賃貸入居審査に落ちたけど、理由を教えてくれない。どうして?


賃貸物件に入居する場合、必ず入居審査が行われます。

近年では「家賃保証会社を利用している」賃貸物件が多くなってきたので、保証会社を利用している物件では、保証会社審査と、管理会社(オーナー)審査が行われ、両方の審査に合格されることによって、賃貸借契約を結ぶことができます。


一般的に、入居審査で落ちてしまう方は、ごくわずかと言っても過言ではありませんが、ただ入居審査に落ちてしまった方の立場で考えると、入居審査に落ちた理由は知りたいと考えますよね?


では、もし入居審査に落ちてしまった場合、仲介会社の担当者に連絡すれば、落ちた理由は教えてくれるのでしょうか?また落ちてしまう方に共通していることとは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

目 次

1.入居審査に落ちたことによる告知義務はない

2.入居審査に落ちてしまう人には共通点が…

3.家賃支払い能力があっても、入居審査に落ちることも

4.まとめ

 

1.入居審査に落ちたことによる告知義務はない

入居審査に落ちたことによる告知義務はない

入居審査に関する内容(審査に合格/不合格)に関しては、まだ契約が成立していないこともあるので、仮に入居審査に落ちてしまった場合があっても、そのことをお客様に伝える義務は「ない」ことから、万が一「落ちた理由」を担当者に聞いてみたとしても「お答えできません」といえば、それまでとなります。



2.入居審査に落ちてしまう人には共通点が…

入居審査に落ちてしまう人には共通点が…

入居審査に関する情報は、お客様にはお伝えすることはありませんが、ただ入居審査に落ちてしまうということは、何かしらの理由があるのは事実です。


実は、入居審査に落ちてしまう方にはある共通点があります。


1)過去5年間に「家賃滞納」「クレジットカード滞納」が複数回あった

家賃保証会社を利用している物件は、年々増加傾向となっていて、大手管理会社が管理している物件では、ほぼ間違いなく保証会社を利用しています。


保証会社は主に3つの種類に分かれていて、管理会社が独自で運営している保証会社以外の保証会社においては、信用情報機関に信用情報を確認することが可能となります。


過去5年間の間に「家賃滞納を繰返していた」「強制退去処分を受けた」「クレジットカード滞納があった」方は、一発で信用情報に引っかかってしまうので、もし過去に滞納歴などがあると、入居審査に通りにくくなります。


2)家賃支払い能力がないと判断

家賃支払い能力がないと判断された場合には、入居審査に落ちてしまうこともあります。

一般的に、家賃が手取り収入の3割以下である場合においては、入居審査に落ちることはありませんが、稀に支払い能力がギリギリの場合には、連帯保証人をつけることを条件に、入居審査を通すこともあり得ます。

(基本的に保証会社を利用する場合には、連帯保証人は不要となります)


3)入居申込時に、ウソの情報を記載した

入居する際には、仲介会社指定の「入居申込書」に、必要事項を記載することになっていますが、入居審査においては「勤務先などに在籍確認」を行うので、その時点でウソをついていたことが分かった場合には、入居審査は終了=お断りとなります。


なお、アリバイ会社などを使ったとしても、仲介会社の担当者は、常日頃から入居審査を行っているので、お客様の会話の中から「ウソを見破る」ことは十分可能であることから、アリバイ会社を使っても意味はありません。


またこれは実際に合った事例ですが、入居申込時において、仲介担当者は「入居する動機」に関する質問をしてきます。これに関しては「ごく自然的なこと」ではありますが、その際に「入居動機があまりにも曖昧」過ぎると、仲介担当者は「この人を入居させてしまうと、入居後トラブルを引き起こすのではないだろうか?」といった懐疑が生まれてしまい、管理担当者に報告することもあります。

 

これは管理会社担当者から聞いた話ですが、とある物件に入居希望を出していた方が、現在テレワークで入居後も「テレワークになる」と担当者に伝えたものの、今勤務している会社は「1年未満で退社」する予定ではあるものの、次の就職先に関しては「現時点では未定」であるとお話ししたそうです。


現在は勤務しているので、家賃支払い能力は当然ながらあるものの、現在の仕事はやめる意向を示しているものの、再就職に関しては未定といった発言をしてしまうと、この時点で「1年後は家賃滞納をしてしまうリスクが高くなる」ことを示唆しているので、管理会社担当者としては、入居動機があいまいな方に対しては、入居審査を厳しくしなければならず、さらにこちらの方は「現在の家賃は5万円台で、次に借りる部屋は7万円台」とワンランク上の部屋を希望されているものの、家賃支払い能力は実はギリギリであるため、最終的にはこちらのお客様は、入居拒否とさせてもらったとのことです。

 

3.家賃支払い能力があっても、入居審査に落ちることも

家賃支払い能力があっても、入居審査に落ちる可能性が…

入居審査は、実は物件見学の時からすでに行われています。


物件探しをされている方は、少しでも「家賃」「初期費用」が安くなるように、交渉をしてくることが多いのですが、その際に「高圧的な態度をとる」「クレーマー的な言い方をする」「自分は賃貸生活が長い」など、モラルに反するような言動や態度、また客観的に見ても「服装が汚らしい」ような方は、入居許可を出すことによって「クレーマー的な存在」になってしまう可能性が高くなるので、入居を断る可能性が高くなります。



4.まとめ


入居審査に落ちてしまう方の殆どは、滞納歴などがあったからのみ。

滞納1回ぐらいでは、大目に見てくれることがありますが、滞納を複数回してしまうと、入居許可が下りにくくなり、またこの事実は管理会社にも連絡が入りますので、保証会社審査は通過したとしても、管理会社審査でNGになってしまうことも、あり得る話。


また、入居される方のモラルに関しても、管理会社は非常に厳しく見ていますので、高圧的な態度や言動をしてしまうと、一発で落とされてしまいます。


#入居審査

#家賃保証会社

#管理会社


閲覧数:141回0件のコメント