top of page

賃貸入居審査に落ちたけど、理由を教えてくれない。どうして?


賃貸物件に入居する場合、必ず入居審査が行われます。



近年では「家賃保証会社を利用している」賃貸物件が多くなってきたので、「保証会社審査」と「管理会社(オーナー)審査」の両方の審査に合格されないと入居することができません。



一般的に、入居審査で落ちてしまう方はごくわずかと言っても過言ではありません。



ただ入居審査に落ちてしまった方の立場で考えると、入居審査に落ちた理由は知りたいと考えますよね?



本投稿は、賃貸入居審査に落ちた事実を仲介会社が教えてくれない理由について、お伝えいたします。





 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】


"賃貸入居審査結果について重要なポイント”




1.入居審査に落ちたことによる告知義務はない

入居審査に落ちたことによる告知義務はない

入居審査に関する内容(審査に合格/不合格)は機密情報となっています。


そのため入居審査の結果は合否のみ伝えられます。審査に落ちた場合仲介会社が理由を伝えることはできません。





2.入居審査に落ちてしまう人には共通点が…

入居審査に落ちてしまう人には共通点が…

賃貸業界的に、入居審査に落ちる確率はおよそ10%と言われています。先程もお伝えした通り仲介会社は入居審査に落ちた理由は一切教えてくれません。



実は入居審査に落ちてしまう方にはある共通点があります。以下3点に該当する方は要チェックです。



  • 過去5年間に滞納歴がある

  • 家賃支払い能力がない

  • 入居申込書に虚偽記載した



それではそれぞれの理由についてみていきましょう。



1)過去5年間に「家賃滞納」「クレジットカード滞納」が複数回あった


契約時に家賃保証会社利用しなければならない物件では、保証会社審査が行われます。


保証会社によって、信用情報機関に信用情報を確認することが可能となります。



過去5年間の間に「家賃滞納を繰返していた」「強制退去処分を受けた」「クレジットカード滞納があった」方は、一発で信用情報に引っかかってしまいます。滞納歴があると基本的には保証会社審査は通りにくくなります。





 

▶保証会社の詳細については、過去記事をご覧下さい。


 


2)家賃支払い能力がないと判断


家賃支払い能力がないと判断された場合、入居審査に落ちてしまうこともあります。


一般的に家賃が「手取り収入の3割以下」であれば、家賃支払い能力があると判断されます。


保証会社を利用する場合原則として連帯保証人は不要となりますが、家賃支払い能力がギリギリと判断された方については、連帯保証人をつければ入居許可を出すことがあります。




3)入居申込時に、ウソの情報を記載した


入居審査を行う際、仲介会社では主契約者の在籍確認を行います。


賃貸業界では収入が不安定な方(特に水商売系など)は入居自体を断ることが多いため、アリバイ会社を利用し実際に在籍しているかのように見せかけていきます。



在籍確認ができない場合、その時点で入居審査に落ちてしまうのはもちろんですが、在籍確認できたとしても仲介担当者が「怪しい」と判断した場合、管理会社/オーナーと協議し入居許可を出さないことがあります。







また入居申込を行う際、仲介会社では動機について質問してきます。動機が不明瞭だと判断されてしまうと入居審査が厳しくなり、場合によっては家賃支払い能力があっても入居を断れることがあります。



 

以下は実際にあった事例です。


  • 現在は会社勤務しているが1年後に退社予定で、次の就職先は決まっていない

  • 現在入居している部屋の家賃は5万円→新居家賃は7万円


仲介会社/管理会社の見解として、1年後家賃滞納が発生する可能性が高い/入居動機が曖昧/家賃支払い能力がギリギリ(現在の収入から判断)なため、入居拒否にしたとのことです。

 


3.家賃支払い能力があっても、入居審査に落ちることも

家賃支払い能力があっても、入居審査に落ちる可能性が…

入居審査は、実は物件見学の時からすでに行われています。


内見時/入居申込される際、家賃交渉などを行う方は多いことは仲介担当者は理解しています。



ただ交渉の際

  • 服装が明らかにおかしい

  • 社会モラルが欠落している

と仲介担当者が判断した場合、管理会社(オーナー)に報告することがあります。



所謂「属性が悪い」方を入居させてしまうと、確実にトラブルを誘発させてしまいます。賃貸借契約が結ばれた時点で借主には「借家権」が与えられます。



そのためトラブルを起こしたとしてもオーナーは簡単に退去させることができないため、内見時/入居申込時に属性が悪いと報告された方については、たとえ家賃支払い能力があったとしても入居を断ることがあります。





4.まとめ



今回は、賃貸入居審査に落ちた事実を仲介会社が教えてくれない理由について、お伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。






基本的に過去に滞納歴がない/主契約者が一定の収入があれば、まず入居審査に引っかかることはありません。


なお現在休職中/無職の方は入居審査が通りにくくなると言われているものの、理由と今後についてしっかりと説明することができれば、契約することは可能となります。


詳細は過去記事をご覧下さい。





 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。


 


甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 




Σχόλια


bottom of page