家賃にお金をかけるべき。


こんにちは!


賃貸物件に入居されている方にとって、毎月支払う家賃は、出来ることならば少ない方がいいに決まっていますよね?

一般的賃貸を探す場合、手取り家賃の3分の1以内の物件に入居すれば、カツカツになることなく生活ができると言われてはいるものの、現実的にはある程度収入があっても、賃貸の家賃はできる限り抑えたいと考え、家賃が安い物件に入居される方が、意外に多いです。


山梨県でファミリータイプ物件(1LDK以上)をお探しの方の家賃基準は、一目瞭然。

新築物件(家賃は特にこだわらない)か家賃が5万円台(場合によっては5万円以下もありうる)の部屋と完全に2極化になっています。


山梨県の場合、平均年収が減少傾向にあり、このことから「できるだけ家賃は節約したい」と考える人が増えてきていると推察しますが、ただ平均年収が下がっていたとしてと、家賃が割高な新築物件に入居する人もいるので、必ずしも平均年収だけで「家賃が安い物件に入居する人が多い」と判断するのは少しオーバーではないのかな?と個人的には思います。



不動産仲介会社は、基本的にお客様からのお問い合わせされた物件をご紹介するのが仕事ではあるものの、内心では「家賃が安い所は入るべきではない」と思っているのが本音です。家賃が安い所に入居した場合、確実と言ってもいいほど「何か」が起こる可能性が高いことを、彼らは把握しているからです。



では、どうして不動産仲介会社は(内心では)家賃が安い所はあまりおススメしないのか?

住人トラブルに巻き込まれていい人はいないですよね

①家賃が安い物件は(言い方が失礼になりますが)質が悪いお客様が入居される可能性が高く、所謂クレーマー的なお客様の場合、ちょっとのことでご入居者様とトラブルになってしまう可能性がとても高くなります。



②家賃が安いということは、当然室内の設備も古いものをそのまま利用している場合が多く、特に最近の家電製品は昔の家電製品と比べて、省エネタイプのものとなっていますので、ランニングコストが高くなってしまう恐れがあります。


もっと安い物件に行くと、壁紙が入居時に全く張り替えられていない場合があり、実はハウスダストが発生する原因は、壁紙の中にホコリが溜まっているからと言われていますが、何年も同じような壁紙があるということは、おそらく壁紙の中にはホコリがたくさんたまっていることになりますので、ホコリを吸いながら生活をするということになります。このような部屋では、健康的な暮らしをすることなんかできませんよね!




③セキュリティーの面で心配

最新の賃貸物件では、ホームセキュリティー・電子キー・オートロックが標準防備になっているほど、入居者様の安全をしっかりと守っています。しかし、築年数が経過した物件にはホームセキュリティーが標準装備になっている物件は、ほぼ皆無と言っていいと思います。


最近では築年数が経過した物件でもようやく「テレビインターホン」が標準装備化になっています。テレビインターホンがあれば、来客が来た時「モニター越し」で顔を確認できるので、防犯対策としては有効的な設備。しかし、家賃が安い物件にはテレビインターホンが標準装備になっていない物件も、正直言ってありますので、注意が必要です。




④人を呼べるような物件ではない。

家賃が安いということは、その分オーナー収入も低くなることになります。


賃貸業界において、家賃が安い/安すぎるアパートの場合、建物の外壁の色が薄くなって明らかに塗り直しをしなければならないと思っていても、塗り直すには多額の費用が掛かることから、なかなか塗り直しをしない物件は結構あり、正直人を招き入れるような部屋ではありません。また外壁の色を塗り直さないと、外壁そのものにも悪影響を及ぼし、自然災害などが発生すると、最悪雨漏りや倒壊(構造躯体に雨水が長い年月侵入し、建物寿命を短くしてしまう)する場合があります。



家賃が安い物件に入居すると

*トラブルに巻き込まれやすくなる

*設備が古いままなので、最悪ランニングコストが余計にかかる

*防犯セキュリティーが甘すぎる

*人を呼べるような部屋ではない


家賃が安い物件を選ぶ代償として、このようなリスクを抱えたまま生活をしなければならないということを、仲介会社の担当者は嫌というほど理解していますので、もし多少なりとも予算があったら、ワンランク上の賃貸に入居するべきであると思います。


甲府市で2LDK5万円台の家賃から6万円台の家賃の物件に入居することにより、先ほどのリスクは殆どないと言っても過言ではありません。その中でもグレイスロイヤルは築27年目の物件でありながら、入居満足度驚異の97%と高い評価を頂いています。



また、お部屋についても…

おしゃれなカフェ風キッチンが標準装備

一番家賃安い部屋であっても、賃貸物件では珍しい「ナチュラルキッチン」が標準装備になっていて、築年数が古い物件ではありますが、しっかりとリノベーションをしていますので、古さはほとんど感じないのではと思います。


また当物件では公式サイト(HP・Twitter・Instagram)経由でご契約して頂くと、敷金・礼金・仲介手数料+最初の2か月分家賃が無料となりますが、公式サイト経由でご成約されると、なんと家賃5万円台のお部屋に住むのと支払総額的には殆ど同じになります。


この理由は、家賃が安い物件は「家賃」こそ安いものの、敷金や礼金、仲介手数料が設定されている場合が多く、また家賃が数か月間無料になるサービスもあまりしていないので、実は家賃が安い物件は、割高感が否めません。


家賃が安い物件の支払総額と、ワンランク上の部屋の支払総額がほとんど同じであれば、家賃が高い部屋に住んだ方がお得であることは、誰が見れもわかるはず。


甲府市内で5万円台の部屋をお探しの方でしたら、おそらくグレイスロイヤルの方がお得になる場合がありますので、もし甲府市内で物件を探している方がいましたら、グレイスロイヤルに入居してみてはいかがですか?




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#家賃 #家賃安いリスク