リノベーション物件の上手な探し方とは?


近年の賃貸業界では、築年数が経過していても「しっかりとリノベーション対応」しているところは、お客様も積極的に内見される傾向となっています。


リノベーション物件の魅力と言えば

  • 築年数は経過しているものの、デザイン性&機能性は新築並み

  • 新築より家賃や初期費用条件が緩和されている

事が挙げられると思います。


ただ、リノベーションに関しては「しっかりとした定義」がないため、心無い物件では「リフォーム程度の工事しかしていない部屋も、リノベーションと言っている所もある」ので、リノベーション物件に入居しようと思っている方は、上手な部屋探しをしないと、入居後後悔してしまう可能性が、高くなってしまいます。


 

目 次

1.家賃が安い物件を選ぶのはNG

2.共用部や外観周りが奇麗かどうか

3.デザイン性及び居住性の確認

4.気になる耐震性、どうしたらいい?

5.まとめ

 

1.家賃が安い物件を選ぶのはNG

家賃が安い物件を選ぶのはNG

リノベーション物件のメリットは、やはり「築年数は経過しているものの、室内空間が新築並みになっている点と、家賃がリーズナブル」なところだと思います。


恐らくリノベーション物件に入居したいと考えている方の多くは…

家賃は抑えたいけれど、おしゃれな部屋に住みたい

と思っているはずです。しかし、家賃予算を抑えたいと思っていても、募集しているリノベーション物件の家賃が「安すぎる」ような所は、避けた方が無難です。


これは「賃貸業界あるある」ですが、『家賃と入居者の質は比例する』と言われていて、実際に家賃帯が安い物件では、ごく一部の方ではありますが「問題行動」を起こす方もいるので、場合によっては「トラブルに巻き込まれてしまう」可能性が出てきます。


さらに家賃帯が安い物件では、物件管理の質も低下していることが予想されます。

これは、知人が「某管理会社が手掛けたリノベーション物件」に入居した時の話として、上階から「漏水が発生」してしまい、自分が住んでいた部屋も「一部が水に浸かってしまい」管理会社に至急対応するように相談した所、なかなか対応してはもらえず、代替の部屋として用意されたのが、何と同じ物件内の違う部屋だったとのことです。


質の高いリノベーション部屋を手掛けている所は、正直なところ「家賃を値上げ」して募集しています。お客様の立場で考えた場合、家賃相場より家賃帯が高いと「どうして?」といった疑問が発生してしまいますが、しっかりとリノベーションしているところでは、しっかりとした部材を使用しているので、どうしてもコストが高くなってしまい、一部を家賃に上乗せして募集しています。


ただ上記のような物件では、しっかりとバックアップも取られていることから、リノベーション物件を探す際には、家賃が安すぎるような所は、避けた方が無難です。



2.共用部や外観周りが奇麗かどうか

共用部や外観周りが奇麗かどうか

賃貸物件を探される場合、可能であれば「アタリ物件」に入居したいものです。

ただ、お部屋探しをされている時「どこを確認」すれば、アタリ物件となるのか、正直分かりませんよね?


アタリ物件かどうかの見分け方としては、まずは「オンライン内見ではなく現地内見」を選択して頂き「ごみ置き場」「共用廊下」「アパート外観」に「ゴミや落ち葉」等が散乱しているかどうかを、確認するだけで、その物件が「アタリ物件」もしくは「ハズレ物件」かどうかがわかります。


アタリ物件では、しっかりと物件清掃が行き届いていて、ごみが散乱していることはまずなく、春から秋にかけては、雑草がどうしても生えやすくなりますが、アタリ物件では「雑草すらもあまり感じさせない」ぐらい、丁寧に管理がされています。


一方ハズレ物件では、モラルが守れない方がいる可能性があり、そのような方は「ゴミ分別マナーを守れない」「共用廊下に私物を勝手に置いている」ことがあります。こ

のような物件は、恐らくではありますが「仲介担当者もあまり勧めてこない」可能性があるので、もしも見学先物件が「汚い」場合には、「過去にトラブルを起こした方」「告知義務の物件かどうか」を確認すると、履歴がある場合には「担当者は告知をしなければならない」ので、アタリ物件かどうかを、判断することが可能となってきます。



3.デザイン性及び居住性の確認

デザイン性及び居住性の確認

(1)デザイン性について

リノベーション物件では、基本的に「リノベーション工事が完了した部屋」を紹介するケースが多いですが、一部のリノベーション物件では「アクセントクロス」と呼ばれる「おしゃれな壁紙を沢山使用」していることがあります。


アクセントクロスを施工する場合のポイントしては、1つの部屋の中で「壁1面」だけをアクセントクロスにすると、室内空間がおしゃれになりますが、リノベーション物件の中には「奇抜色満載」のアクセントクロスを乱用している所があり、内見時はおしゃれに見えていても、いざ入居する際「持ってきた家具と部屋との相性が悪い」「部屋が落ち着かない」といった問題が浮上してくることがあります。


アクセントクロスが悪いということではありませんが、入居後後悔しないためには

  • 統一感がある部屋を選ぶ

  • アクセントクロスは壁一面のみに使用している部屋を選ぶ

ことで、入居後後悔することはなくなります。


(2)居住性について

リノベーション物件では、基本的に「設備交換」は行われています。

ただ「備え付けのエアコン」に関しては、以前のものを使用しているケースが多いものの、物件によっては、入居前に「エアコンクリーニング」がされていない所もあります。


基本的には、エアコンクリーニングは入居前には行うケースが殆どですが、物件よって対応が異なっているのであれば、内見時に確認されたほうがいいのかもしれません。

(余談ではありますが、当物件ではエアコンクリーニングは対応済みです)



4.気になる耐震性、どうしたらいい?

気になる耐震性、どうしたらいい?

リノベーション物件は、基本的に「築年数が20年を超えている」ケースが多いので、お部屋探しをされているお客様とすると、いつどこで発生するかもしれない「大地震」が発生した際、入居先の物件が「耐震性に問題がないか」、非常に気になるところですよね。


耐震性に関してですが、物件が1981年以降に建てられたところでは、「新耐震基準」で施工されているので、耐震性の部分では問題はないと思われますが、ただ外壁塗装がしっかりと行われていない所では、外壁の劣化によって、雨水が構造躯体に入り込み、建物寿命を短くしている可能性がありますので、内見時において「外壁塗装はいつ行ったのか」を確認することで、安心して生活することができます。



5.まとめ

リノベーション物件に入居される際、デザインや居住性がよいところを選択してしまうと思いますが、可能であれば「仲介担当者がおススメするリノベーション物件を紹介」してほしいと伝えると、物件の比較ができるので、納得する部屋探しをすることが可能となります。


また繰り返しにはなりますが、住居費を節約したいという考えから、家賃が安いリノベーション部屋を選択してしまうと、ハズレ物件を引いてしまうケースが高くなることから、万が一、家賃帯を抑えたい場合には、仲介担当者に確認を取ってから、決められることをおススメします。

 

おススメ記事

・山梨でリノベーション物件といえば、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む  

・家賃を抑えた場合、ワケあり物件となってしまうの?▶今すぐ記事を読む  

・賃貸契約する場合、初期費用はどのくらいかかるもの?▶今すぐ記事を読む

 

#リノベーション

#部屋探し

#賃貸

閲覧数:3回0件のコメント