賃貸入居時に部屋が汚かった場合、どのように対応すればいいの?


賃貸物件では、基本的に退去された後「退去リフォーム」「室内クリーニング」を行うのが一般的ですが、ただ中には「本当に掃除をしたのか?」と疑いたくなるぐらい、汚れている部屋も残念ながらあります。


募集中の部屋は、基本的に施錠されているので、ホコリに関してはどうしてもある程度出てしまうことは致し方がないことではありますが、ただ客観的にだれの目から見ても室内が汚れていた場合には、管理会社にクレームを言いたくなりますよね。


では、もし賃貸入居時に「室内が汚かった」場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?


管理会社に連絡する

室内があまりにも汚れていた場合には、すぐに管理会社に連絡してください。

大手管理会社物件においては、退去時お客様から「室内クリーニング費用」をいただいているので、原則として室内が汚れているようなことはあり得ない話。


また契約日前(お部屋をお客様に引き渡す前)には、管理会社の担当者が室内設備点検及び簡単な清掃作業を行いますので、室内が汚れているようなことはないのですが、もしあまりにも汚れていた場合には、管理会社に連絡してください。



契約書関係を確認する

大手管理会社物件においては、退去費用の中に「室内クリーニング費用」が含まれていることが多いので、退去後室内クリーニングは行われているはず。ただ明らかにクリーニングをされていないことが分かった場合には、その旨をしっかり管理会社に伝えてください。


お部屋探しをされる方の多くは、契約前に一度その部屋を見ているので、掃除をされているかどうかは一目瞭然でわかりますので、もし汚れているような箇所があれば、管理会社に連絡すれば、無償で掃除をしてもらえる可能性があります。 


賃貸借契約書の中に「特約」が記載されていて、その中に退去時の室内クリーニングに関する記載があります。退去後に行う室内クリーニング費用は入居されていたお客様が支払うことになっています。



室内クリーニングがされていない物件は要注意

賃貸物件では、ご入居されている方から「退去連絡」をもらった時点で、賃貸系ポータルサイト上において募集を開始します。退去されるお客様がご入居されている期間は、原則としてお部屋見学はできませんが、お客様が退去された後、お部屋見学をご希望される方に対しては、クリーニング前であったとしても、お部屋見学を受け付ける可能性があります。


ただし、一部の物件においては「家賃を下げる代わり」に退去リフォームなどを行わないところもありますので、このような物件に関しては室内クリーニングも行わない可能性が出てくるので、注意が必要です。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#室内クリーニング #賃貸借契約


2回の閲覧0件のコメント