賃貸の入居審査は土休日を含んでも大丈夫なの?


賃貸物件に入居する際、入居審査が行われますが、お客様の中には、事情によりすぐに本契約(賃貸借契約)を結びたいと思っている方は多いと思われます。


実際3月後半には、会社及び官公庁の定期異動の時期が行われる関係で、転勤がわかった段階で、出来るだけ条件がいい物件を抑えたいと思うのが普通ですが、賃貸の入居審査は土休日を含めた日数で行われるのでしょうか?


1.基本的に土休日も審査は行います

近年では大手管理会社及び町の不動産屋さんが管理している物件の多くは、入居時に「家賃保証会社」に加入することを必須としているので、入居審査に家賃保証会社も含みますが、大手の家賃保証会社では「土休日」も営業しているので、入居審査は行われます。


家賃保証会社の審査は、何もなければ数日で結果がわかり、その後管理会社審査の方に回されますが、ただし管理会社では土休日は営業していない所もあるので、この場合は月曜日以降となります。(大体4~5日でわかります)


2.連絡がこない場合は何かがある 

入居審査は「家賃保証会社」「管理会社」がそれぞれ行い、両方の審査に通過しなければ、本契約を結ぶことができません。


審査そのものは、何ら問題がなければ数日で完了いたしますが、ただ中には審査が長期化(1週間以上)するケースもあり得ます。審査に時間をかけている場合の殆どは


・収入的に家賃を支払える能力がギリギリ

・過去に家賃振込に何度も遅れた

・お客様の言動がとても気になる


「収入的に家賃を支払える能力がギリギリ」の場合には、家賃保証会社が「連帯保証人をつけることを条件」に入居審査を許可することもあるので、もし管理会社からこのようなことを言われた場合には、ご両親に連帯保証人になって頂くようにお願いをして下さい。


なお入居申し込み日から過去5年間の中で

・強制退去処分を受けた

・3か月以上家賃滞納をしていた

・クレジットカードを滞納していた

上記の場合、家賃保証会社の信用情報(所謂ブラックリスト)に掲載されているので、入居申込をかけたらすぐに該当=一発で入居審査には通りません。つまり入居することができません。


3.すぐに契約を結びたい方は事前に相談

新年度から契約した部屋ですぐに暮らしたいと考えている方は、入居申込の際担当者に伝えておけば、入居手続きを早くしてもらえる可能性があります。

ただし、3月は多くの方がお部屋探しをされているので、場合によってはスムーズにいかないことも予想されますので、予めご了承ください。


また家賃保証会社及び管理会社審査が完了すると、担当者は賃貸借契約の準備に入ります。契約書作成のために、お客様には住民票などといった公的書類を準備していただく事になりますので、担当者から連絡があった場合には、ご準備をお願い致します。


住民票などの公的書類は、基本的に現在住んでいる市区町村役場で手続きをしなければ受け取ることができませんが、マイナンバーカードをお持ちの場合、コンビニエンスストアでも公的書類を受け取ることができます(一部地域・書類は除きます)ので、時間がない方でもすぐに受け取ることができます。(コンビニ交付検索はこちら)




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



物件住所

〒400-0053

​山梨県甲府市大里町2570

お気軽にお問い合わせ下さい

055-241-2218

お問合せの際、お客様情報を当物件を管理している管理会社にお伝えすることがあります。
​Amazonギフト券が必ずもらえる見学会ご参加の方は、専用フォームよりお申込み下さい。
  • Instagram
  • Twitte

© 2018 GRACE ROYAL ELEGANT ROOM  yamanashi