賃貸でトイレが詰まった場合、すぐ管理会社に連絡して!


賃貸物件において「設備不良が発生」することは、どの物件/築年数問わず発生してしまうもの。賃貸において設備不良が発生した場合、設備の所有権がオーナーさんにあるので、原則ご入居者様が勝手に対応することは「NG」となっています。


多くの賃貸物件では「管理会社に管理委託」をしているので、賃貸物件全般に関わる相談や悩みに関しては、管理会社に連絡してもらえれば、管理会社の方ですぐに対応してくれます。


24時間管理物件では、すぐに対応してくれます

また24時間管理をしている物件においては、管理会社の営業時間外(深夜や土休日)も対応していますので、そこに連絡してもらえれば、緊急性が高い事案はすぐに対応してくれるので、被害を最小限に抑えることが可能となります。


一方、24時間管理をしていない物件において、設備トラブルが発生した場合は、ご自身で対応して頂く事になりますが、近年賃貸トイレが故障したことによって、修理費用が高額になってしまったといったトラブルが急増しています。

24時間管理をしていない物件では、場合によってはトラブルに巻き込まれてしまいます

1.賃貸物件で起こり得る問題として

どうしてトイレ修理に関して、この様な高額請求を受けてしまったのかというと、24時間管理物件ではない所では、設備トラブルが発生した場合、原則としてはすぐに「管理会社」「物件オーナーさん」に連絡をしなければなりませんが、トラブルが発生した時間帯が「深夜」等の場合、連絡が取れない可能性が高く、この場合は、ご自身で「修理業者」さんに連絡して、一時的な対応をとってもらうことになります。


ただ、お客様の心理状態としたら「冷静」になって検索することができず、つい検索画面上に出てくる「低価格料金」の文字を見てしまうと、ついその言葉に惹かれてしまい、問合せをしたくなってしまうものですが、実はこれが高額請求をさせられてしまう「背景」となってしまいます。


2.トイレのつまりの原因

トイレのつまりの原因として、一番考えられるのは「トイレットペーパーを大量に流し過ぎた」「固形物を誤って流してしまった」場合が多いです。もし上記の行為をした場合には、故意過失による破損が適用されますので、修理費用は全額お客様負担となりますが、ただし仮に深夜帯において、この様な故障が発生したとしても、「何十万円」という高額な費用が発生することは「まず皆無」であり、百歩譲って深夜料金が適用されたとしても、すぐに終わるような作業であれば、1~2万円程度です。


3.広告設定されている修理業者は、要確認

どうしてこのような問題が発生しているかについて、Yahoo!ニュースによると、大手検索サイト上において「トイレの詰まり 解消法」等と入力すると『上位に広告付きの業者HP』が掲載されていて、「お電話一本ですぐに急行します」といった消費者心理をうまく使った「キャッチコピー」が掲載されているので、連絡したくなるような気持ちになってしまいます。



4.トラブル回避するためには?

本来ならば、数万円程度で済む費用が「20万円近く」までに膨れ上がってしまうと、誰もが気持ち的に落ち込んでしまい、これが実際に賃貸物件であると「自分自身を責めてしまい退去」したくなってしまいます。


賃貸物件でこのような問題を回避するためには、24時間管理をしている物件に入居するしか方法はありません。


24時間管理物件をしている管理会社の一部では、「24時間管理サポート」等といった名目で、毎月数百円程度の費用が発生(大抵はオプション扱い)している所があります。ネット上においては、有償の24時間管理サポートは「トラブルになる可能性が低い」ことから、加入するのは損といった意見が多いのですが、ただ本当にトラブルになったとき、冷静な判断を下すことは難しいと言わざるを得ないので、保険代わりという気持ちで、加入しておいた方が、結果的にはオトクになると言えると思います。


また、24時間管理サポートなどには加入していない場合には、万が一に備えて「24時間対応している業者」さんをあらかじめ調べ、可能であるならば「管理会社さんやオーナーさんの知り合い」の業者さんを紹介してもらえると、双方にとっても安心ですよね。



5.グレイスロイヤルは24時間管理

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、大手管理会社に管理委託をしているので、24時間管理体制となっています。さらに24時間管理料に関しても「無料」となっているので、管理会社の営業時間外にトラブルが発生したとしても、コールセンターに連絡してもらえれば、すぐに対応してくれます。


#24時間管理

#賃貸トラブル

#トイレ詰まり




閲覧数:38回0件のコメント