グレイスロイヤルなら生活感が感じられない、おしゃれな暮らしができます。


賃貸物件を探される時、希望条件に合った複数の部屋を「比較」して、最終的に1部屋と契約されると思います。希望条件に合った部屋を見つけることができた部分においては、満足されていると思いますが、その反面「入居後に生活感がどうしてもにじみ出てしまう」部屋になっているのではないでしょうか?


今までなら「賃貸だからしょうがない」と、諦めている方も多いと思います。

しかし、お部屋探しにおいて「ある部分に着目した」探し方をすると、生活感を感じにくいおしゃれな暮らしをすることができるのをご存知でしょうか?


山梨県甲府市にある2LDK賃貸アパート・グレイスロイヤルでは、築年数が経過していることもあるので、2018年以降「空き部屋を順次リノベーション」を展開していますが、当物件では、ナチュラルテイストに特化したお部屋作りをしているため、「おしゃれな暮らしをしたい」と考えている方にとっては、まさに理想的な部屋と言えます。


今日のブログは、おしゃれな暮らしをしたい方は必見情報となる、当物件のリノベーションの暮らし方について、お伝えさせてもらいます。

 

目 次

1.どうしておしゃれな暮らしをすることができないの?

2.生活感をなくすための工夫

3.ホワイトインテリアは、おしゃれな暮らしができます

4.ご入居者様の感想とは?

5.まとめ

 

1.どうしておしゃれな暮らしをすることができないの?

どうしておしゃれな暮らしをすることができないの?

賃貸物件において、入居後におしゃれな暮らしをしたいと考えている方は、多いはずですが、どうして「おしゃれな暮らしをすることが難しい」のかというと、それは統一感がない部屋を選んでしまっているからです。


こちらのお部屋をご覧下さい。



この部屋は、当物件において10年ぐらい前にリフォームした部屋と、数年前にリフォームした部屋(両部屋とも同じ部屋です)で、現在ご入居中のLDK。両方の部屋を見比べてみて、どちらの方がおしゃれに感じますか?


パッと見た感じでは、左側の部屋の方が「おしゃれに感じる」かもしれません。

しかし、アクセントクロスやキッチンの棚の色が「派手」過ぎてしまい、ここに家具などを置くと、場合によっては「室内の色のバランス」が取れにくくなってしまい、疲れやすい部屋となってしまいます。


一方右側の部屋は、一見すると「地味な部屋」に見えてしまいますが、白をベースとした部屋は、どのような色の家具でも「お部屋と合いやすくなる」ことから、誰でも簡単におしゃれな暮らしをすることができます。


お洒落な暮らしをしたいのであれば、まずは「室内に用いている色」が少ない部屋を選ぶことが、とても重要です。



2.生活感をなくすための工夫

生活感をなくすような部屋を作ることができれば、お部屋にいる時間が長くなっても、おしゃれな暮らしをすることは可能です。


では、生活感をなくすような暮らしをするためには、どのような対策を講じればいいのでしょうか?


先程もご紹介させてもらいましたが、まずは「統一感がある部屋」を探すことが重要。最近の賃貸市場では「入居者様に気に入ってもらえる」ように、室内にアクセントクロスを施工している物件が多いのですが、中には「奇抜な色」を用いている物件も散見されます。


内見時はおしゃれに見えても、入居後しばらくしてくると「奇抜の色に疲れてくる」ことは明白ですので、出来ることであれば「室内に用いている色が2色程度」の部屋を選ぶことが重要。


そして、入居後に大切となってくるのが、実は照明器具。

築年数は一切関係なく、賃貸物件では「一部の部屋を除き、お客様の方で照明器具は準備して頂く」ことになっています。ただ、室内の明るさを求めるためには、どうしても「シーリングライト」を設置しなければならなくなりますが、一般的なシーリングライトを取付けると、照明器具自体が大きいので、生活感がどうしても出やすくなってしまいます。


