壁付けキッチンでもおしゃれなレイアウトが自由自在!


近年施工されたファミリー向け賃貸アパートでは「対面キッチン」が設置されている場合が殆ど。リビング内の様子を伺いながら「料理ができる」ということで、特に若い世代から圧倒的な支持を受けています。


一方、築年数が経過している物件では、影付けキッチンを採用しているケースが殆ど。

壁付けキッチンは、一回一回振り向かないと「リビングの様子」を確認することができないので、一見すると「利便性が悪いのでは?」と思われますが、ただファミリー向け賃貸アパートにおいて、むしろ壁付けキッチンを採用されている部屋の方が、逆に利便性が高くなるということを、あまりご存知ではない方が多いと思われます。


そこで、今日のブログは「壁付けキッチンでもおしゃれなレイアウトが自由自在にできる」ことについて、当物件の事例を紹介したいと思います。


 

目 次

1.壁付けキッチンのメリット

2.当物件で採用している壁付けキッチン

3.ご入居者様はどのように使っている?

4.IKEAのキッチンカウンターはすごい!

5.まとめ

 

1.壁付けキッチンのメリット

壁付けキッチンのメリット、ご存知ですか?

ファミリー向け賃貸アパートで生活する場合、多くの方は「対面キッチン」をとても憧れますが、実は利便性のことを考えた場合、圧倒的に「壁付けキッチン」の方が使いやすいと言っても過言ではありません。


ではどうして、壁付けキッチンの方が「利便性か高い」と言えるのでしょうか?


(1)室内空間を有効的に使える

例えば「12帖LDK」が2部屋あるとして、1つの部屋には「壁付けキッチン」もう1つの部屋には「対面キッチン」が設置されていた場合、どちらのお部屋の方が「より広く使える」のかというと、ダントツで「壁付けキッチン」を採用している部屋となります。


どうして壁付けキッチンが設置されている部屋の方が、広く使えるのかというと、キッチン所有面積が大きく異なるからです。壁付けキッチンは「壁に接している」ことから、専有面積=キッチン本体のみとなりますが、対面キッチンは「約4帖」のスペースを確保していることから、必然的に「LDK全体が狭め」になってしまい、12帖LDKに対面キッチンが施工されていると、使えるダイニング・リビング空間は「約8帖」となってしまうので、その差は歴然となってしまいます。


(2)キッチン⇔ダイニングの移動がラク

壁付けキッチンは、キッチンとダイニング空間に「壁」はないため、出来た料理を第んダイニングテーブルに運ぶ、後片付けをする際には、数歩歩く程度となるため、移動がとても楽な点がメリットと言えます。


一方、対面キッチンの場合では、キッチンが完全に独立していることもあるので、キッチン⇔ダイニングに移動する時には、キッチン横を通る必要性=大廻をしなければならないことから、この点はかなりのマイナスポイントとなります。


(3)においが充満しにくい

料理を作る際には、どうしても「ニオイ」が出てしまうもの。

壁付けキッチンの場合、キッチンが壁に接していて、すぐ横に「換気扇」が設置されていることもあるので、調理中のニオイが「室内に広まりにくい」のがメリットですが、対面キッチンの場合、キッチンとダイニング・リビングが「対面」となっているため、換気扇を使用していたとしても、ニオイが室内に広がりやすくなってしまいますので、特にニオイが出やすい「焼き魚」をする際には「窓をあける」等の対策をしないと、生活臭の原因を作ってしまいます。



2.当物件で採用している壁付けキッチン

当物件で採用している壁付けキッチン

当物件は、1993年に施工された2LDKタイプの物件であるため、2018年以降「空き部屋を順次リノベーション」を行っていますが、リノベーションを機に「キッチンもリメイク」しています。


一般的なリノベーション物件では、メーカー既製品を導入する場合が殆どですが、当物件では、「入居初日からおしゃれなカフェ風生活を楽しんでいただきたい」「おしゃれなキッチンは家族を幸せにしてくれる」と考えているので、あえてリメイクという形を取り、キッチン本体はそのまま使用していますが、キッチン扉は「無垢材」に、キッチンパネルは「新しいものに交換」しているので、古臭さは一切感じられません。


また築年数が経過しているキッチンは、調理スペースがとても狭くなっていることから、食材などの下ごしらえをする時は、とても不便になってしまい、利便性をよくするためには、シンクの上にも置くことができる「まな板」を用意しなければなりませんが、当物件ではリノベーションを機に「調理台を付けた可動式のキッチンカウンター」を設置してます。


キッチンカウンターを設置することによって、従来の調理スペースの約2倍の広さを確保することができたため、食材の下ごしらえをするときや、配膳や後片付けをする時、カウンターとして使えるこ戸が可能となり、さらに収納スペースも併せて設置しているので、二人暮らしをされる方であれば、食器棚をご用意しなくても、十分対応できると思います。




3.ご入居者様はどのように使っている?

