賃貸でウイルス対策を考えている方は、グレイスロイヤルへ


新型コロナウイルスが日本国内に発生して、早いもので1年以上が経過していますが、ウイルスは減少するどころか、ウイルスそのものが変異してしまい、新規感染者数が増加している地域が出てしまっている状態となっています。


感染症対策の基本は、とにかく「密」を避けることと、手洗いやうがいなどして、菌を持ち込まないことが大切です。

賃貸物件におけるウイルス対策は、基本的にお客様ご自身で行うこととなっていて、室内に「空気清浄機」等は設置されてはいません。


コロナウイルス新規感謝数が増加傾向がいまだに続いているので、ご入居者様の中には、すでに空気清浄機を取り付けているもしくは、今後導入予定の方も多いと思いますが、実は甲府市大里町にある賃貸アパート・グレイスロイヤルにおいては、フルリノベーション部屋を対象に、自然素材の漆喰を、室内壁に導入しています。



漆喰を導入することによって…

・抗菌、抗ウイルス対策をしてくれる

→漆喰壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制してくれる。

・調湿効果が期待できる

→室内が多湿/乾燥状態になると、漆喰が湿度コントロールしてくれる。

・ダニやカビの増殖を抑制する

→調湿効果が期待できることにより、ダニやカビの増殖を抑制してくれる

・室内空気を洗浄してくれる

→空気中の二酸化炭素を吸収してくれる


空気清浄機を導入しても、全てのウイルスを除去することはできませんので、新型コロナウイルスの根本的な解決方法にはなりません。


漆喰を導入することによって、全ての菌を除去することはできないものの、抗菌・抗ウイルス対策をしてくれるばかりではなく、調湿効果が期待できるので、夏場のエアコン使用量を減らすことが期待出来たり、また夏場は多湿傾向となることから、どうしてもカビが生えてしまうことが多いのですが、調湿効果が期待できる漆喰ならば、心配することもありません。


漆喰を賃貸で導入している所は、殆どないと言っても過言ではないことから、健康的な暮らしをしたい方にとっては、魅力的な部屋となりそうですね。



お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#ウイルス対策

#漆喰

#賃貸

0回の閲覧0件のコメント