賃貸入居するならリノベ賃貸の方が絶対いい。その理由とは?


築年数が10年未満の物件では、退去後リフォームは最初限度しか行われていないケースが多く、逆に築年数が10年以上経過している物件では、どうしても古さが出てしまいがちになるので、リフォームやリノベーションをしている可能性が高くなりますが、予算の都合で築年数が経過している物件に入居する際、「リフォーム済み」の部屋か「リノベーション済み」の部屋のどちらに住んだほうがいいのか、迷う方もいるはずです。


賃貸業界あるあるな話をさせてもらうと、築年数が「10年~20年」までならば、定期的なリフォーム程度でも、十分すぎるほど室内がおしゃれになりますが、築20年を超えてくると、設備がだいぶ古くなってしまうため、リフォーム程度ではおしゃれ部屋を作ることは難しくなり、場合によっては「間取り」が今のライフスタイルと合わない可能性が出てきます。


そこで、設備や内装、間取りを一新する「リノベーション」をすることによって、古臭さの解消+機能性充実した部屋となるため、快適な生活を送ることができますが、それではリフォーム部屋とリノベーション部屋とでは「どちらが住みやすい」のかというと、個人的にはリノベーション部屋の方が「圧倒的に住みやすい」と推察します。


 

目 次

1.リノベ賃貸の狙いとは?

2.築年数が経過している分、家賃も安い

3.デザイン性の部分においても、リノベ物件が上手

4.まとめ

 

1.リノベ賃貸の狙いとは?

リノベ賃貸の狙いとは?

近年では、築年数が経過している物件を「リノベーション」する所が多くなってきていますが、そもそもどうして「リノベーション」を行うのか?お分かりでしょうか?


リノベーションをする最大の理由は、「古さ」「住みにくい」といったデメリットを解消することによって、今まで「築年数が古い物件」に興味すら持たなかった方に、少しでも注目してもらいたいと考えているためです。


そのため、リノベーション物件では、「古い物件」というイメージを完全に破壊するような工事を行うことから、リノベ前後の部屋を比べると「ここが本当に古い物件だったのか?」と思わず疑ってしまうほど、居住空間が新築と遜色ないぐらいに生まれ変わっています。


一方、リフォームしか行っていない物件では、原状回復とあまり変わりのない部屋となってしまい、さらに設備を交換することも「少ない」ことから、機能性やデザイン性の部分においては、完全に劣ってしまいます。



2.築年数が経過している分、家賃も安い

築年数が経過している分、家賃も安い

最新設備が充実している新築物件においては、家賃や初期費用が高額になっていることから、予算的に厳しい理由で、新築物件の入居を諦める方もいます。


一方、リノベーション賃貸は、築年数が20年以上経過している物件が多いことから、家賃の部分においても、新築と比べて「数万円」安くなっているのは当たり前となっていることから、新築や築浅物件に入居したいけれど、予算的に厳しい方ならば、リノベーション賃貸を選択されることによって、住居費を抑えられる効果が期待できます。


また、リノベーション賃貸と「築10~20年程度のおリフォーム賃貸」の家賃を比較すると、それほど大きな差異は発生しにくいことから、築年数があまりに気にならない方であれば、むしろリノベーション賃貸を選択したほうが、結果的にはオトク感が大きくなります。



3.デザイン性の部分においても、リノベ物件が上手

デザイン性の部分においても、リノベ物件が上手

リノベーション賃貸を手掛ける管理会社においては、新築物件を選ぶ方をターゲットにしているため、室内空間のデザイン性においては、強化している物件が多く、一部のリノベーション賃貸においては、若い方から圧倒的な支持を受けている「IKEAとコラボ」したリノベーション部屋を提供している所もあります。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいても、築年数が経過していることもあるので、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを行っています。

当物件のリノベは「ナチュラルテイスト」に特化した部屋作りをしていることから、温かみを感じられる部屋となっているので、ご入居者様から高い評価を頂いております。



4.まとめ

賃貸で新生活を始めたいと考えてる方の中には、新築物件や築浅物件に入居したいと考えている方がいます。


確かに設備面においては、築年数が浅い物件の方が、圧倒的に優位になるのは間違いありません。ただその代償として「初期費用や家賃が高額」となってしまうため、将来のために貯金をしたいと考えている方においては、むしろマイナスになってしまう可能性が高くなります。


一方、リノベーション賃貸の場合、築年数が経過しているものの、室内空間は「新築物件」と遜色ない感じになっていて、家賃もリーズナブルになっていることから、オトク感がものすごく大きいと言っても過言ではありません。


ただし、リノベーション賃貸と言っても、家賃帯があまりにも安すぎる物件は、何かしらの理由があるはずであることから、内見時には隅々まで確認されたほうがいいのかもしれません。


 

おススメ記事

・部屋探しでエアコン交換してとお願いしたら、対応してくれる?▶今すぐ記事を読む  

・フルリノベーション賃貸は、本当に住みやすいの?▶今すぐ記事を読む

・賃貸入居審査後、突然キャンセルされた。どうして?▶今すぐ記事を読む  

 

#部屋探し

#リフォーム

#リノベーション

閲覧数:5回0件のコメント