おしゃれなカウンターキッチンがある2LDK賃貸で暮らしたい。



リビングにいる家族とおしゃべりしながら料理ができる「カウンターキッチン」がある賃貸物件は、お部屋探しをする際「入居条件のひとつ」に加えている方も多のではないでしょうか?


近年施工されたファミリータイプの新築賃貸物件では、おしゃれなカウンターキッチンが設置されているものの、ほぼ100%と言ってもいいぐらい「メーカー既製品」を導入しているので、おしゃれにうるさい方にとっては、正直物足りないと感じるはずです。


山梨県甲府市にある2LDK賃貸アパート・グレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあるので、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを展開。ただ普通のリノベーションをしてもつまらないので、女性にとっては憧れてしまう「ナチュラルテイストに特化」した部屋となっていることから、キッチン空間にいる時間が「至福」と感じるだけではなく、使い勝手の部分においても、格段に良くなったことから、ご入居者様からは高い評価を頂いております。


 

目 次

1.世界にひとつだけのオーダーメイドキッチン

2.統一感あるおしゃれな2LDK

3.広々大空間を実現した2LDK

4.ダイニング機能を併せ持ったIKEAカウンターキッチン

5.まとめ

 

1.世界にひとつだけのオーダーメイドキッチン

世界にひとつだけのオーダーメイドキッチン

リノベーションを機に生まれ変わった、グレイスロイヤルのおしゃれなキッチン。


こちらのキッチンは、もともと設置されてあったキッチンを「あえてリメイク」しています。どうしてリメイクしたのかというと、競合他社がリノベーションをする際、大抵は「メーカー既製品を導入」するのが一般的。確かにこちらを選択したほうが、コスト的な部分において抑えられるので、コストが気になるのなら、断然メーカー既製品を選択するのが正解です。


しかし、メーカー既製品は「画一的なデザイン」であり、更にどの物件にも「同じようなもの」が設置されているので、差別化を図ることができないと考え、それならば「おしゃれなカフェのお店にあるようなナチュラルキッチン」を作れば面白いのではと考え、2018年以降にリノベーションした部屋においては、こちらのキッチンが標準装備になっています。


キッチン本体を一度「スケルトン状態」にして、キッチン扉及びカウンターは、家具屋さんにお願いして「特別に製作」してもらった無垢材を使っています。またキッチンパネルに関しては、古さがにじみ出ているため「新しいものを貼り付け」ているので、古さを感じることはまずないはず。


さらに、完成前には無垢材保護の一環として「オイルステイン」を散布している徹底ぶり。


時間の経過と共に、徐々にあめ色に変色していく過程は、ナチュラルインテリアが好きな方にとっては、たまらない空間となるはずです。



2.統一感あるおしゃれな2LDK

統一感あるおしゃれな2LDK

昨年ご入居されたこちらのお部屋。

ダイニングテーブル、カーテンを「床材と同系色」とすることによって、統一感が全面的に出るおしゃれなLDKとなっています。


当物件のキッチンは「壁付け」ではあるものの、家具屋さんにお願いして「特注の可動式のキッチンカウンター」を製作してもらっています。


こちらのカウンターは、移動することができるのはもちろんのこと、収納スペースも充実しているので、二人暮らしをされる方であれば、食器棚を用意することはないのかもしれません。そのぐらい収納スペースを確保してあるので、生活感を感じさせない、すっきりとした部屋を作ることができます。



3.広々大空間を実現した2LDK

広々大空間を実現した2LDK

こちらのお部屋は、4年ほど前にご入居されたご入居者様のLDK。


キッチンが壁付けということもあるので、LDK13帖分が確保されてあると、家具を置いても圧迫感を感じにくくなるので、ストレスを感じにくくなりますが、こちらのお部屋にご入居されているお客様は、あえて「ダイニングテーブル」を設置しておらず、リビングテーブルをダイニング兼用としていることから、さらに室内が広くなります。


ダイニングとリビングを一つにまとめることによって、室内空間を有効活用できる「大技」を使ったこちらのお部屋は、見た目以上にリビング空間が広々しているので、おうち時間が長くなっている今、ついリビングで転寝をしてしまいそうになってしまいます。



4.ダイニング機能を併せ持ったIKEAカウンターキッチン

ダイニング機能を併せ持ったIKEAカウンターキッチン

当物件で、2018年よリスタートした「ナチュラルテイストに特化したリノベーション」においては、無垢材で製作した「可動式のキッチンカウンター」を標準装備とさせてもらっていましたが、たまたまプライベートでIKEA立川店に行った際「おしゃれすぎるキッチンカウンター」が展示されてあったので、昨年たまたまリフォームする部屋があったことから、試しに導入したころ、これが大正解。


IKEAのキッチンカウンターは、カウンター部分がとても広いので「カウンターキッチン」としての使い方ができるのはもちろんのこと、ダイニングとしての使い方もできることから、一石二鳥どころか三鳥のカウンターと言っても過言ではありません。

IKEAキッチンカウンター内部

カウンター内部は、収納スペースがしっかりとあるため、こちらには使用頻度が高い食器を置く事によって、出し入れがとてもスムーズになることから、利便性が高いカウンターと言えそうです。


5.まとめ

いかがだったでしょうか?


賃貸でおしゃれなカウンターキッチンがあると、料理がしやすくなるのはもちろん、リビングにいる家族の様子やテレビを見ながら料理ができるので、若い世代には人気が高いキッチン。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいては、本物の無垢材を使用したおしゃれなナチュラルキッチン+カウンター機能が標準となっているので、壁付けであっても、これが苦になることはありません。


むしろ、賃貸では「ナチュラル素材を使っているキッチンは、あり得ない」ことなので、壁付けであってもカウンター機能がしっかりとあることから「使いにくいのでは?」といった懸念は無用です。


 

おススメ記事

・賃貸でナチュラルな暮らしをしたいのなら、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む  

・室内に使用している色を抑えているので、誰でもおしゃれな部屋を作れる▶今すぐ記事を読む

・山梨でおしゃれ&デザイナーズ賃貸と言えば、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む  

 

#おしゃれ賃貸

#カウンターキッチン

#リノベーション

閲覧数:6回0件のコメント