賃貸の家賃発生日は入居日ではなく契約日。


これから賃貸物件を探される方は多いと思いますが、賃貸物件はお客様がお部屋申込をされてから、すぐに契約できるということではありません。


賃貸物件に入居するためには…

①家賃保証会社による審査

②管理会社(オーナー)による審査

の2つの審査を通過しなければ、契約に至ることはできません。


また審査にかかる時間は、個人差があるものの、審査~契約に至るまでの時間はおおむね2週間ぐらいと思ってもらえればいいと思います。



ここでよくある話ですが…

家賃の発生日は「入居日」なのか「契約日」なのか

という問題。


一見すると、家賃発生日は「お客様が入居された=引越しをされた日」とつい思ってしまいますが、これは間違った情報で、正しくは「契約をされた日」から家賃は発生しています。


特に注意をしなければならないのは、現在違う物件に入居されている方。

現在入居されている賃貸物件を解約しようと思った時は、退去予定日の1か月前までに管理会社に連絡をしなければなりません。一番理想なのは解約日と新居の入居日が「ほぼ同じ」であれば二重家賃をほぼ回避することができますが、ただ契約日に関しては、例えば1か月後に設定するようなことはできません。



契約日を先に延ばしてしまうと、仲介会社にとっては「お客様が契約をキャンセルしてしまう可能性がある」ことから、リスク回避のため、契約は1か月後でもOKを出してくれる仲介会社はまずありません。



ただ、賃貸住替えをされるお客様にとっては、できたら二重家賃は避けたいところ。

それを回避する方法が一つあります。

フリーレント物件に入居する事です。


フリーレント物件とは「家賃が一定期間無料」となるもので、賃貸住替えをされる方や、入居は契約日から1か月後になる方にとっては、魅力的なサービスとなります。


1点注意をしなければならないのは、フリーレントは家賃のみ該当し、それ以外の費用(共益費・駐車場代・自治会費など)といった毎月家賃と一緒に支払う諸費用分は、フリーレント対象外になります。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、公式サイトからお部屋申込をされたお客様のみ

2か月分のフリーレント

が自動的につきます。


また、敷金・礼金・仲介手数料も無料となりますので、他社仲介会社と比べて、初期費用の大幅削減ができるので、浮いた費用で新生活費用などに回すことが簡単にできます。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#初期費用 #賃貸借契約 #家賃発生日




閲覧数:9回0件のコメント