それでは、生活感が出にくいような、おしゃれなシーリングライトを取付ければいいのではと考えてしまう方もいますが、デザイン性を追求するとなると、それなりの費用が発生してしまい、そこまでの費用をかけなくてもいいのではと、つい自分を責めてしまいがちになってしまいます。


当物件の上級グレードのお部屋においては、なんとLDKのみではありますが「ダウンライトとペンダントライト」が標準装備になっております。ダウンライトを取付けると、照明器具がとても小さいので、圧迫感を感じることはなく、すっきりとした部屋に見えてくることから、生活感を感じることは、まずありません。


さらにおしゃれすぎる「ペンダントライト」を取付けることによって、まるでおしゃれなカフェのお店にいるかのうような、居心地がいい生活を送ることができます。



3.ホワイトインテリアは、おしゃれな暮らしができます

ホワイトインテリアは、おしゃれな暮らしができます

当物件では「白をベース」としたホワイトインテリア空間となっております。

一見すると、「派手さがない」と思われますが、上級グレードのお部屋においては、自然素材の漆喰を採用しています。


漆喰を室内で用いることで、調湿性や消臭性などといった効果が期待できるので、一般的な賃貸物件と比べると「暮らしやすい」のは明白ですが、実は漆喰には「明光性」があり、自然光が漆喰に当たると、それを反射させる性質があることから、一般的な賃貸物件と比べると、室内の明るさが180度違ってきます。

同じ部屋におけるリノベーション前と後では、ここまで明るさが異なってきます。

どちらの部屋に住みたいのかといえば、断然リノベーション後のお部屋ですよね!



4.ご入居者様の感想とは?

ご入居者様の感想とは?

ここまで当物件の「おしゃれなリノベーション部屋」における「入居後のおしゃれな暮らし方」について、お伝えさせてもらいましたが、ただ本当に当物件のリノベーション部屋に入居すると、おしゃれな生活を送ることができるのか、疑問に感じている方は多いはずです。


そこで当物件では、フルリノベーション対応した部屋にご入居されているお客様に、入居後インタビューをさせていただいておりますが、今回2019年にご入居されたお客様インタビューを一部紹介させてもらいます。(詳細はこちらをクリック▶今すぐ記事を読む

築年数が経過している物件というだけで、入居することに抵抗を感じているのは本当にもったいないです。グレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、室内外しっかりと管理されていて、リノベーション部屋も、よく見かけるようなリノベーション部屋とは全く別次元のもの。
女性が喜ぶような設備を導入しているので、友達を部屋に呼んだ時必ずと言っていいほどおしゃれな部屋と言ってくれるので、正直とてもうれしくなります。
これだけしっかりとリノベーションを施しているので、家賃が高いといった印象は今でも思いませんし、また初期費用が前の物件と比べると10万円ぐらい安い点も魅力的。初期費用が安ければその分室内におしゃれな雑貨や家具などを置きたいと思いますので、初期費用の安さの点においても、グレイスロイヤルは友達にもおすすめしたい物件。

5.まとめ


いかがだったでしょうか?


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過しているものの、室内は「おしゃれなカフェの店内」を彷彿させるような、居心地がいいリノベーション部屋となっております。


さらに上級グレードのお部屋には、漆喰が施工されていますが、漆喰を施工すると、室内の機能性が改善されることから、特に夏場のエアコン電気代を抑えられる効果があり、少ない冷房でも効率よく室内を快適にすることができるため、ご入居者様からの評価も高くなっています。


お部屋探しの際、参考になれば幸いです。


 

おススメ記事

・築30年近い物件が人気物件に早変わり!▶今すぐ記事を読む  

・賃貸玄関でもおしゃれインテリアを楽しめる。▶今すぐ記事を読む

・2LDK賃貸おしゃれレイアウトのコツとは?▶今すぐ記事を読む  

 

#リノベーション

#おしゃれな暮らし

#おしゃれ賃貸

#グレイスロイヤル




閲覧数:0回0件のコメント