無理しない賃貸生活をするなら、リノベーション賃貸がおススメ


賃貸物件を探す時、築年数はどうしても気になってしまうものです。

予算さえ合えば、誰もが「築年数が浅い物件」を選択したいと考えますが、ただ賃貸業界の場合、築年数が浅い物件ほど「家賃は割高」となるので、「将来のために貯蓄をしたい」と考えている方においては、築浅物件や新築物件は「非常にハードルが高い」物件となりそうです。


一方、築年数は経過しているものの、室内が新築物件と遜色ないぐらい「おしゃれ」になっているリノベーション物件は、築浅物件と比べると「家賃が安い」ので、無理しない生活を送ることができるのはもちろんのこと、最近の賃貸業界は「空室率が悪化しているエリア」も多くなってきたことから、デザイン性を重視したリノベーション部屋もあるので、おしゃれな部屋に住みたいけれど、身の丈に合った物件を探している方においては、理想的な部屋と言えそうです。


そこで、今日のブログは「リノベーション賃貸の隠された魅力」について、お伝えさせてもらいます。

 

目 次

1.リノベーション物件とは何?

2.リノベーション物件の魅力

3.グレイスロイヤルのリノベとは?

4.まとめ

 

1.リノベーション物件とは何?

リノベーション物件とは何?

リノベーション物件とは、築年数が20年以上経過している物件を中心に、室内の設備や内装、または間取り変更をした部屋のことを指します。築年数が経過してくると、特に水回り部分が「古臭くなってしまう」ので、室内印象も悪くなってしまいます。


しかし、設備や内装・間取りを変更する「リノベーション」を行うことによって、築年数という単体だけで見てしまうと、印象は悪くなってしまいますが、室内は新築物件とほとんど変わりがない/場合によっては新築以上のデザイン性を誇る部屋もあるので、特におしゃれな生活をしたいと考えている方においては、理想的な部屋と言えそうです。


さらにリノベーション物件のメリットは、家賃がリーズナブルなこと。

新築物件や築5年以内の物件は、家賃はもとより「礼金設定」がされていることが多いので、初期費用や毎月の家賃が割高傾向となってしまいます。一方リノベーション物件は、新築並みの部屋なのに「家賃が新築より安くなっている」のは当たり前で、礼金に関しても、物件によっては「設定がされていない」こともあるので、将来のために貯蓄をしたいと考えている方においては、無理しない範囲内で「貯蓄することが可能」となります。



2.リノベーション物件の魅力

リノベーション物件の魅力

リノベーション物件の魅力と言えば、やはりデザイン性が優れているところです。


賃貸物件は「万人が受け入れられるような部屋作り」をしているので、どうしても、同じような部屋となってしまいがちになりますが、リノベーション物件は「築年数が古い」ことを払拭することが目的であるため、室内のデザイン性に力を入れている物件が多く、デザイン性だけを比較すると、リノベーション物件の方に「軍配が上がる」可能性は高くなります。


ただその一方で、家賃があまりにも安いリノベーション物件では、「無理やりリノベーションをした感じ」が見受けられ、更にデザイン性を強調するあまり、室内に奇抜な壁紙を使用している所もあります。


色の主張が濃い部屋は、内見時こそ「おしゃれに見えた」としても、入居後しばらく経つと「奇抜すぎる色が逆にストレス」に感じてしまう可能性が高くなります。さらにお客様がお使いの家具がお部屋にマッチしない可能性も出てきてしまうため、せっかくリノベーション物件に入居しても、オトク感を感じることが少なくなってしまいます。


また、リノベーション物件に入居すると「害虫が出やすい」といったイメージが強くなってしまいますが、害虫=ゴキブリに関しては、築年数関係なく「条件さえ揃えば、どの賃貸でも発生」してしまうので、リノベーション物件だけが、害虫が多いということではありません。


室内における害虫対策としては、「入居前に害虫駆除を行ってもらう」「生ごみはすぐに袋に入れて、密閉する」「段ボールをため込まない」「市販の駆除剤を有効的に使う」といった基本的な対策をすることで、ゴキブリが室内に入りにくくなります。



3.グレイスロイヤルのリノベとは?

