賃貸でダイニングテーブルを使わない生活してみませんか?


1LDK以上の賃貸物件を探される時、恐らく入居する際には、ダイニングテーブルを置きたいと考えている方は多いのではないでしょうか?


実は、LDKの最低限の広さは「不動産公正取引協議会連合会」によって定められていて、1LDKの場合は最低でも8帖以上、2LDK以上の場合では10帖以上の広さがないと、LDKという表記をすることができません。


つまり、LDKがある物件では、理論上「ダイニングテーブル」を置く事は可能です。


近年施工された新築物件においては、人気が高い「対面キッチン」が設置されていますが、対面キッチンは「キッチンだけで約4帖」のスペースが確保されてあるため、実際に使用することができるダイニング及びリビング空間は、キッチンを除いた分となります。


例えば、LDK全体で10帖あったとしても、実際に使用できるダイニングとリビングは、キッチン分を除いた6帖となることから、ダイニングやリビングを広く使いたいと考えている方は、最低でも12帖~13帖ぐらいのLDKがある物件を検討する必要があります。


ただ、もしLDK全体が狭めであったとしても、ダイニングテーブルをあえて置かない生活を送れば、ダイニング空間が省略されるため、室内を有効活用することができます。


本投稿は、賃貸でもダイニングテーブルなしでの生活が可能かどうか、また当物件のリノベーション部屋(LDK)についてお伝えいたします。


 

▼目 次

1.ダイニングテーブルなしのメリットとは?

2.ダイニングテーブルの代用方法とは?

3.当物件ならば、脱ダイニングテーブル生活が実現

4.まとめ

 

1.ダイニングテーブルなしのメリットとは?

賃貸でダイニングテーブルなしのメリット

室内を広く使うことができる

ダイニングテーブルを置かないことによって、室内を有効活用することができます。

特に、対面キッチンが設置されている物件で、LDK全体が10帖程度しかない所では、無理してダイニングテーブルを置いてしまうと、室内が窮屈になってしまいます。


入居の際、購入しなくてもいい

1LDK以上の賃貸物件に初めて入居する場合、家具などを調達しなければならなくなりますが、最初からダイニングテーブルを使わないと決めた場合、新生活費用を抑えることができ、浮いた費用を他のものに回すことができます。


掃除が楽になる

ダイニングテーブルがあると、掃除をする際、椅子を移動したりすることになるので、人によっては面倒と感じる方も多いのではないでしょうか?


ダイニングテーブルがない生活となると、その手間がなくなりますので、時短掃除も可能となることから、ラクして家事をすることができます。



2.ダイニングテーブルの代用方法とは?

ダイニングテーブルの代用方法

ダイニングテーブルは、食事などをする時に利用するものであることから、代用することができれば、ダイニングテーブルを置く必要はありません。


LDKがある賃貸でダイニングテーブルをなしにした生活をするためには、リビング空間にダイニング機能を併せ持つ必要があります。


一番ラクな方法とは「リビングテーブル」を設置することです。

リビングテーブルを置くと、LDKが広くなる

こちらは、当物件のリノベーション部屋にご入居されている方のお部屋。

LDKだけでも13帖は確保されていることから、ダイニングテーブルを置いても、室内が圧迫感を感じることはないのですが、あえてダイニングテーブルは置いていないとのこと。


その代わりとして、リビングテーブルを採用することで、ダイニングとしての利用もできることから、室内を有効活用させることができます。




3.当物件ならば、脱ダイニングテーブル生活が実現

カフェスタイルのキッチンカウンター

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあるので、2018年からナチュラルテイストに特化したリノベーションを展開しています。


キッチンは壁付けタイプではありますが、機能性を充実させるために、おしゃれなキッチンカウンターを設置。可動式であるため、対面キッチン風にも使うことができることから、ご入居されたお客様から高い評価を頂いております。


先程ご紹介したリビングテーブルは、リビングとダイニングを融合させるメリットがある一方で、「たち座り回数が多くなる」ことから、それが面倒と感じている方にとっては、デメリットと言えます。


ただ、当物件のリノベーション部屋においては、椅子を用意して頂ければ、ダイニングテーブルとしての活用ができることから、二人暮らしをされるかたならば、十分代用することはできると推察します。




IKEA製のキッチンカウンター

一方、こちらの部屋には、IKEA製のキッチンカウンターが設置されています。


グレイスロイヤルは3棟からなっている賃貸アパートで、2棟に関しては原則として家賃値上げを目的としたフルリノベーション対応をしています。


一方、こちらの部屋がある棟においては、リノベーションを限定的にすることによって、家賃を据え置きとさせてもらっています。

費用圧縮の一環として、昨年たまたまIKEA立川店で、おしゃれなキッチンカウンターを見つけたので、試験的に導入した所、反響数がとても多く、募集開始後すぐに部屋が埋まったことから、それ以降こちらの棟をリノベーションする際には、IKEA製キッチンカウンターを採用しています。


IKEA製のキッチンカウンターは、カウンターがとても広いので、ダイニングテーブルとしての使い方も十分できます。そこで、IKEA製のキッチンカウンターが設置されている物件では、おしゃれな椅子も標準対応としています。




4.まとめ

今回は、脱・ダイニングテーブル生活について、お伝えいたしました。


ダイニングテーブルがないと、生活するうえで不安に感じる方もいるはずです。

ただ、ダイニングテーブルがなくても、代用することが可能であることから、室内を広く使いたい方や、LDKが10帖しかない物件では、ぜひ検討されることをおススメします。


 

▶当物件のリノベーションに関しては、過去記事をご覧下さい。

【過去記事】築30年アパートでもおしゃれインテリア生活を楽しめる

【過去記事】山梨賃貸でおしゃれな生活をしたいならば、グレイスロイヤル。

【過去記事】古い賃貸キッチンがおしゃれ空間に大変身

 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。


 

山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル


甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 





閲覧数:0回0件のコメント