賃貸入居前に絶対に確認すべき場所とは?



賃貸物件に入居される前、管理会社の担当者が室内確認をした上で、ご契約されたお客様にカギをお渡しするのが一般的なので、基本的に入居後に「室内の設備が壊れている」というようなことはあり得ません。


ただ、これは管理会社の方針にもよりますが、ある設備に関しては「クリーニングされていない恐れ」がありますので注意が必要です。


その設備とは「備え付けのエアコン」

物件によっては、退去後に行われる室内クリーニング時にエアコン洗浄がされていない所があります。
物件によっては、退去後に行われる室内クリーニング時にエアコン洗浄がされていない所があります。

賃貸物件には、原則的にエアコンが1台標準装備になっています。近年施工された賃貸物件では、物件によっては各お部屋にエアコンが設置されている所もあります。


賃貸業界では、基本的に退去時に「室内クリーニング費用」を退去されるお客様に支払っていただき、専門業者さんが室内をきれいにクリーニングします。


ただここで問題なのが、管理会社によって室内クリーニングをどこまでするか対応が全く異なっていて、業者さんに支払うクリーニング費用が少ないところにおいては、なんとエアコンクリーニングを行わない物件もあります。



エアコンクリーニングとは、フィルター内部にたまっているごみなどを、専用洗剤などを使用してきれいに取り除く作業のことで、室内クリーニングを強化している管理会社では、エアコンクリーニングは必ず行われています。


ただ、管理会社の中には、室内クリーニングを行う対象にエアコン洗浄が含まれていないケースも実際にはあり、もしエアコンクリーニングをしない状態で、お部屋を貸し出してしまうと…

・電気代が高くなる

・エアコンの効きが悪くなり、嫌なニオイがしてくる可能性がある

・故障の原因になる

上記のことが発生しやすくなるので、賃貸借契約書にサインをする前には、エアコンクリーニングが入居前にされているかどうか、確認されたほうがベストです。



では、もしエアコンクリーニングされていない場合、借主であるお客様が市販のエアコン洗浄剤などを用いて対応することになってしまうかもしれませんが、ただもしお客様の方で、エアコン洗浄剤を用いて洗浄した結果、故障させてしまった場合、お客様過失になってしまう可能性が出てきます。


ですので、繰り返しになりますが、契約書にサインをする前に「エアコン洗浄は入居前に実施するかどうか」を確認し、もし室内クリーニング費用にエアコン洗浄は含まれていない場合には、自分で対応しても差し支え(仮に壊れても過失責任を追及しないかどうか)ないかどうかは確認すべき。

もし不誠実な対応をとる管理会社だったならば、恐らく入居後もこのような対応しかできない恐れがあるので、契約しないほうがいいと思われます。



ただし、上記はあくまでも備え付けのエアコンに対してのみの話であり、お客様ご自身で取り付けたエアコンに対しては、お客様で対応しなければなりませんので注意が必要です。


追伸

余談ではありますが、当物件においては退去後の室内クリーニングにおいて、エアコン洗浄はクリーニング項目に含まれています。動画はこの間リノベーション工事を行ったS101号室LDKに設置されてあるエアコンを、業者さんが洗浄しています。




最新記事

すべて表示