top of page

部屋探しの際避けるべき賃貸物件トップ5


近年の賃貸市場は物件供給数が飽和状態となっているため、希望条件に合致した部屋を見つけることは比較的簡単と言えます。



ただ賃貸物件に入居した方の約9割は「入居したことを後悔している」ことが株式会社Alba Linkの調査で分かっていますが、部屋探しで失敗する方の殆どは今回紹介する点を把握していない可能性が高いと言えます。



本投稿は部屋探しの際避けるべき賃貸物件5つを紹介します。



 

▶︎お知らせ◀︎


山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル

山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションしています。


ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。



 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】





1.部屋探しの際避けるべき賃貸物件トップ5


部屋探しの際避けるべき賃貸物件トップ5

以下に掲げる賃貸物件に入居すると後悔してしまうリスクが非常に高くなります。賃貸借契約が成立するまではキャンセル可能ですので、もし以下に該当する賃貸物件に入居申込された方はキャンセルされることをおススメします。



1)周辺にお店がない


公共交通機関があるエリアでは徒歩圏内/車社会のエリアでは車で5分圏内に生活する上で必要なお店(特にコンビニエンスストア/ドラックストア/スーパーマーケット)がないと、生活がとてもしにくくなります。



物件周辺にどのようなお店があるかについては、内見時に仲介担当者にヒアリングするか、もしくはグーグルマップなどを活用すると把握できます。



2)収納が足りない


レタスクラブが発表したリリースによると、賃貸物件の収納に満足していないと回答した方は満足している方の3倍以上いたとのことです。賃貸物件は限られた空間の中に設備や収納を設置しているため、満足できる収納スペースを確保することは難しいと言えます。



特に築年数が古い物件はクローゼットが標準対応していない可能性があります。クローゼットがないと「突っ張り棒」を購入して簡易クロ―ゼットを作らなければならないため、不便さを感じてしまいます。


3)リフォームされていない


賃貸物件は退去時に適時室内リフォームを行った上で募集を行います。ただ本来ならば室内リフォームが必要なのにあえて行わない物件もあり、この様な物件は古さが前面に出てしまっています。



リフォームに消極的な物件は、入居後設備トラブルが発生しても積極的に対応してくれない可能性が高くなるため、入居するのは避けた方が無難です。



4)共用部清掃が不十分


賃貸業界は家賃とは別に共益費を設定している物件が非常に多いです。共益費とは物件管理に必要な費用(物件清掃、共用灯の電気代、消防点検費用など)を借主全員で負担するものです。



共益費がある物件では物件清掃は必ず行われているはずですが、特に築年数が古い物件の中には共益費設定しているのに物件清掃去れていない/甘い物件があります。



物件清掃が行き届いていないと…



  • ごみが放置/ごみ置き場が汚くなる

  • 借主属性が悪くなる

  • 借主トラブルが多くなる



などの問題が発生しやすくなるため、安心して暮らすことが難しくなります。



5)告知義務対象物件


賃貸物件を退去する際必ず退去理由があります。転勤や住み替え等であれば問題ありませんが、ごく稀に騒音トラブルが原因によるものがあります。



騒音トラブルが原因で退去した部屋は、募集時に告知しなければならなくなります。もし当事者がまだ入居しているとトラブルに巻き込まれるリスクが高くなるため入居は避けた方が無難です。



2.築年数が古い物件は避けた方がいい?


築年数が古い物件は避けた方がいい?

部屋探しの際「築年数」はこだわるべきか悩む方は非常に多いですが、エイブルが築年数の許容範囲について2019年に発表したデーターによると…



  • 新築のみは全体の6%

  • 築10年以内/15年以内/20年以内が最も多い意見

  • 約4割弱はリフォームしていれば築年数は気にならない/築年数にこだわりはない



とのことで、多くの方は築年数が経過している物件も選択肢の中に入っていることがわかります。




近年では部屋探しの多様化が進み築年数が古いリノベーション物件に入居される方が多くなっています。リノベーション物件の魅力は見た目的には新築物件とほぼ同じなのにリーズナブルな家賃設定になっている点です。



ただリノベーション物件は築年数が経過しているため、築年数が浅い物件と比べるとトラブル発生率は高くなります。そのためリノベーション物件に入居する際…



  • 前借主の退去理由を聞く

  • 物件内観/外観が清潔かどうか

  • 設備トラブルが発生した際、貸主はすぐに対応してくれるか



を確認することで、トラブルを未然に防ぐことができます。


3.インターネット無料物件はどう?


インターネット無料物件はどう?

インターネット無料物件とは、既にインターネット回線が引いてあり、開設工事不要+無料でインターネットが利用できます。



インターネット無料物件は新築/築年数が浅い物件では標準となっていますが、後付け対応もできるため最近では築年数が古い物件でも導入されていることがあります。




インターネット無料物件に入居した方が、ランニングコストが抑えられるためメリットが大きくなると言えますがインターネット無料物件はひとつの回線を各部屋で共有するため、利用者が多い夜間帯は回線速度が落ちる可能性があり、またWi-Fiを利用する場合はWi-Fiルーターを用意しなければなりません。



そのため回線速度を重視したい方は、インターネット無料物件は不向きと言えます。





4.まとめ


まとめ

今回は部屋探しの際避けるべき賃貸物件5つを紹介しました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認しましょう。





賃貸借契約が成立するとたとえ正当理由があったとしても、契約キャンセルはできずまた初期費用は一部を除きほとんど返還されません。



そのため内見する際は今回紹介した内容は必ず確認すべきで、もし違和感があった場合にはすぐに仲介担当者に確認してください。




 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。



 


山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル

甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 

閲覧数:7回0件のコメント

Commentaires


bottom of page