リノベ賃貸でおしゃれな暮らしをしてみませんか?


賃貸でおしゃれな生活を送りたいと考えている方は、結構多いはず。

ただおしゃれな賃貸というと、やはり「新築」「築浅」物件をつい連想してしまいますが、家賃が予算オーバーとなってしまったり、また予算的にはOKだったとしても、最寄り駅や会社からのアクセスが悪かったりするケースがあるので、築年数が浅い物件を探すとなると、正直家賃勝負になってしまいますよね。


ただ条件を緩和させて、リノベーション賃貸を中心に探してみると、条件に合った部屋を探すことが可能となってくるケースがあります。


不動産賃貸業界では、近年築年数が経過した物件を、積極的にリノベーションする傾向が強くなってきており、場合によっては「新築よりデザイン性が優れている」ところも、正直に言うと「ある」ので、お部屋探しがとても楽しくなってきます。


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、1993年に施工された2LDK賃貸。

築年数が経過していることもあるので、2018年以降は「空き部屋を随時リノベーション対応」していますが、ナチュラルテイストに特化したお部屋作りをしているため、カフェのような落ち着き&居心地が良い部屋となっております。


そこで今日のブログでは、当物件のおしゃれなカフェスタイルリノベーションについて、ご紹介したいと思います。


 

目 次

1.ビフォーアフターが凄すぎる

2.壁がおしゃれなのはどうして?

3.賃貸なのに、ペンダントライトがある

4.生活音対策も任せてください

5.洗面台がどうしてナチュラル系なの?

6.まとめ

 

1.ビフォーアフターが凄すぎる

リノベーション物件の魅力と言えば、やはり「リノベーション前と後で、どのくらい部屋が違っているのか」だと思います。


ただ、リノベーション前後のお部屋を確認することができるのは、残念ではありますが「担当者レベル」でしかわかりませんが、当物件では違います。


当物件では、オーナーである自分が「リノベーションを企画」しているので、リノベーション前と後の写真をしっかりと撮影しているので、どのくらいお部屋や生まれ変わったのかを、証明することができます。


リノベーションする箇所によって、温度差は違いますが、リノベーションをして一番変わっている場所は、やはりLDK。

同じ位置から撮影していますが、リノベーション前と後では、お部屋の印象度が180度違っていますよね。どちらがいいのかは「一目瞭然」。当然右側のリノベーション後の部屋ですよね!

当物件のキッチンは、リノベーションを機に「ナチュラルキッチン」に生まれ変わりました。今まで使用していたキッチンを「リメイク」したものであり、扉には「無垢材」を使用していることから、まるでおしゃれなカフェのようなキッチンに生まれ変わっています。


ただこのまま使用するとなると、調理スペースがとても狭くなってしまうため、使い勝手が非常に悪くなってしまいます。そこで、リノベーションを機に「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を取付けることで、利便性を高めることに成功しました。



2.壁がおしゃれなのはどうして?

壁がおしゃれなのはどうして

当物件の上級グレードの壁は、実は通常の壁紙を採用していません。

実は、自然素材の漆喰を採用しています。(一部エリア/部屋を除く)


漆喰を一言で言うと、おしゃれな塗り壁材。

壁紙みたいにすでに印刷されているものを施工するのではなく、漆喰を直接壁に塗ることになるので、漆喰をすべて塗り終わるまで、5日ぐらいはかかってしまいます。


さらに手作業でしていることが、ダイレクトにわかる部分として、壁にムラが発生しているところ。これは手作業で施工している「唯一の証拠」であり、ムラがあることによって、壁全体から「温かみや温もり」を感じることができるため、ホワイトインテリア空間となっていても、部屋が地味になってしまうことは「あり得ない」と断言できます。


漆喰を施工すると、実は生活上の悩みを「可能な限り解決」することができるので、とっても便利な塗り壁材なんです。


漆喰の効果は様々ありますが、目に目る部分として、その効果が実感できる部分は、夏場の電気代。夏場はエアコンを昼夜使用しないと、生活すること自体が難しくなってしまいますが、漆喰が施工されてあると「調湿効果」によって、エアコンなしでも「ムシムシ感」があまり感じなくなることから、省エネモードでも快適に生活することができ、その結果夏場の電気代を抑えられる効果が、実感できます。


以前、リノベーション部屋にご入居されたお客様に、取材をしたことがありますが、ご入居者様は、以前の賃貸と比べて「夏場の電気代が2000円安くなった」ととても驚いていました。



3.賃貸なのに、ペンダントライトがある

賃貸なのに、ペンダントライトがある

基本的に、賃貸物件の照明は「ご入居者様が用意」して頂くことが多く、明るさを確保するためには、どうしても「シーリングライト」を設置しなければならなくなります。


ただ、一般的なシーリングライト設置すると、生活感がにじみ出てしまうため、抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか?