グレイスロイヤルのリノベとは?

山梨県甲府市にある賃貸アパート・グレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあるので、2018年以降「空き部屋を順次リノベーション」を行っています。


当物件が行っているリノベーションは、よくあるようなリノベーションとは異なり、ナチュラルテイストに特化した部屋作りをしています。


可能な限り「自然素材」を使用することによって、室内空間に「温かみ」「温もり」を感じることができるため、おうち時間が長くなっても「居心地がいい生活」を送ることができるため、特に女性のご入居者様からは高い評価を頂いております。


(1)ナチュラルキッチン

当物件のリノベーション代名詞と言っても過言ではないぐらい、有名になってしまったナチュラルキッチンは、実は「今まで使用していたキッチンをリメイク」したもの。キッチン本体以外は、すべて新しく交換し、キッチン扉には「無垢材」を採用し、キッチンパネルはリノベーションを機に「新しいもの」に交換しています。


また、今までのキッチンでは「調理スペース」が狭すぎて、使い勝手が悪すぎてしまっていたので、リノベーションを機に「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を導入しました。

可動式となっているため、お客様の好きな位置に移動させることができ、更にカウンターとしての機能も充実していることから、ご入居者様からは高い評価を頂いております。


(2)機能性改善に貢献してくれる、自然素材の漆喰

築年数が経過している物件では、室内の機能性(断熱・湿気・防音)が低下し、不満に感じている方がいます。上級グレードのお部屋のみとはなってしまいますが、LDK・和室・洋室の全ての部屋に自然素材の漆喰を施工していますが、漆喰を施工することによって…

  • 保冷保温効果

  • 調湿効果

  • 吸音効果

が期待できることから、築年数が経過している物件によくある「不満点」を可能な限り解消することができる点は、リノベーション物件ならではの話。ただ漆喰を導入している物件は、殆どない事から、当物件に入居された方のみが、漆喰がもたらす良さを実感することができます。


(3)和洋折衷型賃貸

近年施工された新築賃貸物件には、和室部屋はないはずです。

一昔前の賃貸物件では、和室部屋があるケースはそれなりにありましたが、賃貸物件で和室部屋があると、退去時に表替えをしなければならなくなり「故意過失がなくても、表替え費用は借主負担」となってしまうため、「退去費用が必然的に発生してしまう」ような部屋には、入居したくない方が多くなったため、今まで和室部屋があった物件では、洋室に間取り変更するところが多くなってきています。


当物件は、築年数が経過していることもあり、新築当時から和室部屋がありましたが、和室部屋の魅力をもっと多くの方に知ってもらいたいと思い、「和モダン空間が魅力的」になる琉球畳を2017年より導入したところ、これが大正解!


琉球畳は、一般的な畳と比べて「堅苦しさ」は一切感じないどころか、畳自体がおしゃれになっているので、若い世代にも受け入れることができ、更には「退去時において、原則表替えが不要」となることから、お客様が破損や汚損などをしない限りは、退去費用は発生しない部分においても、歓迎されているので、当物件のリノベーションの代名詞のひとつに掲げることができます。



4.まとめ

いかがでしたか?

リノベーション物件と聞くと、おしゃれな部屋が多いけれど「本当に住みやすいのか」懐疑的になってしまいます。


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルでは、2018年より「空き室を順次リノベーション」していますが、上記の問題は「誰もが考えてしまう」ものであることから、ご入居者様にお願いして、入居後の暮らしに関して「取材」をさせてもらっていますが、取材に応じてくれた全てのお客様が「住みやすい」と回答して頂いたので、忖度していなければ、まず問題はないはずです。(笑)

 

おススメ記事

・人気が高い新築物件でも、デメリットはあります▶今すぐ記事を読む

・山梨でおしゃれ賃貸と言えば、グレイスロイヤルで決まりです!▶今すぐ記事を読む

・5月の大型連休後は、お部屋探しがオトクになります!▶今すぐ記事を読む

 

#おしゃれ賃貸

#リノベーション賃貸

#山梨賃貸おしゃれ

#山梨賃貸リノベーション




閲覧数:2回0件のコメント