賃貸の床を傷だらけにしてしまった場合、誰の責任になるの?


賃貸物件での生活が長くなると、どうしても床の部分に家具を置いた際に発生してしまう、所謂家具跡が残ってしまう場合、または家具を置いたことによる床の変色などが発生してしまいます。


これらは通常使用で発生したものであることから、退去時に管理会社から請求を受けることはありません。ではもし床が明らかに傷がついてしまった場合、退去時誰が修繕費用を支払うのでしょうか?

日常生活を送る上で発生してしまった「小さなキズ」に関しては「通常使用」と判断して、退去時精算をしてもらうことは殆どないと思われますが、ただ通常使用では考えられないようなキズ(至る所にキズがついてしまう)に関しては、通常使用で発生したキズであると認定されない場合が高くなりますので、退去時ご入居者様に「修繕費用」を請求される恐れが非常に高くなります。


入居時「敷金」を預け入れている場合は、敷金からの相殺となります。


ここで気を付けなければならない点は、お客様が故意による破損に関しては、減価償却の対象外となってしまうこと。


例えば賃貸物件の床材に、クッションフロアと呼ばれるものを使用している場合があります。


クッションフロアの減価償却は6年と定められていて、6年を超えたものに関しては価値そのものが1円になってしまいますが、これはお客様の過失かどうか判断することがわからない場合、減価償却から価値を算出して、どのくらいの