キッチンが充実している賃貸アパートとは?


1LDK以上のお部屋を探されている方にとって、キッチンが充実している部屋に入居したいものですが、ただ賃貸に設置されているキッチンは、お部屋に合わせて設置していることから、お客様の主観によって違いはあるものの、充実しているキッチンとは言えない可能性があり得ます。


賃貸お部屋探しの段階において、キッチンを見る時に「どの部分」を確認すれば、入居後快適なキッチンとなるのか、またもしキッチンの狭さを解消するためには、どのような対策を講じればいいのかについて、お伝えさせていただきます。


 

目 次

1.賃貸キッチンに共通していることとは?

2.キッチンの使いやすさを求めるならば、壁付けキッチンがいい

3.壁付けキッチンのデメリットを解消するものとは?

4.当物件のキッチンが高評価を頂いている理由とは?

5.まとめ

 


1.賃貸キッチンに共通していることとは?

賃貸キッチンに共通していることとは?

賃貸物件に設置されているキッチンは、食材などを切るときに使う「調理スペース」が狭めとなっていることから、調理スペースを広く使いたい方にとっては、シンクの上にもかぶせることができる「まな板」を設置しないと、一定規模の広さを確保することができません。


これは築年数が古い物件だけの問題ではなく、近年施工された新築物件のキッチンにも、いえること。


どうして満足できるぐらいの調理スペースが確保できないのかというと、これは賃貸物件特有の悩みの「室内の広さ」に問題があります。


調理スペースの広さを確保するためには、戸建て住宅に設置するようなキッチンを設置しなければなりませんが、ただ賃貸では大き目のキッチンを置く事によって、LDKの広さを確保することができないため、どうしても広めのキッチンを確保することができません。



2.キッチンの使いやすさを求めるならば、壁付けキッチ

  ンがいい

キッチンの使いやすさを求めるならば、壁付けキッチンがいい

1LDK以上の賃貸物件において、近年施工された新築物件では、対面キッチンが施工されています。


対面キッチンの良さとは、リビング内の様子を伺いながら料理ができる点。

特に小さなお子様がいるご家庭の場合、お子さんの様子を確認しながら料理ができる面においては、利便性が高いと言えますので、特に若い世代においては、圧倒的な支持を得ています。


ただし、賃貸キッチンの利便性全体を見渡した場合においてでは、対面キッチンより壁付けキッチンの方が、使いやすいと個人的には考えています。


【理由①:LDK全体の広さが違ってくる】

対面キッチンは「リビングと対面」するように設置されていることから、キッチンスペースとして約4帖を確保しなければなりません。例えば12帖LDKがあったと仮定した場合、壁付けキッチンは、キッチンスペース分=キッチン本体分であるため、LDKを有効活用することができますが、対面キッチンの場合、実質的に使うことができる広さは、キッチンスペース分を除いた8帖分となってしまうので、人によっては窮屈に感じてしまう恐れがあります。


【理由②:調理スペースがまな板1枚分ぐらい】

賃貸物件に設置されている対面キッチンは、戸建て用みたいに広めのキッチンを設置することが難しいため、どうしても調理スペースが狭めとなってしまいます。まな板1枚分以上の広さは確保しているものの、満足できるぐらいの広さとは言えないので、個人差が出てしまいますが、人によっては「使いにくいキッチン」となってしまうかもしれません。


【理由③:ニオイ&通路幅】

対面キッチンの場合、キッチンと対面して設置されている関係で、壁付けキッチンと比べると、調理中に発生したニオイが、室内に広がってしまう可能性が出てきますので、換気扇を回してもらうことは必須ですが、室内換気もある意味において行ってもらわないと、ニオイが残ってしまう(生活臭)可能性が出てきてしまいます。


また対面キッチンは「キッチン空間が固定」されているため、通路幅が限定されています。キッチン内に「ごみ箱」を設置される方もいるとは思いますが、通路幅が限定されているため、大き目のものを置いてしまうと、キッチン内を通る際に「イライラしてしまう」可能性が出てきます。



3.壁付けキッチンのデメリットを解消するものとは?

LDKを有効活用したいと考えている方にとっては、対面キッチンより壁付けキッチンの方が、絶対おススメ。ただ壁付けキッチンの場合、リビング側とは真逆に設置しているので、リビング内の様子を伺うことはできないのはもちろん、壁付けキッチンが設置されている物件は、主に築年数が経過している物件に多いことから、調理スペースが満足できるような広さではないので、利便性が高いキッチンとは、言えない可能性が高いのが正直な所。


ただし、その悩みを解消してくれるのが「キッチンカウンター」です。


最近では家具屋さんに「後付けのキッチンカウンター」が販売されており、上の写真は、若い世代に圧倒的な人気がある「IKEA」で販売されてるキッチンカウンター。


調理スペースとして活用することができるのは、もちろんのこと、カウンターテーブルとしての活用や、収納スペースも併設されていることから、壁付けキッチンが設置されている物件であっても、後から設置することによって、キッチンの使いにくさを解消することができます。


4.当物件のキッチンが高評価を頂いている理由とは?

当物件のキッチンが高評価を頂いている理由とは?

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、1993年築の物件であるので、2018年以降、空き部屋を順次リノベーションを行って募集しています。


リノベーションをしようと決意した際、当初「壁付けから対面キッチン」に変更しよう思っていましたが、工事費用が100万円近くかかり、さらにLDK全体が狭くなってしまうといった懸念があることから、それならば「古さを逆に生かしたリノベーションを行おうと、おしゃれなカフェのお店にあるような、居心地がいいキッチン」を製作しました。


無垢材をふんだんに取り入れた「ナチュラルキッチン」は、使えば使うほどに「色が変色」していくので、キッチンに立つ機会が多い女性で「ナチュラルテイスト好き」な方によっては、至福の時間になると言っても過言ではありません。


また当物件のナチュラルキッチンは、今まで使用していたキッチンを、リメイクしたものであることから、調理スペースは「まな板一枚」置いてしまうと、他のものが置けないぐらいの狭さであったため、リノベーションを機に「調理台を設けた可動式のキッチンカウンター」を新設・設置しています。


今までのキッチン調理スペースと比べますと、約2倍の広さを確保していることから、食材の下ごしらえをする際のみとはなりますが、対面で料理をすることができる点においては、ご入居者様からは高い評価を頂いております。



5.まとめ

キッチンが充実しているアパートと聞くと、どうしても新築・対面キッチンを連想してしまいがちになりますが、ただ対面キッチンは「約4帖のスペース確保のため、LDK全体が狭くなる」「キッチンとダイニングまでの移動が面倒」「調理スペースは思っている以上に広くない」ので、必ずしも充実しているキッチンとは言えないと思います。


一方、今ではあまり人気がない壁付けキッチンですが、後付けとなってしまうものの、キッチンカウンターを設置することによって、十分すぎる調理スペースが確保することができるのはもちろんのこと、カウンターテーブルとしての活用ができる点においては、一石二鳥となります。


当物件のリノベーション部屋においては、既存のキッチンをリメイクしたものではありますが、おしゃれすぎるナチュラルキッチンが標準装備になっていて、さらに完全手作りのカウンターも設置されていることから、壁付けキッチンのデメリット解消はできますので、デザイン性や機能性を重視したいお客様なら、絶対的にグレイスロイヤルのおしゃれなキッチンの方がおススメです。


#キッチン

#キッチン充実

#賃貸


閲覧数:3回0件のコメント