グレイスロイヤルなら、壁付けキッチンでもおしゃれなレイアウトが可能に


近年施工されたファミリー向け賃貸物件においては、対面キッチンが設置されていることが多く、壁付けキッチンが設置されている所は、もうないのではというぐらい、減少傾向となっています。


どうして壁付けキッチンが賃貸物件では衰退気味になっているのか?

それは、対面キッチンであれば、料理をしながら「リビング内の様子」を確認することができるので、若い世代を中心に「圧倒的な支持」があることから、今では当たり前に様に対面キッチンが設置されています。


しかし、賃貸物件で対面キッチンが設置されていると、キッチンだけで「約4帖」のスペースを使ってしまうため、、LDK全体で10帖程度の部屋の場合、ダイニングとリビング空間が狭くなってしまうという「悪循環」となってしまいます。


お部屋探しをされている方の中で「ダイニングとリビングは広く使いたい」と思う方は、むしろ「壁付けキッチン」がある賃貸を選択されたほうが「ベスト」であることがありますが、山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは「壁付けキッチンを採用」しているものの、おしゃれなレイアウトが可能であることから、若い世代にも受け入れられているので、キッチン空間に不満を感じている方は、誰一人いません。

 

目 次

1.おしゃれすぎるナチュラルキッチン

2.カウンターが設置されているので、使いやすい

3.壁付けキッチンだからこそ味わえる「広い空間」

4.統一感を意識するだけ、カフェのようなキッチンに

5.まとめ

 

1.おしゃれすぎるナチュラルキッチン

おしゃれすぎるナチュラルキッチン

山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、1993年築の2LDKアパート。

築年数が経過していることもあったので、2018年以降は「空き部屋を順次ナチュラルテイスト」に特化したリノベーションを行っていて、現在1部屋をリノベーションを行う予定となっています。


賃貸物件でリノベーションというと、大抵は「既製品」を使うのことが多いのですが、当物件は「他社との差別化」を図るために、あえて「ナチュラルテイスト」に特化したお部屋作りをしています。


当物件のリノベーションの代名詞と言っても過言ではない「ナチュラルキッチン」は、もともとは「今まで使用していたキッチンをリメイク」したもの。築年数が経過している部屋の設備を「交換」することによって、使い勝手はもちろんのこと「築古特有の古臭さ」を解消することができますが、その一方で「真新しいキッチンがあることで、強調過ぎる部屋」となってしまう恐れと、他のリノベーション物件も「同じような設備」を導入することから、どの部屋を見ても「同じように」感じてしまいます。


そこで、当物件では「築年数が古い」ということを「逆手」にとって、おしゃれなカフェのようなキッチンを製作すれば、部屋とマッチするのではと思い、現在のキッチンが生まれました。


扉は「本物の無垢材」を使用し、更に完成前には、木材保護のため「オイルステイン」を塗っているので、時間の経過とともに「飴色」に変色していくことから、キッチンにいる時間が至福の時間に変わり、女性のご入居者様からは高い評価を頂いております。



2.カウンターが設置されているので、使いやすい

カウンターが設置されているので、使いやすい

たとえおしゃれなナチュラルキッチンが設置されてあっても、使い勝手が悪ければ、料理をする際「イライラ」してしまいますよね?


そこで、当物件ではリノベーションを機に「おしゃれなキッチンカウンター」を導入しています。調理台を付けた可動式キッチンカウンターは、特注で作った一点物。カウンター上部には「ステンレス」が設置されていますので、カウンターを「対面式」にすることによって、憧れの対面キッチン風としてお使頂けるだけではなく、調理スペースを確保したことから、今までのキッチンと比べて「使い勝手が格段に向上」しました。



3.壁付けキッチンだからこそ味わえる「広い空間」

壁付けキッチンだからこそ味わえる「広い空間」

対面キッチンは、キッチンスペースがあらかじめ確保されているため、実際活用できるダイイングとリビング空間は、キッチンを除いた部分のみとなってしまうため、人によってではありますが、室内空間が狭くなってしまうことも懸念されます。


一方、壁付けキッチンの場合は「LDKを有効活用できる」ので、室内を広く使いたい方によっては、むしろこちらの方が絶対的に言いと言えます。また当物件のリノベーション部屋に設置されている「キッチンカウンター」は、可動式であるため、ご入居者様の使用状況によって「移動させる」こともできることから、室内をさらに広く使うことも可能となってきます。



4.統一感を意識するだけ、カフェのようなキッチンに

統一感を意識するだけ、カフェのようなキッチンに

室内をおしゃれにレイアウトしたい場合、室内空間を統一させることによって、すっきりしたおしゃれな部屋を作ることができます。


こちらのお部屋にご入居されていたお客様は、床材の色が現在使用しているカーテンや雑貨類と「同系色」だったことが、入居を決めた一つとのことですが、室内空間に使用する色を「まとめる」「限定する」ことによって、すっきりとした部屋を作ることができます。


また可動式のキッチンカウンターについて、「二人でキッチンに立っていても、カウンターを移動させることができたから、使い勝手が悪くなる」というようなことにはならなかったと、お話してくれました。


ライティングレールに「おしゃれな雑貨」を取付けることによって、キッチン全体が「映える」空間となることから、料理をしている時間が楽しくなりそうですね。


5.まとめ

いかがだったでしょうか?


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルでは、募集中のお部屋は「全ておしゃれなナチュラルキッチン」に変更してありますので、おしゃれなキッチンであることはもちろんですが、室内空間は「白をベース」としているので、おしゃれなレイアウトにするのは「苦手」に感じている方であっても、おしゃれな部屋を作ることは十分に可能。


また、これが試験的に「昨年行ったリノベーション部屋」において、可動式ではありませんが、IKEA製のキッチンカウンターを設置したところ、募集開始と同時に多くの反響をいただき、1か月もたたない間に「ご成約」となったことから、今後リノベーションする機会があれば、IKEA製のキッチンカウンターも導入する予定です。


 

おススメ記事

・生活感を感じにくい、ナチュラル暮らし。しませんか?▶今すぐ記事を読む  

・賃貸でシンプルライフ生活を楽しみたい。▶今すぐ記事を読む

・おしゃれなキッチンカウンターがある賃貸で暮らしたい▶今すぐ記事を読む  

 

#レイアウト

#リノベーション

#部屋探し


閲覧数:5回0件のコメント