そうかといって、市販のペンダントライトを設置したくても、ライティングレールの長さが足りないので、室内があまり明るくならないといったデメリットが生まれてしまうため、致し方なくシーリングライトを使っている方も多いと思われます。


しかし、当物件の上級グレードのお部屋には、最初から「おしゃれなペンダントライト」が設置されており、専用フックを取付けることによって、おしゃれな雑貨や観葉植物を吊るすことができるため、本格的なカフェのお店を再現することができちゃいます。



4.生活音対策も任せてください

生活音対策も任せてください

築年数が経過している物件に入居すると、生活音が気になる方も多いのではないでしょうか?


確かに、近年施工された新築物件と、当物件のような築古物件とでは、吸音・防音性は全く異なっていて、当然ではありますが「新築物件」の方が、性能的には優れています。


しかし、当物件においては、実はリノベーションを機に「対応」しているのでご安心ください。


(1)吸音性が期待できる漆喰壁

漆喰は、顕微鏡で見ると「無数の小さな穴」があり、構造的には「多孔質」となっています。多孔質になっているということは、吸音効果が期待することができ、実際「漆喰部屋」において、声を発すると「声が響く/壁に当たる」ような感覚がします。


これはおそらく声が漆喰壁に当たった時、反射しているものだと推測ができます。

通常の部屋では、声を発しても「声が跳ね返る」ようなことはないので、恐らく声が壁を通り越えているものだと、推測することができることから、通常のお部屋と比べると、漆喰が施工されている部屋の方が、吸音効果としては期待することができると思われます。


(2)クッションフロアを施工

当物件の1階と2階との間には、ALCコンクリートと呼ばれる「吸音材」が施工されておりますので、上階から発生した生活音(特に足音)が、ALCコンクリート版に当たることで、音を吸音し、階下に響く音を軽減してくれます。


ただ音は「柱などにも伝わってしまう」ため、モラルを守った生活をしてもらわないと、当然ながら階下に響いてしまい、クレーム問題となってしまいます。


そこで当物件では、リノベーションを機に「吸音効果が期待できるクッションフロア」を施工しています。(一部の部屋を除く)クッションフロアを施工することによって、三重構造(クッションフロア+フローリング+ALCコンクリート版)となることから、吸音効果が期待できる「スリッパ」を履いてもらうことで、階下に響く音をさらに軽減することが可能となります。



5.洗面台がどうしてナチュラル系なの?

洗面台がどうしてナチュラル系なの?

リノベーション物件では、キッチンや内装・間取りは一新されているものの、洗面台は「実はそのまま」の部屋が多いのですが、当物件の上級グレード(一部の部屋は除きます)では、ナチュラル洗面台を施工しています。


こちらも無垢材で製作した「一点物」であり、市販化されてはいません。

洗面台がここまでおしゃれになっていると、朝の身支度の時間が、とても楽しくなるのはもちろんのこと、ついつい身支度が長くなってしまいそうなので、ケンカになってしまうかもしれません。



6.まとめ

いかがだったでしょうか?


当物件のリノベーション部屋は、恐らくではありますが「今まで見たことがない」ような部屋になっているはずです。無垢材や漆喰などを、材料にこだわってリノベーションしているので、一般的なリノベーションと比べると、費用が掛かってしまいますが、ただ本物の材料を使っているからこそ、この味わいを楽しむことができる点は、お客様にとっては、家賃以上に価値がある部屋であると言えます。


当物件のリノベーション部屋にご入居されて、しばらくした時、ご両親やお友達などが「遊びに来られる」はずですが、初めて訪問された方は、当物件のリノベーション部屋に「大変驚かれる」とのこと。驚かれるということは、見る目があることにもつながってくるので、ご入居者様の株が上がることは、間違いないといっても過言ではないです。


 

おススメ記事

・2LDK賃貸インテリアレイアウトのコツとは?▶今すぐ記事を読む  

・デザイナーズ賃貸とリノベ賃貸、どちらがいい?▶今すぐ記事を読む  

・甲府市内でデザイナーズ賃貸と言えば、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む  

 

#リノベーション

#おしゃれ生活

#おうち時間

#山梨賃貸

閲覧数:1回0件のコメント