top of page

部屋選びで迷っているなら、リノベ賃貸がおススメ。


現在賃貸物件を探している方の中には「どの部屋にしたらいいのか、わからない」方もいると思います。


賃貸サイト上において、希望条件を入力して、物件候補を数件に絞り「物件見学」をしても、双方に良いところや悪いところがあるので、すぐに決めることができない方は、恐らく結構いるのではないでしょうか?


もし、現在お部屋探しをされている方において、なかなか物件を決めることができない方は、リノベーション賃貸がおススメです。


 

目 次

 

1.新築と比べてメリットがいっぱい

新築と比べてメリットがいっぱい

リノベーション賃貸は、主に築年数が20年以上経過している物件を対象としたお部屋を、フル改装していますが、実は現在「新築」「築浅」物件を探されてる方が、リノベーション賃貸に入居されることによって、様々な恩恵を受けられることを、あまり多くの方がご存知ではありません。


(1)築浅物件より、家賃や初期費用が安い

リノベーション賃貸の最大のメリットと言えば、新築や築浅物件より「家賃が安め」となっているので、毎月の家賃を抑えることが簡単に可能となり、さらには家賃が安い分、初期費用も抑えられることから、浮いた費用を新生活費用や、将来のために「貯蓄」することが簡単にできてしまいます。


(2)デザイン性が素晴らしい

リノベーション賃貸を手掛けている管理会社などは、新築物件や築浅物件に入居される方を「ターゲット」としていますので、室内がとてもおしゃれになっているケースが多く、物件によっては、新築よりデザイン性が行ぐれている所もあります。



2.インターネット無料物件は避けるべき

インターネット無料物件は避けるべき

近年の賃貸物件においては、インターネット無料としている所が多くなってきていて、これは築年数が浅い物件ではもちろんですが、築年数が古い物件でも「集客強化」のため、インターネット無料対応としている所が多くなってきています。


インターネット無料対応となっていると、毎月の使用料金が発生しない点が、とても魅力的に映りますが、ただインターネット無料物件においては、通信速度は一切保証されていませんので、利用される方が多い「夜の時間帯」において、一斉に動画を見始めてしまうと、通信速度が低下してしまうことがあります。


今の時代、インターネットは仕事ではもちろんのこと、プライベートに至っても、利用されている方が多いため、インターネット環境破壊的な状態にしなければなりませんが、無料物件では「一つの回線を複数の部屋で共有」していることから、上記のような現象が発生しやすくなってしまいます。


また、毎月の使用料金が無料と合ったとしても、当然ながら使用料金は発生していて、その費用は「家賃や共益費」の中に含まれていることが多いことから、それならば「ご自身で好きなプロバイダと契約」されたほうが、結果的にはオトクになる可能性が高いので、リノベーション賃貸を探されている方は、あえて無料物件を避けたほうがいいのかもしれません。



3.家賃が安すぎる物件は、要注意

家賃が安すぎる物件は、要注意

実は、オトクでおしゃれなリノベーション賃貸であっても、家賃が安すぎるような物件は、正直おススメすることができません。


これは、当物件ブログ「家賃にお金をかけるべき」でもお伝えさせていただきましたが、家賃が安すぎる物件というのは、物件管理や入居者の質が低下している可能性が高く、入居者トラブルや設備不良が発生しても、なかなか対応してくれない管理会社があるので、家賃単体で判断してしまうと、入居後後悔してしまう可能性の方が高くなります。

さらに賃貸物件では、規模に応じて「年2回消防点検」を行わなければなりませんが、管理の質が低下している物件では「点検をしていない」所もあり、もし火災などが発生してしまうと、火災探知機がしっかりと作動しない可能性が高くなるので、人災被害が発生するリスクが高くなってしまいます。


4.まとめ

リノベーション賃貸は、家賃が安いのに室内空間が新築と同様もしくは、それ以上となっているため、生活費を抑えたいと思っている方においては、理想的な部屋と言っても過言ではありません。


ただその一方で、リノベーション賃貸においても「家賃が安すぎる」物件があり、一部の物件では、管理の質が低下している可能性が高いことから、あまりにも安すぎる物件には、入居しないほうが、得策かもしれません。


#部屋探し

#リノベーション賃貸


Comments


bottom of page