築古アパートがおしゃれカフェに大変身。


築年数が経過したアパートと聞くと、誰もが「古い設備があって住みにくい」といったイメージを持ってしまいます。


確かに、築年数が経過している物件の大半は、設備投資をしていないケースの方が多いため、物件によっては「住みにくくなっている」と言っても過言ではありません。しかし、しっかりとリノベーションを行っていれば、住みにくさというのは感じられず、むしろ「新築物件みたいになっているのに、家賃が安いからオトク」と感じる方の方が多く、昨今ではあえてリノベーション物件に入居したいと考えている方の方が多いので、注目されています。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年に建てられた賃貸アパート。

来年で築30年が経過してしまいますが、2018年より「ナチュラルテイストに特化」したリノベーションを展開しているので、室内空間は「まるでおしゃれなカフェのお店」みたいな雰囲気となっているので、ご入居者様から高い評価を頂いております。



1.カフェみたいな居心地がいいキッチン

カフェみたいな居心地がいいキッチン

賃貸物件を見た時、一番重要な個所と言えば、誰もが「水回り」と答えるはずであり、その中でも「キッチン」がおしゃれ&機能性に優れているかどうかで、その物件の本気度がどのくらいかを判断することができます。


当物件では、賃貸でも「おしゃれな生活」ができるように、あえてリノベーション時において「メーカー既製品」を導入していません。今までのキッチンをリメイクしたものではありますが、扉には「無垢材」を使用することによって、キッチンにいる時間が楽しくなるように配慮し、さらに今まで使用していたキッチンパネルでは「古臭さ」がにじみ出てしまうため、新しいキッチンパネルに交換することによって、スタイリッシュなキッチンになっています。



さらに、賃貸のキッチンの最大の弱点と言えは、機能性。

戸建て用のキッチンと比べると、賃貸用のキッチンは「一回り小さい」ものを採用していることから、どうしても「調理スペースや収納スペース」が犠牲になってしまいます。


そこで当物件では、リノベーションを機に「調理台を取付けた可動式のキッチンカウンター」を導入して、使い勝手を格段に改善することに成功しました。



2.室内機能性改善に貢献してくれる漆喰の導入

リクシル住宅研究所が2015年に発表したリリースによると、築年数が経過している物件の「室内機能性」(=断熱、湿気、防音)に対して、不満を感じている方は、築年数が古ければ古いほど多くなりがちになり、さらに不満点を解消することができない場合には、引越しを検討している人が、約3割いることがわかっています。


近年施工された新築物件では、その点に関しては「ある程度」は改善しているはずではあるものの、全ての部分を100%改善させることができるような物件は、あり得ない話。


そこで、当物件ではリノベーションを機に、調湿性や吸音性に期待できる「自然素材の漆喰」を、上級グレードのリノベーション部屋に導入しています。


漆喰を施工することによって「保冷保温効果」「調湿効果」「吸音効果」が期待できることによって、特に夏と冬における冷暖房資料量を抑えられる効果=省エネ対応が可能となるので、ランニングコストの削減に期待することができます。


実際に、漆喰を施工した部屋にご入居されているお客様に、入居後における生活に関してお聞きしたところ、以前入居していた賃貸アパートと比べると、夏場の電気料金が「2000円安くなっていた」ことにびっくりしているとのことでした。


昨今「原油価格の高騰」のあおりをうけ、電気料金やガス料金が相次いで値上がりしていますが、この様な状況下の中でも、無理をせずに省エネ生活ができることから、ご入居者様にとっては、魅力的な物件であると言っても過言ではありません。



3.誰もが簡単におしゃれ生活を堪能できる

写真のお部屋は、当物件にご入居されたお客様のLDK。

リノベーション部屋と聞くと、おしゃれなアクセントクロスが施工されているケースが多いのですが、ただ「アクセントクロス」に関しては、お客様によって「好みが180度違う」こともあり、また入居当時はおしゃれに感じていたものが、1年後には「色がきつすぎて嫌だ」と不快に感じる方も、いるはずです。


そこで、当物件のリノベーション部屋においては、「室内に使用する色」を2~3色に抑えて「統一感がでるよう」に配慮しています。


こちらのお部屋においても、漆喰を使用していますが、通常の壁紙と比べると「漆喰には明光性がある」ことから、室内を明るくさせる効果が期待できます。道警所の家具を設置することによって、誰もが簡単におしゃれな生活を楽しむことができる点は、おきゃくさまからも高い支持を頂いております。



4.理想が現実になるリノベーション部屋

賃貸でおしゃれな生活をしたいと「本気」で思う場合、おしゃれな雑貨や家具などを購入しなければならないのですが、当物件のリノベーション部屋であれば、ナチュラルテイストになっていることもあるので、お手持ちの家具であっても、おしゃれな部屋を作ることは可能となります。


さらに、キッチンには「カフェ顔負けのペンダントライト」が設置されていることから、いつでも気軽におうちカフェを楽しむことができ、更に賃貸でこのようなキッチンが設置されているケースが「そもそもない」ので、お友達が遊びに来た際「驚かれる」のはもちろんのこと、場合によっては「羨ましい」と本音を出してしまう人もいるはずです。


山梨県内において、これからおしゃれな賃貸アパートで新生活を始めたいと考えている方は、ぜひ当物件に入居してみてはいかがですか?


グレイスロイヤルで現在募集中のお部屋▶▶今すぐお部屋を見る


 

おススメ記事

・甲府市で賃貸を探すならグレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む

・部屋探し中において内見ができない理由とは?▶いますぐ記事を読む  

・グレイスロイヤルリノベーションQ&A▶今すぐ記事を読む

 

#部屋探し

#築古

#リノベーション

閲覧数:2回0件のコメント