賃貸入居日を遅らせたい場合、どのようしたらいい?

賃貸物件を探されている方の大半は、あらかじめ入居予定日を決めているケースが多いため、それに合わせて部屋探しをされていますが、賃貸物件は「早い者勝ち」であるため、入居予定日が当分先であったとしても、現在募集中の部屋が「必ずある」という保証は、どこにもありません。


募集をしている物件によって対応は異なりますが、一般的には「賃貸借契約を結んだ日」から家賃が発生することが多いため、入居日が契約日から数か月先にになってしまうと、その期間中の家賃は「捨ててしまう」ことになってしまうので、非常にもったいないですよね?


では、予め入居日が数か月後であった場合、仲介会社にお願いすれば、家賃発生日を送らせてもらうことができるのでしょうか?


 

目 次

1.契約日を遅らせることは、ほぼ不可能

2.入居予定日がわかっている場合

3.フリーレントをつけてもらう交渉をする

4.契約後における長期不在は、要連絡

5.まとめ

 

1.契約日を遅らせることは、ほぼ不可能

契約日を遅らせることは、ほぼ不可能

一般的に、入居申込から賃貸借契約が成立するまでは、約2週間ぐらいと言われています。

賃貸契約を理解されている方においては、家賃発生日が賃貸借契約日であることを知っているので、もし入居申込をした日が「月の初め」であれば、契約日を「月末にしてほしい」と必ずお願いしてくるはずであり、仲介会社においても、1週間程度のことであれば、大抵は認めてくれるはずです。


しかし、賃貸業界においては「仮押さえ」という考え自体がないので、賃貸借契約を「1か月以上先」に先延ばしすることは、まずないと言っても過言ではありません。


仮に交渉をしたとしても、仲介会社では「お断り」をしてくるはずであり、もしあまりにも強引に先延ばしを主張してしまうと、仲介会社の方から「契約自体を断られる」可能性が高くなります。



2.入居予定日がわかっている場合

入居予定日がわかっている場合

入居予定日がある程度わかっている場合においては、そこから逆算してお部屋探しをする必要があります。繁忙期でなければ入居予定日の2か月前ぐらいから、物件探しをすればまず大丈夫ではありますが、目星をつけておいた部屋に「必ず入居できる」という保証は、残念ながらありません。


大まかなスケジュールとしては、入居希望日の2か月前あたりから、検索サイトなどを使って「入居条件に合った部屋を数件ピックアップ」しておき、その後内見を順次行い、入居希望日の1か月~数週間前までに「入居申込」を行っていれば、入居希望日前後で契約することができます。


ただし、賃貸業界においては、お部屋は「早い者勝ち」であるため、仮に内見予約をしたとしても、見学する前に「他の方が入居申込」をする可能性があり得ます。入居申込が入った時点で、申込をされた方が「最優先で審査」を受けることになるため、タッチの差で内見や入居ができないといったこともあり得ます。


直感で、どうしてもその部屋に入居したいという気持ちが「抑えきれない」場合のみは、裏ワザとして「先行申込」という方法があります。これは内見をする前に「入居申込」を先にしておく方法で、入居申込をした時点で「募集は一旦停止」されることから、事実上の仮押さえをすることができ、更には「気持ちが変わってしまってキャンセル」したい時には、契約前であれば、どのタイミングでもキャンセル対応が可能となります。


ただし先行申込ができるのは、1回のみとなっていますので、よほどのことがない限りは、先行申込をされないほうがいいのかもしれません。



3.フリーレントをつけてもらう交渉をする

フリーレントをつけてもらう交渉をする

先程もお伝えした通り、契約日を1か月以上先にすることは「不可能」ではありますが、もしどうしても「入居日が1か月以上先」になってしまい、家賃の支払いを回避したいのであれば、入居申込時に「フリーレントをつけてほしい」とお願いするしか方法はありません。


フリーレントとは、一定期間の家賃が無料(ただし共益費などの諸費用は対象外)となるもので、フリーレントがついていることによって、初期費用の中に含まれている「前家賃」の家賃部分と相殺することが可能となるため、お部屋探しをされている方においては、メリットが大きいと言われています。


フリーレント交渉は、正直「オーナーさんの考え次第」となってしまい、さらに1月~3月までは、賃貸業界においては繁忙期となるため、築浅物件で「フリーレントをつけてもらう」のは、少々ハードルが高くなってしまいます。


ただ、これに関しても正直な所「仲介担当者次第」の所もありますので、もしフリーレントをつけてほしいと思っているならば、契約することを前提とした交渉をしなければ、担当者もオーナーさんに説明することができませんので、仲介担当者をいかに味方に引き入れるかが、問われてきます。



4.契約後における長期不在は、要連絡

契約後における長期不在は、要連絡

賃貸物件においては、原則として「1か月以上部屋を留守」にする場合には、管理会社に連絡することになっています。


一般的に、賃貸借契約が成立したら「いつでも入居する事が可能」となるため、大多数の方は契約成立から1週間~2週間以内で引っ越しをされます。


ただ入居される日が「契約日から1か月以上先」になってしまうと、管理会社としても「安否を気にしてしまいます」ので、誤解を得ないようにするためには、事前連絡をして頂けると、対応もしやすくなります。



5.まとめ

いかがだったでしょうか?


一般的には「賃貸借契約が成立した日」から、家賃が発生するので、大抵の方は「それに合わせたお部屋探し」をされますが、どうしても入居日をずらしたいのであれば、フリーレント交渉をするしか方法はなく、また契約日そのものを1か月以上先にすることは不可能であるため、その点を予め理解しておく必要があります。


 

おススメ記事

・家賃保証料は退去時に返還されるの?▶今すぐ記事を読む

・室内クリーニングを免除させる方法はあるの?▶今すぐ記事を読む  

・退去された部屋はすぐに見学することができるの?▶今すぐ記事を読む 

 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。


 

山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル


甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 

#入居日

#家賃発生日

#賃貸借契約


閲覧数:321回0件のコメント