賃貸契約前後におけるトラブルでよくある事例とは?


賃貸物件に契約する際には、内見・入居審査などが行われます。

賃貸物件のクレームに関しては、入居後の方が比較的多い(特に騒音・家賃滞納問題)のですが、入居前もある程度のトラブルは発生しています。


そこで今日のブログは、契約前後におけるトラブル事例と、それに対する対応策についてお伝えいたします。


 

目 次

1.内見予約をしたのに、内見ができなかった

2.入居審査に落ちてしまった

3.入居後、エアコンからカビ臭がしてきた

4.入居後、床や壁にキズ・シミがついていた

5.まとめ

 

1.内見予約をしたのに、内見ができなかった

内見予約をしたのに、内見ができなかった

賃貸物件を借りられる時には、希望条件に合った部屋を数件ピックアップして、物件を紹介してくれている仲介会社に「内見予約」をされるのが一般的ですが、ただ場合によっては内見予約した部屋が「見られない」こともあります。


どうしてこのようなことが起きたのかというと、内見予約をされた部屋に「入居申込」もしくは「先行契約」となった可能性が高いからです。


賃貸業界は「早い者勝ち」の世界で、例えるならば「椅子取りゲーム」みたいなもの。仮に内見申込を先に行っても、後の人が入居申込をしてしまうと、契約をする意思がある方を最優先としてしまいますので、内見することはできません。


この話をすると、内見申込をしても入居申込=先行申込をした人が優位になると、思われがちですが、ただ内見は後回しにして先に契約を成立させる「先行契約」をされた方が、最上位となりますので、同時期に先行申込と契約をした場合、先行契約をされた方が、その部屋に入居することができます。


ただし、内見申込及び先行申込は、契約前ならばいつでもキャンセル対応可能となりますが、先行契約をした方については、すでに契約が成立しているので、お部屋キャンセルは不可となります。



2.入居審査に落ちてしまった

入居審査に落ちてしまった

賃貸物件に入居する場合には、必ず入居審査が行われます。


近年では、契約時に「家賃保証会社に加入」することを必須としている物件が多くなってきているので、大抵の賃貸物件では、保証会社と管理会社双方の審査を受け、それぞれの審査に合格しないと、入居することはできません。


保証会社審査においては「家賃支払い能力があるのか」「過去に滞納歴があったか」を調べ、管理会社審査では「再度家賃支払い能力があるのか」「入居者の人柄」等を確認した上、最終的にオーナー決裁をもらい、入居審査が完了となります。


入居審査に落ちてしまう場合、保証会社審査で何かしらのトラブルが過去にあったからで、大抵は「家賃/クレジットカード滞納」「強制退去歴」で引っかかった可能性が高いです。


保証会社審査に落ちてしまった場合、一部仲介会社では提携先の他の保証会社に「再審査」を請求し、そちらの方で問題がなければ、保証会社審査は完了となりますが、ただ管理会社審査において、落ちてしまった事実は把握しているので、現在の収入で家賃を支払える能力があるのかを、再度確認した上で、入居可否を決めています。


なお、保証会社審査に通過したものの「家賃滞納を過去に何度も繰り返していた」方については、その旨の情報は管理担当者にも報告が上がるので、場合によっては入居許可が出ない恐れもあります。



万が一、入居審査に落ちてしまい、入居することができない場合には、保証会社不要物件もしくは、保証会社を利用していない自主管理物件に入居するしか方法はありません。



3.入居後、エアコンからカビ臭がしてきた

入居後、エアコンからカビ臭がしてきた場合はすぐに管理会社に連絡

賃貸物件では、原則としてエアコンが最低でも1台は設置されています。


お客様が入居される前(厳密に言えば契約日前まで)に、管理担当者が室内確認を行い、設備などに異常や故障がないか確認した上で、お部屋を引き渡しますが、ただ管理会社によって、退去後に行われる「室内クリーニング」に「エアコンクリーニングが含まれていない」所もありますので、もしエアコンクリーニングが行われていないと、最悪「エアコンからカビ臭」が発生してくる可能性が高いです。


入居してすぐに設備不良が発覚した場合で、お客様の故意過失ではない場合には、無償対応することになっているので、もしエアコンから異臭や効き目が悪い場合には、すぐに管理会社に連絡して下さい。


 

当物件においては、退去後リフォームやリノベーションを行う関係上、その時に室内クリーニングを行っていますが、エアコンクリーニングはしっかりと行っているのでご安心ください。なお、入居前にエアコンクリーニングがされているかどうか、確認されることをおススメします。

 

4.入居後、床や壁にキズ・シミがついていた

入居後、床や壁にキズ・シミがついていた

賃貸入居前には、管理会社担当者が「室内確認」を行い、万が一室内の床や壁などに「キズ」「シミ」等があった場合には、契約日前までにしっかりと修繕を行った上で、お部屋を引き渡しますが、ごく稀ではありますが、担当者が見落としてしまう場合もあり得ます。


この場合、入居前からすでにあったものであることから、退去時に「原状回復に戻す必要」は一切なく、当然ではありますがこの費用は貸主=オーナーさん負担となります。


もしも入居後に、シミやキズなどを見つけた場合には、管理会社までご連絡下さい。



5.まとめ

賃貸物件は、オーナーさんの物件を借りることとなるので、入居期間中における「借主責任による破損や汚損」をしてしまった場合には、退去時に原状回復費用を支払わなければなりません。


ただ、室内をきれいに使用していれば、退去費用が「高額になることはまずない」と言っても過言ではないので、その点はご安心ください。




閲覧数:22回0件のコメント