当物件のおしゃれなキッチンを、どのようにレイアウトしてあるのかについて、以前複数のお客様のお部屋を取材させてもらったところ、全ての部屋において「キッチンカウンターを対面」に置かれていました。


当物件で採用しているキッチンカウンターは、キャスターが設置されているので、レイアウトを自由自在に変えることができるので、お客様に合った使い方できる部分においては、利便性が高いカウンターであると言えます。


実際にこちらのキッチンを利用されているお客様の感想としては…

一目見て「こういうキッチン」は大好きだったので抵抗はありませんでした。正直に言うと、キッチンカウンターがない状態では(キッチンの)作業スペースが狭いので、料理がしにくいと思ったのですが、調理台が付いた可動式のキッチンカウンターがついていたので、料理がとてもしやすく、また収納スペースもたくさん確保してあるので、乾燥タイプの食品などはキッチンカウンターの上部引き出しに、下部収納には、調理器具などを置いていますが、余裕をもって収納できる点がメリットです。

もし欲を言えばこちらのキッチンは、キッチンをリメイクしたとのことですが、身長が大きめの男性の場合、このキッチンの高さでは少し料理がしにくいのかな?と思いましたが、それでもこのキッチンは、友達などが遊びに来た時「何このキッチン!」「このキッチン可愛い」と褒めてくれて、友達も住みたいと言っているとのことですが、ただその友達は今戸建て住宅に住むとの事なので、住めないのが残念と言っていました(笑)

また、LDKに備えづけのLEDダウンライトが思っていた以上に明るく、キッチン側にあるダウンライト2基+キッチンにあるLED蛍光灯だけで十分。ペンダントライトは友達が来るときは付けていますが、もちろん言われることは「何このキッチン‼超オシャレ」です(笑)

※こちらのお客様の感想の詳細は、別ブログで紹介しています。


4.IKEAのキッチンカウンターはすごい!

IKEAのキッチンカウンターはすごい!

当物件では、ご入居されるお客様に「喜ばれる部屋」づくりを常に考えています。

たまたまではありますが、以前IKEA立川店(当物件から一番近い)に行った際、おしゃれなキッチンカウンターが展示されていたので、試験的に「リフォームを行う予定がある部屋で導入」してみようと思い、設置したところ、これが大正解!


募集を開始して、すぐに反響・ご成約となりましたが、実はIKEAのキッチンカウンターは、自分が思っていた以上に「使い勝手」がとてもよく、またおしゃれな壁付けキッチンにもよく合っていることから、ご入居されたお客様からも「高い評価」を頂きました。



IKEAのキッチンカウンターは、固定式(ただし移動は可能)ではあるものの、調理スペースが「当物件で採用しているキッチンカウンター」よりさらに大きめとなっていることから、調理スペースとしては申し分ないのはもちろんのこと、ここまで調理スペースが広いと、賃貸アパートで「本格的なうどん」を打つことも、出来ちゃいます!


さらに調理スペースが広めになっていることから、二人暮らしをされる方限定にはなってしまうものの、キッチンカウンター兼ダイニングテーブルとしての使い方もできます。つまりIKEAのキッチンカウンターを設置することによって、室内空間をさらに広く使えることが可能となりましたので、一石二鳥となります!



5.まとめ

グレイスロイヤルのナチュラルキッチンは、使いやすい

当物件で採用している壁付けキッチンは、リノベーションを機に「カウンター機能」を標準かとしていることから、今までの悩みであった「調理スペース」と「収納スペースの確保」ができたのはもちろんのこと、無垢材を使用していることもあるので、使えば使うほど「キッチン全体から味わいが増してくる」ので、キッチンで家事をしている時間が、楽しくなってくるのは間違いありません。


さらに、壁付けキッチンは「LDKを有効的に使える」ことから、対面キッチンが設置されている部屋と比べると、圧迫感を感じにくくなる点は、トータル的見てもメリットが大きいと思います。


 

おススメ記事

・収納充実したグレイスロイヤルのナチュラルキッチン▶今すぐ記事を読む  

・新婚夫婦が賃貸を探す時、2LDKにしたほうがいい理由とは?▶今すぐ記事を読む  

・おしゃれなインテリア生活を送りたいなら、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む  

 

#壁付けキッチン

#キッチン

#リノベーション

#山梨賃貸

閲覧数:44回0件のコメント