賃貸リビング・ダイニングの違いとは一体何?


賃貸物件において、お部屋を探す時、使用用途によって間取りは異なってきます。

ファミリータイプ物件において、家賃を抑えるならば「DK」を、くつろぎ空間を求めている方は「LDK」賃貸を探されることが多くなりますが、そもそも「D」とか「L」とかといった記号やその意味について、しっかりと把握されている方は、正直少ないのではないでしょうか?


そこで、今日のブログは、リビングダイニングの違いについて、また同じ広さであっても、ある設備があることによって、使用できる広さが異なる点などについて、お伝えいたします。


 

目 次

1.ダイニング・リビングについて

2.DKとLDKのメリットとデメリット

3.LDKにおいては、キッチンによって使用面積が異なる

4.まとめ

 

1.ダイニング・リビングについて

ダイニング・リビングについて

賃貸物件の間取りでよく出てくる、ダイニング=Dと、リビング=Lについて、なんとなくその意味は理解しているものの、詳細部分に関しては、あまりご存知でない方の方が多いのではないでしょうか?


ダイニングとは、食事をとるためのスペースのこと、またリビングは、くつろぐ空間を確保するために取るスペースで、一般的にはソファーやテレビなどを置くことができます。


間取りでDKとある部屋は、ひとつの空間に「ダイニングとキッチン」があることを示し、LDKは、キッチン・ダイニング・リビング空間があることを指します。


なお、最近では「室内空間を広く使いたい」と考えている方が多いため、DKの間取りは減少傾向となっていています。



2.DKとLDKのメリットとデメリット

DKとLDKのメリットとデメリット

DKとLDK。一見すると、L=リビングがあるかどうかの差となってるので、お部屋の使い方にもよりますが、一見すると家賃が安くなるDKの方がメリットがあるのではと思われますが、ただメリットがある一方でデメリットもあるのが世の常。


DKとLDKのメリット、デメリットについてまとめてみました。


【DK】

●広さの定義:1DK=DKの広さが4.5~8帖未満m、2DKは6~10帖未満

●メリット:

・ファミリー物件タイプに住みたいけれど、家賃予算を抑えたい方

・一人~二人暮らしで、モノがあまりなくても平気な方

・光熱費を抑えたい方

●デメリット

・DKの間取りは、あまり人気がないため、仮にあるとしても「築古」物件しかない

・食器棚などの収納をDK空間に置いてしまうと、部屋が圧迫してしまうかも?

・ダインんグテーブルや食器棚を置いてしまうと、ソファーを置くことが難しくなる


【LDK】

●広さの定義:1LDKは8帖以上、2LDK以上は、10帖以上

●メリット:

・室内を広く使いたい方には、最適な空間。

・ソファーやダイニングテーブルなどを置いても、広く使える。

・お子さんがいる場合、食事の用意をしながら様子を伺うことができる

●デメリット

・DKと比べると、家賃が高い

・部屋が広くなった分、掃除が大変

・物件によっては、エアコンの効きが悪くなってしまう



3.LDKにおいては、キッチンによって使用面積が異なる

LDKにおいては、キッチンによって使用面積が異なる

室内空間が広くなる「LDK」は、二人暮らし~子育てをされている方にとって、快適な空間になることは間違いありませんが、ただしLDKであっても「キッチン」が壁付け/対面によって、同じ広さであったとしても、使える広さは違ってくるので注意が必要です。


例えば、LDK12帖の部屋があった場合、キッチンが壁付けの場合は「LDK空間を最大限」使用することができますが、ただ対面キッチンの場合においては「キッチンだけで約4帖」のスペースを確保しているので、ダイニング・リビング空間として使用できる大きさは、キッチン分を除いた8帖分となってしまいます。


もし、対面キッチンが設置されている物件において、室内空間を広く使いたい方は

ダイニングテーブルを抜き

にしたレイアウトにすることによって、室内空間を広く使用することが可能となります。



4.まとめ

近年では、リビング内の様子を伺いながら料理ができる「対面キッチン」が人気となっているので、ファミリー向け新築賃貸物件においては、対面キッチンが最初から標準装備されているケースが、多くなってきています。


ただ、対面キッチンは「キッチンスペース」をある程度確保していることから、LDK全体が10帖ぐらいの部屋では、ダイニングやソファーを置くと、室内空間が狭めになってしまう可能性がありますので、もし1LDK以上の部屋をお探しの方で、対面キッチンを希望される場合には、LDKが10帖以上ある物件にしないと、人によっては息苦しく感じるかもしれません。




閲覧数:0回0件のコメント