二重家賃問題を回避したい。どうしたらいい?


転勤や子育てなどによって、現在入居している物件を退去し、違う賃貸物件に住み返される方は多いと思いますが、「賃貸の住み替え」をすることによって、どうしても発生してしまう「二重家賃」は、多くの方が懸念されると思います。


基本的に「賃貸住替えされる」方は、引越し→すぐの入居を求めていることから、どうしてもこの問題が発生しやすくなるのですが、二重家賃を可能な限り解消させたいと思う時、どのような対応をとればいいのでしょうか?


 

目 次

1.二重家賃問題が発生してしまう理由

2.二重家賃問題を解消する方法

 ①同じ管理会社物件に住む

 ②フリーレントをお願いする

 ③契約日を月末にしてもらう

3.まとめ

 

1.二重家賃問題が発生してしまう理由

二重家賃問題が発生してしまう理由

賃貸の住み替えを行う際に発生してしまいがちな「二重家賃」が、そもそもどうして生まれてしまうのか、その背景について、お伝えさせてもらいます。


【賃貸退去ルール】

賃貸物件を退去する場合、「必ず退去連絡を管理会社」に行わなければなりません。

では退去連絡を「いつ」行えばいいのかというと、これは賃貸借契約書に記載されていますので、そちらをご覧頂けるとすぐにわかりますが、一般的な賃貸物件の場合は「退去される日より1か月前まで」となっています。


管理会社が「退去連絡を確認、受理」した日から「1か月後」には退去しなければならなくなり、また原則として「一度退去連絡を受理した時には、退去日を変更・キャンセル」することは難しくなりますので、急に「引越しが無くなったから退去そのものをキャンセルしたい」と申し出ても、NGとなってしまいます。


また、退去を受理した時、家賃支払い方法も、一部変更となります。

退去を受付けた当月分の家賃は、今まで通り「1か月分」の家賃が発生しますが、翌月(退去される月)分の家賃に関しては「日割り計算」で対応することになります。


【初期費用の中に、翌月分の家賃までが入っている】

一方、新居に入居する場合「契約前に初期費用」を仲介会社に支払わなければなりません。

一般的に「初期費用の平均は家賃4~6か月分」と言われていますが、初期費用の中には「当月分と翌月分の家賃」が含まれています。


大体の物件では、契約日を家賃発生日に設定していることが多いため、契約月の家賃は「日割り計算」、翌月分の家賃は「1か月分の家賃」となります。


【二重家賃がどうして発生してしまうのか?】

二重家賃がどうして発生してしまうのかに関しては、引越しのタイミングで「新居に荷物を搬入」しなければならないことが、最大の原因。退去日と契約日を可能な限り「同一日」にすれば、二重家賃問題を解消/もしくは新居先の家賃を抑えることができますが、ただこのようなことは現実的には「不可能」に近い話で、机上の空論と言っても過言ではありません。


しかし、裏ワザを使うことによって、新居先における初期費用を抑えることができることから、費用対効果は期待できます!



2.二重家賃問題を解消する方法

同じ管理会社物件で契約すると、仲介手数料が無料になる可能性がある

①同じ管理会社物件に住む

二重家賃問題を「解消」することは、事実上不可能に近い話ではありますが、ただ裏ワザを使えば、新居先における「初期費用」を抑えることが十分可能!


大手管理会社物件においては、新居先の物件が「旧居と同じ管理会社物件」の場合、特典を設定されてるケースが多く、因みに当物件を管理している管理会社においては、管理物件が同じの場合、本来は発生してしまう「仲介手数料1か月分」が無料となります。


このような特典は、他社管理会社においても「行われている可能性が高い」ので、もし住替えを行う際には、同じ管理会社が管理している物件に入居するというのも、ひとつの手ですね!


フリーレントがあると前家賃と相殺が可能に

②フリーレントをお願いする

フリーレントとは、一定期間の家賃(共益費や駐車場代は除く)が無料となりますので、フリーレントが設定されている物件では、初期費用の中に含まれている「前家賃」と相殺されますので、前家賃分を削減することが期待できます。


築年数が経過している物件では、入居促進を図るため「フリーレントが設定」されているケースがありますが、一方築年数が浅い物件においては、「入居希望者が多い」ため、設定されていないケースが圧倒的に多いです。


1月~3月は、賃貸業界にとって「最大の繁忙期」であるため、入居交渉をしたいと思っても、OKが出にくい可能性が高くなりますが、一方4月以降になると「閑散期」となってしまうため、逆に「入居交渉がしやすく」なるため、築浅物件であっても「フリーレントOK」になる可能性は十分期待できます。


なお、フリーレントが設定されている物件においては、短期間で解約されることを防ぐため「違約金が設置」されているケースが多いです。一般的には「契約日から1年未満で退去した場合、家賃1か月分」の費用を支払うことが求められますが、ただ物件によっては設定が異なりますので、その点は十分注意が必要です。



③契約日を月末にしてもらう

③契約日を月末にしてもらう

賃貸業界においては「契約日を1か月以上先延ばし」にすることはできません。

ただ、交渉をすれは「契約日を月末」に設定することは、十分可能です。


初期費用の中に含まれている「前家賃」には、「当月分」と「翌月分」の家賃が含まれています。当月分の家賃は「日割り計算」になるケースが多いことから、家賃発生日と契約日が「同日」であれば、可能な限り「月末に契約」した方が、多少ではあっても「家賃を抑える」ことが可能となり、実際に「契約日当日に引越し」をされる方は「稀」であるため、多少なりとも「月末契約」にした方が、お客様の立場で考えた場合、メリットが大きくなります。



3.まとめ

いかがだったでしょうか?


賃貸の二重家賃問題について、根本的に「二重家賃を解消」することは非常に難しくいのですが、ただ新居先における「初期費用」を抑えることができれは、事実上「二重家賃問題」は解消することができると言っても、過言ではありません。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、公式サイトからのお申込限定で…

・敷金、礼金、仲介手数料が無料

・フリーレント2か月付

・家賃保証会社に支払う初回保証料が特別価格

となっているので、二重家賃問題は「ほぼ解消」してしまうといっても、過言ではありませんので、甲府市内でお部屋探しをされている方は、ぜひ当物件にご入居してみてはいかがですか? ※当物件現在募集している部屋はこちら▶今すぐ部屋を確認する!


 

おススメ記事

・新婚夫婦には2LDK賃貸の方がオトクに!▶今すぐ記事を読む

・生活感を感じさせない、カフェ暮らし。してみませんか?▶今すぐ記事を読む  

・山梨県甲府市でオトクに賃貸を借りたい!▶今すぐ記事を読む  

 

#二重家賃

#賃貸住替え

#初期費用

#前家賃


閲覧数:9回0件のコメント