毎年更新となる賃貸保証料がキツイ。回避方法などはあるの?


近年においては、契約時において「仲介会社が指定する家賃保証会社」に保証料を支払うことが必須となっていることから、大手管理会社物件はもちろんですが、街の不動産屋さんが管理している物件においても、契約時に保証料を支払うことになってしまいます。


提携している保証会社によって、料金システムは異なってきますが、一般的な保証会社では、契約時に「初回保証料」として「家賃50~100%」分を支払い、その後毎年「更新料」という名目で1万円~2万円を支払うことになります。


ただ、保証会社に支払う「初回保証料」「更新料」に関しては、例外(賃貸借契約をキャンセルした場合)を除き、支払ったお金は「退去時には返金」されないことから、事実上の掛け捨てとなってしまいます。


もし交渉などを行えば、保証料及び更新料を回避することは可能になるのでしょうか?


 

目 次

1.家賃保証会社について

2.保証会社利用の背景

3.保証料及び更新料を回避する方法はあり得る?

4.どうしても保証料支払いがイヤな場合

5.まとめ

 

1.家賃保証会社について

家賃保証会社について

家賃保証会社について、簡単に説明すると、家賃保証会社が今のように普及されている前は、契約時に必ず「連帯保証人をつける」ことが条件となっていました。


一般的に、連帯保証人に慣れる方は「契約者との血縁関係が強い、ご両親及び親戚」となりますが、近年においてはライフスタイルの変化によって「連帯保証人の高齢化」「連帯保証人の支払い能力が弱い」「連帯保証人になってもらいたいが、事情によって頼むことができない」といった方が増えてきています。


そこで、2000年代から「家賃保証会社」が次々と生まれ、契約時に保証料を支払い、また年1回(保証会社によっては、更新ではなく毎月支払う所もあります)更新料を支払うことによって、保証会社が契約者の「事実上の連帯保証人」になってくれることから、今までと比べると、契約成立にかかるスピードが速くなりました。



2.保証会社利用の背景

今では、保証会社必須物件が圧倒的に多くなっていますが、どうしてここまで保証会社を利用する物件が増加傾向となってきたのかというと、その背景には「保証会社を利用することによって得られるメリット」が、管理会社及びオーナーさんにとっては多くなるからです。


保証会社を利用する前の時代では、家賃滞納が発覚した場合、管理会社が「家賃回収」を行うことになりますが、ただ家賃回収と言っても「あくまでも家賃を早く支払ってください」といった「お願いベース」となってしまい、家賃支払いが滞ってしまうと、当然ながらオーナーさんに支払われる家賃も、遅れてしまいます。


さらに家賃滞納が連続して3か月以上続いた場合、賃貸借契約上における「借主と貸主との信頼関係が破綻」したものをみなされるので、一方的に賃貸借契約を解除することができますが、ただご入居者様には「借地借家法による借家権」が認められていることから、もし退去をさせる場合には、正当事由が認められるが必要となってきます。


この正当事由を認めてもらうためには、司法判断を仰がなくてはなりません

もし裁判になった場合、高額となってしまう裁判費用は「オーナー負担」となってしまいますが…

家賃保証会社を利用している場合においては、滞納家賃及び裁判費用全額を保証会社の方で負担してもらえることから、オーナーさんや管理会社さんにとっては、利用する手はないと判断し、近年においては自主管理物件でも家賃保証会社加入するとができる「保証プラン」が誕生しています。



3.保証料及び更新料を回避する方法はあり得る?

保証料及び更新料を回避する方法はあり得る?

一部ネット上においては、お客様の方から「連帯保証人をつけるから、初回保証料を減額させてほしい」といったお願い方法があるとのことですが、確かにごくわずかではありますが、連帯保証人をつけることを条件に、入居審査を通すこともあります。


ただこの場合は、ご契約者様において「家賃支払い能力がギリギリ」と保証会社が判断し、支払い能力がある連帯保証人をつけることによって、家賃滞納を防ぐという目的から、連帯保証人をつけてほしいとお願いすることがあります。


一般的に「連帯保証人をつけるから、保証料を減額してほしい」と言われても、仲介会社においては「断られる」可能性が極めて高く、また保証料更新料に関しても、交渉自体は認められないので、諦める以外方法はありません。



4.どうしても保証料支払いがイヤな場合

どうしても保証料支払いがイヤな場合

どうしても保証更新料支払いがイヤな方は、保証会社を利用していない賃貸物件を選ぶしか方法はありません。


保証会社必須物件では、初回保証料と更新料支払いが必須となってしまうため、交渉したとしても「認められない」可能性が極めて高くなってしまうことから、それならば「最初から保証会社を利用していない物件」に入居するしか方法はありません。


ただし、現実的に保証会社を利用していない物件は、正直「家賃帯が低い物件」が多く、さらに管理及び入居者の質が悪い傾向になってしまうことから、この点は予め理解した上で、物件探しをしないと、入居後後悔してしまう可能性が出てきます。



5.まとめ

いかがだったでしょうか?


家賃保証会社の利用は、年々増加傾向となっており、今では「自主管理物件」においては保証会社を使うことができなかったのですが、近年においては一部家賃保証会社では、自主管理物件用のプランができたこともあるので、保証会社必須物件は、さらに増加することが予想されます。


掛け捨てになってしまう「保証料及び更新料」について、もったいないという気持ちは十分理解できますが、もし質の高い賃貸物件に入居したいのであれば、掛け捨てとなってしまう保証料及び更新料は「必要経費」という考え方をされたほうが、ある意味において納得されるのではと思われます。


 

おススメ記事

・フローリングが変色した!この場合、退去時の修繕費用は誰の負担?▶今すぐ記事を読む

・賃貸トイレの便座が壊れた!修理費用は誰になるの?▶今すぐ記事を読む  

・賃貸生活音トラブル。許容範囲はどこまで?▶今すぐ記事を読む  

 

#保証会社

#家賃保証料

#保証会社更新料

閲覧数:21回0件のコメント