3月中に部屋探しをする時、注意すべき点とは?

更新日:3月2日


一年の内で、最も賃貸のお部屋探しをされる方が多いのが「3月」。

3月は、進学や就職、会社の定期異動の時期が重なるため、引越しをしなければならない場合には、すぐに対応しなければなりません。


ただ、3月中はお部屋探しをされる方もいれば、退去をされる方もいるので、お部屋探しをされる方にとっては、一番厄介な月であることには間違いありません。


ただお部屋探しをされている方においては、少しでも条件に合っている物件に住みたいところ。では3月中にお部屋探しをしなければならない場合、どのような点に気を付けなければならないのでしょうか?


 

目 次

1.引っ越し料金が割高傾向に

2.即入居可能物件を中心に探す

3.契約までにかかる時間を逆算

4.引っ越し時期をずらせられる場合ならば、検討する

5.まとめ

 

1.引っ越し料金が割高傾向に

引っ越し料金が割高傾向に

1年の中で最もお部屋探しをされる方が多い3月は、引越し業界においても「最大の繁忙期」となってしまうため、3月中の引っ越し料金は、閑散期と比べると「割高傾向」になっています。


特に3月後半~4月前半にかけては、特に混雑が予想されることから、もし引っ越しをしなければならない時には、わかった時点で引っ越し業者にすぐに連絡されることをおススメします。


また国民生活センターの調べによると、引越しに伴うトラブル(見積もりミス/違約金を請求された)相談が寄せられているとのことですので、見積もりなどを取る際には、相見積もりをとってみたり、またわからない部分に関しては、そのまま放置せずに理解できるまで、担当者に相談されることをおススメします。



2.即入居可能物件を中心に探す

即入居可能物件を中心に探す

賃貸物件の募集は、現在ご入居されているお客様が「退去連絡を行い受理した日」からとなります。


つまり、現在募集中のお部屋において、契約手続きが完了すれば、いつでも入居ができる「即入居可」物件以外においては、退去後「室内クリーニング」やお部屋の状況に応じては「リフォーム工事が完了」しなければ、入居することができないため、3月後半にお部屋探しをされている方において、今すぐ契約希望したい場合「即入居可物件」しか選択することができなくなってしまいます。


さらに3月後半は、平日も含めて多くの方が「お部屋探しをされている」ことから、タッチの差で「入居申込」が入ってしまうことも、決して珍しい話ではありません。少しでも気になる場合は、すぐに「内見申込」をし、直感で入居したいなと考えた場合には「先行申込」をされることをおススメします。


また、3月後半は「仲介会社」にとっても「年に1回しかない書き入れ時」であるため、お客様からの入居交渉が入っても、オーナーさんがNGを出すことも十分にあり得ます。特に築浅物件では、交渉してもまず断られてしまう可能性が極めて高くなってしまうため、もし交渉を通しやすくするためには、築年数が経過している物件を選ぶしか方法はないと思われます。


3.契約までにかかる時間を逆算

契約までにかかる時間を逆算

一般的に「入居申込」をされてから「賃貸借契約」が成立するまで、およそ2週間はかかってしまいます。

もし少しでも契約手続きを早めたいとお考えの方は、事前に仲介担当者に伝えてもらえれは、少しではありますが「手続きにかかる日数を短縮」することができます。

(ただこの場合は、オンラインにおける契約手続きは難しくなります)


賃貸契約において、時間がかかる方の特徴があるとすれば、入居審査において「過去に滞納歴」や「家賃を支払える能力がない」と判断された方であり、もしこのようなケースに該当してしまうと、通常数日で結果がわかる「入居審査連絡」が1週間ぐらいかかってしまうことがあります。


もし、入居審査の合否連絡が「1週間」たっても連絡がない場合、恐らく入居審査上において問題が発生しているか、これはあまりないとは思いますが、担当者が入居手続きを忘れていた可能性もあり得ますので、もし上記に該当する場合には、仲介会社に確認電話をされることをおススメします。



4.引っ越し時期をずらせられる場合ならば、検討する

引っ越し時期をずらせられる場合ならば、検討する

3月後半~4月上旬ごろまでは、多くの方がお部屋探しをされていますが、ただ4月中旬以降になってくると、徐々にお部屋探しをされる方の人数が減ってきます。


お部屋探しをされる方が少なくなってくると、物件を募集しているオーナーさんにとって見たら「ものすごく焦って」きます。どうしてかというと、4月後半から「大型連休」が始まりますが、多くの仲介会社では「1月~3月まで無休営業」をし続けていることから、大型連休中は「定休日」にしている所が多く、さらに大型連休後~8月のお盆前までは、閑散期となってしまうため、オーナーさんの立場で考えると「4月中に何とか部屋を埋めたい」と考えています。


そこで、もし入居時期をずらせられる方は、4月後半を狙ってみることをおススメします。4月後半になってくると、入居交渉が通りやすくなるのはもちろんのこと、引越料金も平常料金に戻りつつありますので、少しでもオトクに入居したいと考えている方は、あえて3月中に入居せず、4月以降を狙ってみてはいかがですか?



5.まとめ

5月以降になると、もっとオトクになります

3月中に賃貸物件に入居される場合、入居にかかる費用が「割高傾向」となってしまうので、もし少しでも入居にかかる費用を抑えたいのであれば、4月以降がおススメ。


特に5月以降になってくると、お部屋探しをされる方が「もっと少なく」なるので、入居にかかる費用を抑えることができるだけではなく、担当者にとっても、お客様におススメしたいお部屋を複数ご紹介することができることから、お宝物件に入居することができるかもしれません。


 

おススメ記事

・山梨でデザイナーズ賃貸と言えば、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む  

・賃貸築年数は気にするべき?▶今すぐ記事を読む

・インターネット無料物件は、オトク?▶今すぐ記事を読む

 

#賃貸

#部屋探し

#入居時期

#山梨賃貸

閲覧数:7回0件のコメント