おしゃれなナチュラルキッチンができるまで


賃貸でおしゃれなキッチンがあると、毎日の家事の時間がとても楽しくなりますよね?


特に新築物件に設置されているキッチンは、未使用状態を初めて使うことになるので、ワクワクしてしまいがちになりますが、ただその一方で「デザイン性」や「機能性」の部分においては、残念ながら「不満」を感じる方も少なくありません。


近年施工されたファミリー向け賃貸物件の場合、若い世代に人気がある「対面キッチン」が標準装備になっているものの、メーカー既製品を導入していることもあるので、新品という部分ではおしゃれであるものの、どこか画一的な要素が強くなってしまうため、慣れてきたときには「ちょっと残念な感じ」になってしまい、さらに機能性の部分においても、賃貸に設置されているキッチンは、スペースの関係上「調理スペース」がどうしても広めに確保することができないため、調理がしやすいキッチンかというと、そういうわけでもありません。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあり、2018年以降は随時リノベーションを行っています。キッチンに関しては特に力を入れていて、リノベーション部屋においては、全室「ナチュラルキッチン」を導入しているものの、当物件完全オリジナルで、世界にひとつしかない特別なキッチンとなっているため、ご入居されたお客様からは、高い評価を頂いています。


高い評価を頂いた背景には、職人さん達による「完全手作り」で、キッチン製作していることが挙げられます。今まで使用していたキッチンをリメイクした形ではありますが、賃貸物件では決して味わえない「温もり」「温かみ」をいつまでも感じられる特別なキッチンを製作するため、完成するまでには「約3週間」かかります。



1.キッチンを一度スケルトン状態に

キッチンを一度スケルトン状態に

当物件のナチュラルキッチンを作りあげる、第一歩とは

一度キッチン本体をスケルトン

状態にする所から始めます。


なぜスケルトンにするのかというと、キッチンパネルを新しいものに交換するためです。

今まで使用していたキッチンパネルは、使おうと思えば使えるものの、二十数年間使用していたため、年季が入ってしまっていますので、リノベーションを機に交換しますが、ただキッチン本体を一度外さないと「貼付け」ができないため、面倒ではありますが一度本体を全て取り外しています。


2.キッチンを一度スケルトン状態に

キッチンを一度スケルトン状態に

キッチン本体を一度取り外した後、新しいキッチンパネルを貼り付けるわけですが、キッチンの大きさに合わせないといけないので、現場で加工~取付を行います。


ミリ単位出加工しなければならないことと、余分なキッチンパネルはない事から、基本的に「一発勝負」で加工しているとのこと。さらにキッチンパネルの貼付け作業は「一人ではできない」ため、いつも二人体制で貼付けを行っています。



3.キッチン扉&カウンター製作

キッチン扉&カウンター製作

リノベーション工事がスタートすると、家具屋さんにおいては「キッチン扉」「キッチンカウンター製作」に入ります。


ナチュラルキッチンに取り付ける扉などは、本物の無垢材を使用していますが、キッチンの大きさに合わせないといけない事、またキッチン扉は「市販化」されていないことから、オーダーが入るたびに、家具屋さんの方で特注で製作してもらっています。



4.キッチン扉取り付け&カウンター搬入

キッチンパネル貼り付けが完了後、キッチン本体を元に戻したうえで、家具屋さんが完成したばかりの無垢材扉&カウンターをリノベーション部屋に運び、取付作業を行います。


キッチンカウンター上部には、ステンレスを設置しているので、大人二人掛で運ばないと、部屋に搬入することができないので、導入する部屋が2階の場合では、特に一苦労です^^



5.オイルステイン施工

オイルステイン施工

無垢材に汚れが付着してしまうと、汚れが木材内部にまで浸透してしまい、木材をダメにしてしまうことから、キッチン扉施工後に、木材保護の目的で「オイルステイン」を施工しています。


オイルステインを塗ることによって、無垢材の色が「一気に黄色」になります。


無垢材のメリットは、使えば使うほどに色が変色し、もっと濃い黄色に変わっていくことから、ナチュラル家具が好きな方にとっては、キッチンにいる時間が癒し空間になるかもしれませんね。



6.換気扇フード再塗装

換気扇フード再塗装

換気扇フードに関しても、今まで使用していたものをリメイクしていますが、ただ長年使用していた換気扇フードは、塗装が薄くなっているため「古臭さ」がどうしても出てしまいがちになっていました。


そこで、リノベーションを機に、再塗装を施したうえで「元の位置」に戻しています。



まとめ


如何だったでしょうか?

キッチン交換をするだけならば、それほど大変な工事にはなりませんが、当物件のキッチンの場合では、今まで使用していたキッチンを「リメイク」し、あえて付加価値をつけた状態で再利用していることから、費用も時間もどうしても掛かってしまいます。


ただ、時間をかけた分「キッチンの魅力」を思う存分楽しめることができる点では、他の賃貸物件より、はるかに上回っていると、確信しています。


閲覧数:2回0件のコメント