分においても、圧倒的な差が生じてしまいます。


特にお子さんがいるご家庭や、そもそも収納が多いご夫婦の場合、1LDK賃貸でクローゼットが標準になっていたとしても、それだけでは収納しきれない恐れがあり、居住スペースに収納ラックなどを設置しなければならなくなるので、必然的に部屋が手狭になってしまいます。


一方、2LDKを借りる場合においては、必然的に収納力も期待することができるため、よほどのことがない限りは、収納しきれないというようなことには、なりにくくなります。


1LDKは「二人暮らし」「荷物があまりない」「テレワークなどはしない」方にとっては、家賃を抑えられる点でメリットと言えますが、しばらくは賃貸生活をされる方にとっては、将来的な部分を考えてみると、デメリットとなってしまう可能性が高くなってしまうので、それならば、最初から2LDK賃貸を選択されたほうが正解かもしれません。



4.グレイスロイヤルのリノベ部屋

和モダン空間が魅力的な和室
和モダン空間が魅力的な和室

白を基調とした清潔感溢れる洋室
白を基調とした清潔感溢れる洋室

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築29年目を迎える2LDK賃貸アパートとなっていますが、これから二人暮らしをされる方にとって、理想的ともいえるぐらい「おしゃれな洋室&和室」となっています。


賃貸に和室部屋があるのは「嫌」と感じる方もいると思いますが…

当物件で採用している畳は、日焼けがしにくい琉球畳で、通常の畳と比べると「ダニの発生を抑制」してくれたり、さらに「日焼けがしにくいので、原則退去時の表替えは不要」となるので、故意過失でない限りは、費用が発生することはありません。


また畳があることによって、畳自体がクッションの役割を担ってくれることから、生活音対策としても有効的となりますので、小さなお子さんがいるご家庭にとっては、トラブルに巻き込まれにくくなります。



5.まとめ

2LDK賃貸は、使い勝手がいい

いかがだったでしょうか?


これから新生活を始める方において、1LDK/2LDKどちらの間取りにするか、迷ってしまう方もいると思いますが、しばらくは賃貸暮らしをされる方にとっては、1LDKより2LDKを選択した方が、結果的には正解になる可能性があるので、もし予算的にOKであるならば、2LDK賃貸を選択されたほうがいいのかもしれません。


 

おススメ記事

・賃貸で食器棚が不要になるかも?▶今すぐ記事を読む

・山梨でおしゃれなリノベ部屋が6万円台で借りられる?▶今すぐ記事を読む

・おうち時間長くなっても、おうちカフェを堪能できる!▶今すぐ記事を読む

 

#新婚

#新生活

#部屋探し

#2LDK


閲覧数:37回0件のコメント